« 「妖霊星」(再掲) | トップページ | 「闇を斬る 残月無情」 そろそろダッシュしては… »

2006.05.01

「シグルイ」第6巻と今月の「シグルイ」 魔神遂に薨ずるも…


 「シグルイ」最新第6巻は、一巻丸々使っての伊良子清玄vs岩本虎眼の因縁の(元)師弟対決第2ラウンドが描かれます。

 既に決着の回については、雑誌掲載時に(えっれえ大仰な)感想を書きましたし、あちこちのサイトでもこの巻について紹介されているので、ここでくだくだしくは書きませんが、やはり虎眼先生の存在感は、強烈を通り越して壮絶とでも評すべき凄まじさで、正直なところ、何度読んでも負けたのが何かの間違いとしか思えない展開でありました。

 特に、用意周到に策を巡らせ、自分に有利な流れに持っていったかに思われた伊良子の眼前で、まさかの虎眼先生第三の貌・魔神モードが発動したシーンには、思わず伊良子に同情してしまった次第。まさか本当に虎の眼に変貌するとは…
 冷静に考えてみると、本作で一番ひどい目にあっているのは伊良子だなあ…いくらオナゴにもてても伊良子にはなりたくない。

 と、そんなド派手でドぎつい展開が全編に渡り続く中で、伊良子と藤木の二人が、それぞれ秘剣に開眼する様子を描いたエピソードが挿入されるのが面白いところ。真面目な話、このエピソードは純粋な剣豪ものとして読んでも楽しめるもので、私は気に入っています。

 さて、「チャンピオンRED」の最新号では藤木の回想という形で、彼と虎眼の出逢いが描かれていますが、藤木ビジョンの若き虎眼先生がえらく格好良い人で、吹き出したり感心したり。
 しかし、伊良子に敗北という形でもって完結した虎眼先生の人生ですが、それは逆に、確とした結末があることにより、そこに至るまでのエピソードを、今回のように回想の形でもって幾らでも語ることが可能になったということでもあり、それはそれでより一層始末に悪い存在になったような気がします、虎眼先生。

 そしてまた、かつて読者を戦慄と笑いの渦に巻き込んだ藤木の「真顔で伊良子の顔面をドォンドォン」のルーツが奈辺にあるかもよくわかりました。実のところ、虎眼先生と駿河大納言の次くらいに始末に悪いと思います、藤木って。


「シグルイ」第6巻(山口貴由&南條範夫 チャンピオンREDコミックス) Amazon bk1


関連記事
 「シグルイ」第1巻
 シグルイ 第2巻
 「シグルイ」第3巻
 凶刃対妖刃 「シグルイ」第4巻
 「シグルイ」第5巻 その凶人の笑み
 今月の「シグルイ」
 今月の「シグルイ」 狂星墜つ

|

« 「妖霊星」(再掲) | トップページ | 「闇を斬る 残月無情」 そろそろダッシュしては… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/9839161

この記事へのトラックバック一覧です: 「シグルイ」第6巻と今月の「シグルイ」 魔神遂に薨ずるも…:

« 「妖霊星」(再掲) | トップページ | 「闇を斬る 残月無情」 そろそろダッシュしては… »