« 今週の「Y十M」 花婿争奪戦!? | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPE KYO」 みんなの願いが一つになれば »

2006.04.13

今日の小ネタ(非時代ネタ)

シンガポール人が探した「秘伝書」あった
 事実は小説よりアレなりを地でいくような素晴らしいニュース。赤兜様のところで見て以来気になっていたのですが、まさか続報(完結編)があるとは思いませんでした。

「北海道ではない北の果てにいる日本人の空手家」
「ソーマ」「秘伝書」「人里離れた道場」
「気の流れの「波動」を自在に操るという空拳法道の極意」

 などという現実社会でお目にかかることは到底出来そうにない、どう考えてもこれ夢枕獏先生の小説だろ、ってなワードが連発されるだけでうっとりですが、その果てに迎えた結末が何ともふにゃふにゃしてて愉快です。そもそものきっかけなどを踏まえてよく考えてみると、何の解決にもなっていないのがまた素晴らしい。あと、実に微妙な故シンガポール人武道家評(とそれに納得する武道家の家族)とか。

 普段、タイムスリップしてきた日本人武芸者との決闘に感銘を受けたドラキュラ伯爵が子孫を捜して来日する話や、秘術バスク流殺法の使い手のフランシスコ・ザビエルさんがオリハルコンを探すため日本にやってくる話、日本に来たガリヴァーが堀部安兵衛と一緒にキャプテン・キッドに奪われた草薙剣を追う話みたいなのばかり読んでいる私ですが(いや全部実際にある小説なんだって)、現実にもこういう話があるんだから素敵だな、としみじみ感じ入った次第です。

|

« 今週の「Y十M」 花婿争奪戦!? | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPE KYO」 みんなの願いが一つになれば »

コメント

大逆転ですよね。
格闘技にいまだロマンを求めることは出来るのだ、という美しい話なのですが一方で
「いいのか? これでいいのか? めでたしめでたしなのか?」
と一抹の疑問が湧くところがまたステキです。

投稿: 笹川 | 2006.04.14 02:22

この事件は、まさに「トホホ」としていいようのない、なんとも素敵なものでしたね。
私もまさかオチが付くとは思っていなかったのですが(笑)。
本当に色々な部分が微妙すぎて、おる意味感動したニュースだったのですが、秘伝書があったと聞いて、更なる感動が!(笑)
出てきた秘伝書の持ち主の方もまた微妙で良かったです。
本当に小説に出てきそうで、実際にこういう事があるのかと、第一報を見た時にはポカンでしたが。
ところでドラキュラ伯爵の話は菊池秀行のでしょうか? 私にも心当たりがあります(笑)。

ところでリンクの件ありがとうございます。お言葉に甘えまして、これからもさせていただきますね。その節はよろしくお願いいたします。

投稿: 朱咲りつき | 2006.04.15 15:16

笹川様:
板垣恵介の絵で読んでみたいエピソードでしたね。と、まだ続報があったり。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060415k0000m040086000c.html
あれじゃやっぱり納得できないよなあ…

朱咲りつき様:
あちこちで波紋を広げておりますね(笑)
ちなみにドラキュラはご指摘の通りです。
リンクの件、こちらこそ恐縮です。今後ともどうぞよろしくお願いしますね。

投稿: 三田主水 | 2006.04.16 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/9578818

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の小ネタ(非時代ネタ):

« 今週の「Y十M」 花婿争奪戦!? | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPE KYO」 みんなの願いが一つになれば »