« 「伝奇城」の荒山徹先生 | トップページ | 「オクタゴニアン」第1巻 陰謀家が集う列車 »

2006.05.07

「オヅヌ」第1巻 新たなるまつろわぬ民の物語


 「コミックバーズ」誌に連載第二回まで掲載されながらも諸般の事情で中断し、媒体と絵師を変えてwebコミック誌「幻蔵」で復活した朝松健原作の伝奇コミックの単行本第一巻がようやく発売されました。
 最初の連載時から読んでいた身としてはずいぶん待たされましたが、まずはめでたいことです。

 本作の主人公であり、その名がタイトルに冠された「オヅヌ」とは、かの役行者、役小角のこと。
 人ならざる力を持つ日本の先住民「キ」の民の末裔であるオヅヌを主人公とした物語は、おそらくは第一巻の時点ではまだまだ序章であり、これからどういった方向に転がっていくのか、まだまだわかりませんが、一つの国家により全てを奪われたまつろわぬ民であるオヅヌを物語の中心に据えることにより、単なる伝奇活劇に留まらないものを見せてくれるのではないかと想像している次第。

 なお、華門氏に変わって本作の絵師を務める梶原にき氏の画は、さほど綿密な画風ではないですが(むしろ白い)、どこか妖しい暗さを感じさせるものがあり、存外本作の雰囲気に似合っているように思えます。
 個人的には、人間側(?)のキャラクターにもう少しエッジがあってもいいのではないかと思うのですが(特に韓国広足が普通の美形っぽいのが非常に勿体ない)、これはこれで個性と捉えるべきでしょうか。

 オヅヌと同じく「キ」の民であるゼン爺とコウ、いまだ名前が語られるのみの「キ」の民の秘宝、オヅヌのライバルであろう藤原不比等の持つヒヒイロカネの剣、そして何より、それぞれに複雑な思惑で動く朝廷の人々――物語を構成するこれらの要素が、果たしてどのように動き、絡み合っていくか、この先の物語を期待して待ちたいと思います。
 しかし、もう少し物語がスピードアップしてもよいのでは、とも思いますが…

 そうそう、最初の連載時にうちのサイトで本作に関連の人物の史実をまとめたこのようなコーナーを作っていました。もしよろしければご参考までにご覧下さい。


「オヅヌ」第1巻(梶原にき&朝松健 幻冬社バーズコミックス) Amazon bk1

|

« 「伝奇城」の荒山徹先生 | トップページ | 「オクタゴニアン」第1巻 陰謀家が集う列車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/9935001

この記事へのトラックバック一覧です: 「オヅヌ」第1巻 新たなるまつろわぬ民の物語:

« 「伝奇城」の荒山徹先生 | トップページ | 「オクタゴニアン」第1巻 陰謀家が集う列車 »