« 魔人ハンターミツルギ 第01話「宇宙忍者サソリ軍団をつぶせ!!」 | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 大団円へのプレリュード »

2006.04.05

今週の「Y十M」 お鳥さん一歩リード?

 今回はストーリー的進展はほとんどなし。十兵衛先生を囲んでのホリ・ガールズ(by村某殿)のディスカッション…と言っては何ですが、そんな感じ。でもこれはこれでキャラクターの表情の変化がじっくりと見て取れて面白かったのですよ。

 今回特に印象に残ったシーン(表情)は二つ。一つは漆戸虹七郎の剣の凄まじさを語る時の十兵衛のまなざしであります。普段は飄々と、どこか人を食った観のある十兵衛が一瞬見せた、剣士あるいは剣鬼としての表情は、どこまでも鋭く、インパクト十分でありました。コマ割で十兵衛の眼をアップにして見せているのもうまいところ。

 と、個人的に感心したのはこの直後――相手が斬る気であったならば唐竹割りになるところだったと語りながら、なおかつそこで「んふっ」と笑ってみせ、更にそれが強がりだと自分で口に出来る十兵衛の有りよう。
 己の敗北を正直に認め、そして自分が強がりを言っていると平然と認めてしまう、しかもそれで周囲を暗くさせたり悲壮感を感じさせずに、というのは、なかなかもって出来ることではありません。十兵衛先生の男としての、人間としての器の大きさとでも言うべきでしょうか。

 原作では、ここでホリ・ガールズの心の中のさざ波について語られるのですが、ここで思わぬ変化球――今回特に印象に残ったのものその二。何とお鳥さんに「んふっ」伝染(その直後にお笛にも伝染)。
 いや、原作の微妙な心理描写は、どう描いても空々しく、あるいは生々しくなってしまいそうではあるのですが、そこで「口癖の伝染」という場面を入れることにより、ホリ・ガールズが十兵衛に抱く親近感・親愛の情を何よりも雄弁に(原作の描写とは少々ずれてはいますが)語る形になっているのには唸らされました。

 …と、真面目っぽいことを書きましたが、何というか異常に可愛いんですが、このシーンのお鳥さん。一体彼女に何が、というかせがわ先生に何があったのか。
 先の孫兵衛戦でのフィーチャーぶりは、まあ原作通りなのですが(しかしamazonのレビューでも一躍人気者に)、まさかここで、このような形でキャラ立ちしてくるとは。可愛いじゃねえか、ちくしょう。

 と、馬鹿なことを書いているうちに、十兵衛が「自分が花婿役になる」と意外な(?)作戦を語ったところで以下次号。さて、花婿がいればおよめさんも要るわけですが…果たしてこの調子ではどんなことになりますか、ワクテカしながら次週を待ちましょう。

|

« 魔人ハンターミツルギ 第01話「宇宙忍者サソリ軍団をつぶせ!!」 | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 大団円へのプレリュード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/9435195

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の「Y十M」 お鳥さん一歩リード?:

« 魔人ハンターミツルギ 第01話「宇宙忍者サソリ軍団をつぶせ!!」 | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 大団円へのプレリュード »