« 「陰陽師 鉄輪」 絵物語で甦る代表作 | トップページ | 一年間連続更新できました »

2006.05.16

プチニュースサイトモード 魔界転生舞台化その他

 今日は楽そうなわりに以外と手のかかるプチニュースサイトモードですよ。特にゲームネタが多いです。

ハドソンは100タイトルを「バーチャルコンソール」に、サードの作品も?
 任天堂の次世代ゲーム機「Wii」では、過去のゲーム機の作品をダウンロード販売する「バーチャルコンソール」が一つのウリになっていますが、往年の名機PCエンジンの発売元ハドソンは、サードパーティ(簡単に言えばハドソン以外のメーカ)のソフト発売に向けて努力中とのこと。
 実はPCエンジンは伝奇時代ゲームが結構な本数発売されていたゲーム機なので、弁慶外伝! 逐電屋藤兵衛! 最後の忍道 源平討魔伝! と今からワクテカして待ちたいと思います。

福井晴敏氏「椿三十郎」「用心棒」をリメイク
 あの福井晴敏氏が、「用心棒」「椿三十郎」のリメイク版の小説化を担当するとのこと。うーん、うーん、どうも想像がつかない。
 ただ一つ言えることは、この二作品もまた、福井ユニバースの中に加えられるであろうということで(福井作品は、全て同じ時間・空間軸の世界で展開されているというのは有名なお話)、つまり用心棒がターンエーガンダムと一直線上で描かれるわけですよ! ユニバース! …三十郎と一緒に戦う美少年とか出てこないだろうな。
 しかしasahi.comの記事中、「漫画化やゲーム化を絡めたメディアミックスの手法を取る」という文章が超不安。

カプコン、PS2スタイリッシュ英雄アクション「戦国BASARA2」発売日が7月27日に決定
 今回は前田慶次が主人公格のようですね。個人的には秀吉史上色々な意味で最強かもしれない豊臣秀吉が気になりますね(しかも置鮎声)。
 続編殺しというありがたくない異名を持つカプですが、今回は頑張っていただきたいもの…

るろ剣新作ゲーム登場
 前から噂になっていましたが、るろ剣の新作ゲームが開発中とのこと。なにゆえ今頃…という気はしますが(完全版発売に合わせてかな?)、「聖闘士星矢」や「幽遊白書」など、懐かし漫画のゲーム化が最近ちょこちょこ行われていますので、そういう流れなのかしら。画面を見た限りでは、何というか…地雷臭が強く…

PS3にGENJI2見参
 既に発売すること自体が壮絶なネタのような気がしてきたプレイステーション3用に「GENJI2」が開発されていることは以前から聞いていましたが、先日のアメリカでのゲーム業界イベントE3でデモが展示・プレゼンされていたとのこと。
 「GENJI」と言えば、大枚はたいて呼んだ清原のCMが壮絶にナニだったり、あわや史上最速ベスト化されるところを小売りの怒りの声で止められたりと、これまたネタには事欠かない作品なわけで、ネタの二乗でどうなりますやら。とりあえず、プレゼンを収めた動画を見ましたが、会場のあまりの静けさにこちらがいたたまれない気分になってしまいました。


舞台版魔界転生(公式?はこちら
 天草四郎を成宮寛貴、柳生十兵衛を中村橋之助というキャスティングで、この9月に「魔界転生」が舞台化されるとのこと。なるほど成宮四郎の美形っぷりは今から想像できますし、橋之助であれば、殺陣も大丈夫でしょう(こないだの映画化でのチャンバラのしょぼさには泣かされましたからなあ)。
 キャストを見ると、ちゃんと紀州三人娘も登場するようでなにより。特に馬渕英俚可さんは、可愛らしくも芸達者な人なので楽しみです。
 しかし、またチケット取りにくそうな舞台だなあ…
 ちなみに上記の記事で「舞台化は25年ぶり」とありますが、前の舞台化ってあれか、まぼろしの天草四郎が志穂美悦子版のことかーっ! 唯一メディア化されていない「魔界転生」なので、この機会にどうにかなりませんでしょうか。

|

« 「陰陽師 鉄輪」 絵物語で甦る代表作 | トップページ | 一年間連続更新できました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/10089266

この記事へのトラックバック一覧です: プチニュースサイトモード 魔界転生舞台化その他:

« 「陰陽師 鉄輪」 絵物語で甦る代表作 | トップページ | 一年間連続更新できました »