« 桜と伝奇時代小説 | トップページ | 魔人ハンターミツルギ 第01話「宇宙忍者サソリ軍団をつぶせ!!」 »

2006.04.03

「影風魔ハヤセ」第2巻 忍法合戦と人間力勝負


 森田信吾の戦国忍者アクション「影風魔ハヤセ」の第2巻が発売されました。この巻では生きていた信長と彼を護る影風魔を倒すため、各地から凄腕の忍びが集結。それと並行して、本能寺の変の黒幕である秀吉が、着々と己の勢力を増していく様が描かれていきます。

 前の巻では、あまりに魅力的な戦国武将たちに押されて、タイトルになっていながら活躍がちょっと少なめだったハヤセですが、この巻では「いかにも忍者もの!」な奇怪なライバルたちが次々登場、自分の能力を存分に活かして活躍を見せてくれます。特に、中盤に登場する飛び加藤(そう、あの飛び加藤であります)との空中戦は、飛び加藤のキャラクターとビジュアルの異常っぷりも相まって、久々に忍者ものらしい忍者ものを見た気分になれました(まあ、この飛び加藤戦以後また出番が減るのですが…)。

 もちろん、本作のもう一つの主役とも言うべき戦国武将たちも、相変わらず大活躍。特に秀吉のキャラクターは、基本的に従来の秀吉像の延長線上にありながらも、いかにも森田信吾らしい描写によって実に個性的で魅力的に描かれており、特に強烈な人間力により周囲の人心を次々と掌握していく様(ハヤセ評すところの「陽忍の法」)は、この巻の見所の一つと言えるでしょう。
 そして、その秀吉が唯一恐れる魔王・信長も遂に行動開始。秀吉の策により、完全に死んだこととされた信長がこれから如何に動くか――そしてまた、もう一人の「生ける死者」である明智光秀もまた活動をはじめ、この三者の対決がこれからの物語をどのように動かしていくか、非常に楽しみです。

 小生、本作は基本的に雑誌掲載時にずっと読んでいたのですが、それでも単行本としてまとまった本作を読んでみて、改めてその面白さに驚きました。忍者たちの壮絶な忍法合戦と武将たちの人間力勝負、二つの魅力が相まっており、いま目の離せない作品の一つと言って間違いないでしょう。


「影風魔ハヤセ」第2巻(森田信吾 イブニングKC) Amazon bk1


関連記事
 影風魔ハヤセ
 ちょっと面白すぎるんですが 「影風魔ハヤセ」
 戦国武将の人間力を見よ 「影風魔ハヤセ」第1巻

|

« 桜と伝奇時代小説 | トップページ | 魔人ハンターミツルギ 第01話「宇宙忍者サソリ軍団をつぶせ!!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/9403411

この記事へのトラックバック一覧です: 「影風魔ハヤセ」第2巻 忍法合戦と人間力勝負:

» 灰汁強えーな・・・( ̄□ ̄;) [Death and The Maiden]
影風魔ハヤセ 1 (1) 森田 信吾 主水血笑録さんで何度も紹介され、気になっていたハヤセの1巻と2巻を購入しました。 これはすげー。 本能寺以降のよく知られた歴史事実を覆すことなく、死んだはずの人間(織田信長、明智光秀)が生きているという説得力あるストーリー。 というかむしろ死んでいるほうがおかしいと思えるほどに論理的ですらあります。 上記2名と羽柴秀吉に関して異常なほどキャラが立っているのは三田主水さんも指摘するところでありますが、甲賀忍者とも伝えられるそのいかがわし... [続きを読む]

受信: 2006.04.16 17:44

« 桜と伝奇時代小説 | トップページ | 魔人ハンターミツルギ 第01話「宇宙忍者サソリ軍団をつぶせ!!」 »