« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 崩れゆく邪悪の塔!! | トップページ | 「妖霊星」(再掲) »

2006.04.30

「月華伝奇」 昏く妖しく、猥雑でパワフルに


 「暗夜鬼譚」シリーズを最近完結させた瀬川貴次氏が、約10年前に発表した室町伝奇。
 ある事件が元で心の中に獣を住まわせながらも、今は申楽一座に身を寄せる少女・美保が、何者かに追われる少年・九郎を助けたことにより、人間と妖と、双方の思惑が複雑に絡み合う暗闘に巻き込まれていく様を描いた作品です。

 ある意味爛熟の極みにあり、崩れ落ちていく寸前にあった応仁の乱前夜が舞台であるためか、物語も登場人物たちも、どこか昏く妖しく、それでいて猥雑でパワフルな雰囲気をまとって描かれているのが、何ともこの作者らしく、楽しめました。
 特に、美保を妻に迎えると公言するその名の通りの妖猫の王・猫王(まお)と、日野富子の兄・勝光の背後で何事かを画策する妖人・相模という、本作で活躍する二人の大妖は、妙に人間臭く不思議な愛嬌すら持ちながらも、その一方で人間の情理を遙かに越えた次元で動く怪物として描かれており、この辺りのキャラクター造形は瀬川氏ならではと感心いたしました。

 …もっとも、美保が心の中に獣を飼うに至った経緯が、妖怪や魔神の類が徘徊する本作においては、正直なところ迫力不足なのが何とも残念なところではあるのですが、しかし、現在のところ単発で終わっているのが残念なほど楽しめた作品でありました。

 と、いま単発で、と書きましたが、実は本作には、
・主人公が能楽師一座の人間
・舞台は応仁の乱前夜。日野富子が重要なキャラとして登場
・妖怪変化、特に天狗の跳梁。っていうか相模
など、同じ作者(名義は異なりますが)の伝奇ノベル「妖霊星」との共通点が多く見られます。おそらくは本作が結果的に「妖霊星」のパイロット版の役割を果たすことになったかと思いますが、ティーンズ向けファンタジーと、アダルト層を対象としたノベルで、どのように物語を描き分けているか、比べてみるのもまた一興かと。


「月華伝奇」(瀬川貴次 集英社スーパーファンタジー文庫) Amazon bk1


関連記事
 「妖霊星」(再掲)

|

« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 崩れゆく邪悪の塔!! | トップページ | 「妖霊星」(再掲) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/9823477

この記事へのトラックバック一覧です: 「月華伝奇」 昏く妖しく、猥雑でパワフルに:

« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 崩れゆく邪悪の塔!! | トップページ | 「妖霊星」(再掲) »