« 「狐官女 土御門家・陰陽事件簿」 もぐり易者、人の心の闇を照らす | トップページ | 「柳生双剣士」 剣士として、嫡男として »

2006.09.23

今日の小ネタ ゲーム二題

 今日の小ネタですよ。今日は東京ゲームショウ2006絡みのお話。

「サムライスピリッツ六番勝負」発表
 昨日から始まった東京ゲームショウ2006で、SNKプレイモアからPS2用ソフト「サムライスピリッツ六番勝負」なるタイトルが発表されたとのこと。おそらくは、「月華の剣士」のようにSNK格闘ゲームの旧作を何タイトルかワンセットで復刻しているNEOGEOオンラインコレクションの一つだと思いますが、これまでNEOGEOで発売されたシリーズ六作が収録されているということなのでしょう。
 とすると、初代斬紅郎無双剣天草降臨までで四作。となるとあと二作は…幻の(黒歴史ともいう)侍魂アスラ斬魔伝!? さすがにちょっと楽観的に考えすぎかもしれませんが、もしこのNEOGEOを含めた家庭用機に完全な形で移植されたことのない3Dサムスピ二作が収録されるのであれば、これはもの凄いことではないかと思います。「BURIKI ONE」移植の目も出てきたわけですから

 ちなみにサムスピ絡みでは「電子メイド手帖 恋のいろは(仮)」も発表。まさかこういう方向から攻めてくるとは思いませんでしたが(何か噂では「毎日5分間の”しつけタイム”でいろはを教育しよう」とかパンフに書いてあったそうで…ちょっと!)、その他「どきどき魔女裁判」とか、考えても普通やらないようなアイディアをゲームにしちゃうんだから、一体どうしちゃったんだろうと心配になるくらい凄いパワーです(後者は全然時代ゲーに関係ないですが)。
 これで「格闘ゲームのSNKが帰ってきた!」っていうのもどうかと思いますが…しかし新日本企画の頃からSNK見てる人間としては、往年の活気を少しずつ取り戻して来てくれているようで何よりです。

「GENJI 神威奏乱」PS3ロンチに
 これは数日前から情報が流れていましたが、「GENJI2」とこれまで呼ばれていた続編タイトルが、「GENJI 神威奏乱」としてPS3と同時発売のロンチソフトとなるとのこと。正直、E3での公開内容を見るとよく間に合ったものだと感心します。本当に大丈夫なのかしら

 PS3は1万円以上の値下げをしてユーザーからは拍手喝采された一方で、日経など経済関係はやたらシビアな見方をしていて非常に楽しいのですが、さてこの「GENJI」続編はいかが相成りますでしょうか。とりあえずCMに清原を使うことはもうないと思いますが。

|

« 「狐官女 土御門家・陰陽事件簿」 もぐり易者、人の心の闇を照らす | トップページ | 「柳生双剣士」 剣士として、嫡男として »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/12001626

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の小ネタ ゲーム二題:

« 「狐官女 土御門家・陰陽事件簿」 もぐり易者、人の心の闇を照らす | トップページ | 「柳生双剣士」 剣士として、嫡男として »