« 「影風魔ハヤセ」第2巻 忍法合戦と人間力勝負 | トップページ | 今週の「Y十M」 お鳥さん一歩リード? »

2006.04.04

魔人ハンターミツルギ 第01話「宇宙忍者サソリ軍団をつぶせ!!」

 ある夜日本に落下する怪しい流れ星。宇宙からサソリ魔人が地球を狙ってやってきたのだ。それを察知したミツルギ一族の長老・道半は、一族に伝わる智・仁・愛の短刀を、銀河・彗星・月光の三兄弟に与えるのだった。その頃、徳川家康を狙うも服部半蔵に阻まれたサソリ軍団は、家康の孫娘・濃姫を誘拐。姫を救い出したミツルギ三兄弟だが、その前に巨大な怪物デノモンが出現。三兄弟は三つの刀を合わせて巨大神ミツルギに変身、その力でデノモンを打ち砕くのだった。

 今回の特撮時代劇ヒーロー紹介は、ただでさえカルトな特撮時代劇ヒーローの中でもカルト度では一、二を争う「魔人ハンターミツルギ」、その第1話であります。
 

○長老を襲うサソリ軍団の前に颯爽と現れたミツルギ三兄弟…ヘ、ヘルメット!? しかも微妙に和風にアレンジされているとはいえ、身にまとっているのはどう見ても現代の軍服・戦闘服の類(肩口には手榴弾らしきものまで)。

○魔人サソリ、その姿は…赤い袈裟をまとった即身仏。怖いです。怖すぎます。しかも配下のサソリ軍団は、スケキヨマスクの集団。特撮界でもたぶん有数のイヤなビジュアルの連中です。それはいいのですが、わざわざ宇宙からやってきて徳川の世を転覆するのが目的というのは…

○広大な宇宙のあらゆる妖術・幻術を会得したという魔人サソリ。宇宙にも妖術や幻術はあるのか…まあ、宇宙にも忍法があるってジャカンジャが教えてくれたのでまったく不思議ではありません

○御庭番の頭領・服部半蔵。御庭番…まあいいや。一般の忍者や侍が役に立たない中、サソリ軍団と何とか戦えるなかなか格好良いお人です。そして大御所と呼ばれている家康。そういう時代のようです。

○磔になった濃姫に化けて攪乱する月光。本物の姫は磔のままですが…と、その姫に凧で近づく銀河。おお、忍者だ。忍者らしい。穴を空けられた凧からは、「忍法落下の術だ!」と布をかぶっただけでスムーズに着陸するミツルギ忍法。

○ちょっと目を離すと捕まっている月光。妙に色っぽい声をあげながら運ばれていきそうになりますが、あっさり救出。

○そして遂に変身の時! 「ミツルギ参上! 智!」「仁!」「愛!」と叫んでから一度手元で短刀をくるりと回すのがなかなか格好良いのです。

○満を持して出現したミツルギ。ここで微妙なモーションで突っ込んでいくデノモンがかわいい

○デノモンが吐く火を盾で防いでいるはずが、どうみても全身燃えているのがミツルギクオリティ。っていうか、本当に体に火がついているんですが!(人形ってこういう時いいな)。そしてもの凄くわかりにくく無事っぽいミツルギに、「馬鹿な!?」という表情を見せるデノモン<かわいい

○火の玉を撃て! と胸のミツルギマークの中央からミサイルを連発。火の玉…?

○鎧の留め金を壊すと、中から現れたのは巨大な骸骨。身軽に動き、剣もすり抜けるが…腰骨をぶった切って自重で破壊させるという頭脳プレーで勝利!

○昇る朝日に戦い抜くことを誓い、何処かへ消えていく三兄弟。格好良いんですが、その後に銀河が見せるハンドサインが謎。でも格好良い。


 とにかく、初見の身にはミツルギ三兄弟のヘルメットのインパクトがあまりにも凄かったのですが、冷静に見ると時代劇ヒーローものの開幕編としてなかなかよくまとまっている第1話であります。
 短い時間の中でアクションを山盛りにしつつ、敵の存在(目的設定に多々疑問はありますが)、主人公たちの立ち位置(ラスト、三兄弟は自ら礼を言うという家康を無視して旅立つのです)、そして時代劇に巨大ヒーローを登場させる必然性をそれなりに見せてくれるのが面白いところ。
 まあ、単純な設定だし、と言ってしまえばそれまでなんですが…

 そして本作の最大のウリであるモデルアニメーションによる巨大戦シーンは、二人の鎧巨人の激突という、敵味方のキャラクター的にも面白い見せ場…のはずなのですが、今の目で見るとどうにもこうにも…という印象。
 失礼を承知で言えば、二昔前のRPGやSLGの戦闘シーン的というか…一方が攻撃してくるのをジーッと待ってから、今度はもう一方が攻撃、というのの繰り返しの観があって、緊迫感があまり感じられないのと、何よりも人形がチョコチョコ動いている感が強すぎて、巨大戦には正直見えない…というのが大きいなあ、と思います。

 設定自体は、宇宙から来た魔人vs巨大神を奉じる謎の忍者一族という、伝奇もの的に非常に燃えるシチュエーションであるだけに、特撮シーンがナニなのが本当に勿体ないと思った次第。


<今回の怪獣>
デノモン
 魔人サソリの命で江戸の町を襲った鎧巨人。手に持ったトゲ付き鉄球と、口からの火炎が武器。デモンストレーション代わりに江戸を襲った後、濃姫を救い出した三兄弟の前に出現。実は鎧の下はガイコツで、ミツルギの火の玉も剣もすり抜けてしまうが、腰骨を切られて崩壊した。ミツルギに対して火炎は効果なく、格闘戦でも押されていた気がする…


関連記事
 「魔人ハンターミツルギ」 放映リストほか


「魔人ハンターミツルギ」(コロムビアミュージックエンタテインメント DVDソフト) Amazon

|

« 「影風魔ハヤセ」第2巻 忍法合戦と人間力勝負 | トップページ | 今週の「Y十M」 お鳥さん一歩リード? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/9419720

この記事へのトラックバック一覧です: 魔人ハンターミツルギ 第01話「宇宙忍者サソリ軍団をつぶせ!!」:

« 「影風魔ハヤセ」第2巻 忍法合戦と人間力勝負 | トップページ | 今週の「Y十M」 お鳥さん一歩リード? »