« 「乱飛乱外」第2巻 婿入り作戦大乱闘 | トップページ | 「美男狩」 時代伝奇小説の魅力をぎゅっと凝縮 »

2006.08.28

「影風魔ハヤセ」第3巻 さらば戦国、さらば忍者

 森田信吾の戦国忍者アクション「影風魔ハヤセ」も遂に最終第三巻。秀吉と家康、そして実は生きていた信長と光秀という、戦国の英傑たちの最後の激突が描かれる、全編クライマックスというべき内容となっています。

 ハヤセら影風魔と滝川一益らの助力により、一軍団を成した信長。信長生存を知らずも、再起を目指して暗躍する光秀。そして戦国の覇者たらんと最後の激突に向かわんとする秀吉と家康…表の歴史の背後で激しくぶつかり合う四巨頭ですが、その暗闘の中で、主人公ハヤセが、忍者としてではなく、指揮官・参謀として才を表していくのが意外かつ面白い展開です。

 そしてそのハヤセの転身が、歴史の皮肉とも言うべき第二の○○○を契機に、日本の歴史をも大きく転換させていくというダイナミックな終盤の展開については、既に雑誌掲載時に読んでおり、こちらで紹介もしているのですが、改めて読んでみてもつくづく唸らされます。
 一つ匙加減を誤れば架空戦記に転がりかねない展開の中で、見事に史実の枠内に物語を収めてみせつつも、同時にその史実に全く別の意味を与えてみせた作者の手腕はただただ見事。これぞまさしく時代伝奇の醍醐味というものでしょう。
 もちろん、そんな大きな展開の一方で、忍者同士の秘術合戦も平行して描かれており、割かれたページ数こそ多くないものの、血で血を洗う死闘を描かせれば当代屈指の名手である作者らしく、一瞬の動きが生死を分ける忍者の戦いというものがしっかりと描き出されていたかと思います。

 ちなみに――今まであまり取り上げたことはなかったですが、森田作品は、台詞まわしが適度にリズミカルかつケレン味が利いていて、長い台詞もテンポよく読めてしまうのは、これも一つの業かと思います。

 それはさておき、ハヤセらの日本全てを向こうに回した大芝居の果てに、終りを迎えた戦国時代。最終回で描かれる、本作のもう一人の主人公とも言うべき秀吉の末期の姿は、その一つの象徴として、胸に響きます。
 単行本全三巻というのは決して長いものではありませんが、それだけにダレることなく、一気呵成に戦国時代の最後を描ききった本作。戦国時代ファンには、是非手に取っていただきたい名品かと思います。


「影風魔ハヤセ」第3巻(森田信吾 イブニングKC) Amazon bk1

関連記事
 影風魔ハヤセ
 ちょっと面白すぎるんですが 「影風魔ハヤセ」
 戦国武将の人間力を見よ 「影風魔ハヤセ」第1巻
 「影風魔ハヤセ」第2巻 忍法合戦と人間力勝負
 今週の「影風魔ハヤセ」とおまけ
 「影風魔ハヤセ」最終回 平和という名の大忍法

|

« 「乱飛乱外」第2巻 婿入り作戦大乱闘 | トップページ | 「美男狩」 時代伝奇小説の魅力をぎゅっと凝縮 »

コメント

言わずもがなの考証を試みてみましたが。
改めて読むと、最終回詰め込みすぎ。
駆け足の所為であらが紛れた気もしますが、三成編で一巻分は欲しかった。
でも、小田原陣を書くと北条家の風魔が出てきてややこしいのか。

投稿: 冬至楼均 | 2006.09.03 09:59

いやあ、確かに詰め込みすぎなのですが、あれをじっくりやると色々とボロが出てきそうなのでまあ仕方がないのではないでしょうか。
「この事件は○○だが実は××だったのであった」的解説が延々と続いてしまいそうです。

何ごとも惜しまれるくらいがよいのかもしれませんね。

投稿: 三田主水 | 2006.09.05 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/11640549

この記事へのトラックバック一覧です: 「影風魔ハヤセ」第3巻 さらば戦国、さらば忍者:

» 影風魔ハヤセ(3)(by森田信吾) [ねぶかどねざる]
★★★★★ 著者:森田信吾 出版社:講談社 定価:540円 出版年月:2006年8月 さらば、戦国時代。1人の忍者(しのび)が歴史を創る・・・ もともとは、ひとりの忍者(しのび)。これより、歴史の表舞台へ!! 影風魔vs.山王(... [続きを読む]

受信: 2006.09.07 08:50

« 「乱飛乱外」第2巻 婿入り作戦大乱闘 | トップページ | 「美男狩」 時代伝奇小説の魅力をぎゅっと凝縮 »