« 「SAMURAI DEEPER KYO」 これが最後の限界突破 | トップページ | 最近の時代ネタニュースまとめ »

2006.07.16

8月の時代伝奇関連アイテム発売スケジュール

 8月の伝奇時代劇関連アイテム発売スケジュールを更新しました。今月は質・量ともにかなり充実した印象があります。

 小説では、上田秀人の「勘定吟味役異聞」、加野厚志の「将軍まかり通る」、かたやま和華の「楓の剣!」といったシリーズものの最新刊が登場。個人的には何度もタイトルだけ挙がりながら延び延びになってきた「将軍まかり通る」の続編の登場が特にうれしいところ。
 さらに文庫化・復刊ものとして、柴錬の「顔十郎罷り通る」「眠狂四郎京洛勝負帖」や新宮正春の「島原軍記」が登場します。柴田錬三郎賞を主催している集英社はともかく、講談社文庫でもコンスタントに柴錬作品を復刊してくれるのはありがたい話ですね。

 そしてコミックでは、なんといっても「Y十M~柳生忍法帖~」の第4巻が登場。花地獄での攻防戦が描かれることになるかと思います。また、「影風魔ハヤセ」「乱飛乱外」の最新刊も発売されますが(偶然とは言えこの忍者漫画二つが同じ日に発売というのも何かおかしいですね)、なんと言っても目玉は横山光輝の「少年忍者 風よ」の登場。
 幕末を舞台とした忍者ものである本作、ファンの間でも幻中の幻と称されてきた本作が、文庫で復活するのですからいい時代になってものです。なお、本作の原作は葉山伸氏が担当しているのですが、これはやはりあの羽山信樹氏のことなのでしょうね。
 その他、「カムイ伝」「るろうに剣心」なども順調に刊行される予定です。

 なお、ゲームについては今のところX360で「戦国無双2」が発売されるくらいなのですが、ゲームのサントラで「サムライスピリッツ零」「サムライスピリッツ天下一剣客伝」が発売されるのはうれしいですね(まあ、むしろ今まで出ていなかったのがおかしなくらいではあったのですが…)。「天下一剣客伝」の方はPS2版で追加された楽曲も収録されるとのことです。

 あと、時代伝奇ではないですが、25日には「おとぎ奉り」の第8巻も発売になるので、妖怪ファンや白虎の人ファンの人は要チェック。

|

« 「SAMURAI DEEPER KYO」 これが最後の限界突破 | トップページ | 最近の時代ネタニュースまとめ »

コメント

三田さま、今回もありがとうございます。
もちろんチェック入れてますですよ! 楽しみですよね、早く来ないかな~♪

あと、コチラで失礼します。
暑中見舞いのお写真、どうもありがとうございましたv ちゃんと受け取りました。
りりしい天狗さんをいただいてとてもうれしいです。

投稿: 白虎ファンの人(笑) | 2006.07.20 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/10959847

この記事へのトラックバック一覧です: 8月の時代伝奇関連アイテム発売スケジュール:

« 「SAMURAI DEEPER KYO」 これが最後の限界突破 | トップページ | 最近の時代ネタニュースまとめ »