« 「最後の忍道」 忍者アクション一つの極 | トップページ | 荒山作品における「朝鮮」とは »

2006.05.22

6月の伝奇時代劇関連アイテム発売スケジュール

  6月の伝奇時代劇関連アイテム発売スケジュールを更新しました。右のサイドバーからも見ることができます。

 6月は、書籍関係でなかなかアイテムが豊富の様子。小説では、上田秀人の織江緋之介シリーズの最新巻が登場、牧秀彦作品も二シリーズ同時新刊発売(学研M文庫の方はちょっと不安かなあ…新刊情報が一月くらいずれることよくあるし)と、シリーズものが快調のようです。個人的には城駿一郎の久々の新刊も嬉しかったり。
 また、復刊ものでは、5月から刊行開始された岡本綺堂の怪談シリーズも第二弾として「白髪鬼」が登場、さらに柴錬の「岡っ引どぶ」に横溝正史の「髑髏検校」と、伝奇・怪奇の名作が登場します。個人的には、「髑髏検校」のカップリングは今回も「神変稲妻車」なのかが気になります。
 武侠ものでは、金庸の「神雕剣侠」の文庫化がスタートで、こちらも楽しみですね。あ、リストには入っていませんが、「絵巻水滸伝」の第二巻も発売になるはずです。

 漫画の方では、「TAKERU」「闇鍵師」と中島かずき原作の作品二つの続巻が発売となるのがまず目に付くところ。また、あまりにキッチリと完結してファンの方が驚かされた石川賢の「武蔵伝」の完結巻も登場。いつもの飛ばしっぷりは影を潜めていますが、伝奇もの、剣豪ものとして非常に楽しい作品となっていますので石川賢初体験の方も是非。
 また、「バガボンド」「真田十勇士」と、シリーズものも順調に巻を重ねております。


 あと、伝奇時代劇とは全く関係ないけれど6日に宇野比呂士先生の「恐竜世紀ダイナクロア」第一巻が発売されることは、自分とケイトさんのためにここに書いておくよ。

|

« 「最後の忍道」 忍者アクション一つの極 | トップページ | 荒山作品における「朝鮮」とは »

コメント

三田主水さま。
同士よ…!!(滂沱の涙を流しつつ)
毎月楽しみにしているアイテムスケジュールで語られてるとはまさか想わなかったのでビックリしちゃいましたよ(笑)。ありがとうございますv
もちろん買いに行きますよ。たとえ雨ザアザア降ってても…!!(←古い脳ミソでスミマセン)

そして、かなり遅れてしまいましたけど。
三田さま、1年間の連続更新記録達成、本当におめでとうございます。愛読者として、私もとっても喜んでます。
私的には、『人間勝負』と『風雲将棋谷』『将棋大名』のご感想が、特に印象に残っています。
どれも存在は知っていたので「読みたいなー…」と探していたのですが、しかしかんじんの現物が見つからないのでハガユイ想いをしてたんですよ。そこへ三田さまのご感想が現れたために、余計に読みたくなってしまいました(苦笑)。違う意味でうれし泣き。
……さておき。
1年間、ずっとお疲れ様でした…というのは何だか違いますね。
えと、お身体には気をつけて、2年目の挑戦もがんばってくださいね。応援していますよ!
では、また。

投稿: ケイト | 2006.05.26 00:42

ケイトさんいつもありがとうございます。そちらも一周年おめでとうございます。これからもお互い頑張りましょう!

「人間勝負」等々が印象に残ったとのこと、参考になります。
最新の作品を紹介するのも大事ですが、過去の名作ももっともっと紹介していかないといけないですね。

そして宇野ファンとしてもこれからもよろしく(笑)

投稿: 三田主水 | 2006.05.29 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/10179884

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の伝奇時代劇関連アイテム発売スケジュール:

« 「最後の忍道」 忍者アクション一つの極 | トップページ | 荒山作品における「朝鮮」とは »