« 「絵巻水滸伝」第3巻 彷徨える求道者・武松が往く | トップページ | 「浪漫's 見参!桜子姫」 美しきトラブルメーカー見参 »

2006.10.10

「天保異聞 妖奇士」 説一「妖夷、来たる」

 いよいよ始まりました新番組「天保異聞 妖奇士」。遅ればせながら第一話を視聴しましたが、うん、これは実に面白い(個人的には、という但し書きがつきますが…)。さすがに第一話だけあってスタッフも豪華、會川昇の脚本の仕上がりもよく、新番組の導入部としてかなりよくできていたのではないかと思います。

 虚実双方の時代背景設定、主人公の経歴と性格、そして蛮社改所の奇士たちの顔見せというシリーズ全体を通しての説明部分と、陸奥の山中からやってきた親子と、それを追う妖夷・山子の出現という、おそらくはここ数回のエピソードの導入部分という、長短両方のイベントをバランスよく並べてあったという印象で、第二の妖夷・列甲の出現というサプライズな引きもあり、連続ものの第一話として十分以上に楽しめました。冒頭の密議のシーンなどをはじめとして、しっかりと時代ものしている部分もあり、好きな人・わかる人は「うむ」と頷けるのではないかなあと思います。
(もっとも、浮民の設定については、まあいかにもTBSのこの時間帯だな、という印象で苦笑しましたが、まあ主人公が「そういうことにしておこう」と言っているんだからとりあえず納得しておきましょう)

 声優陣も、主人公・竜導往壓役の藤原啓治をはじめとして、小山力也、若本規夫、三木眞一郎と実力派の面子が顔を見せており、こちらの方面では心配はなさそうだな、という印象。面白いところでは、三木眞一郎が女装の美形キャラ・江戸元閥を演じており、今回は顔見せ程度ながら、活躍が楽しみなキャラクターであります。

 ちなみに、個人的な本作の印象を一言で表せば――こういう表現はあまり良くないのでしょうが――近藤ゆたか氏の名作コミック「大江戸超神秘帖 剛神」を、思い出しました。短絡的な発想で恐縮なのですが、あの作品を、もう少しファンタジー方面に転がしたらこういう感じになるのかな、という印象があります。

 それはさておき、第一話を見た時点では、この先の展開が楽しみな本作。個人的にはこれくらいの質をキープしてくれれば(絵については贅沢言いません)もうバンバン応援していきたいとこではあるのですが、怖いのは、時代ものファンとアニメファンの間で宙ぶらりんになってしまう――あの名作「獣兵衛忍風帖」のように――こと。これはもう個人で心配しても仕方のない話ですし、放送局の売り込み方如何でありますが、その点ではかなり力を入れてくると思われますので今のところは杞憂なのでしょう(公式サイトの用語解説もわかりやすいのでお奨め)。
 …いきなりおっさんばかりの男湯シーン満載なのを見ると不安にならないでもないですが。

|

« 「絵巻水滸伝」第3巻 彷徨える求道者・武松が往く | トップページ | 「浪漫's 見参!桜子姫」 美しきトラブルメーカー見参 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/12221358

この記事へのトラックバック一覧です: 「天保異聞 妖奇士」 説一「妖夷、来たる」:

« 「絵巻水滸伝」第3巻 彷徨える求道者・武松が往く | トップページ | 「浪漫's 見参!桜子姫」 美しきトラブルメーカー見参 »