« 「浪漫's 見参!桜子姫」 美しきトラブルメーカー見参 | トップページ | 「陰陽師鬼一法眼 切千役之巻」 鬼一法眼、真の力を顕す? »

2006.10.12

「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第十一話 「柳生連夜」

 鬼門衆の軍艦に乗せられたしぐれを追い軍艦を取り巻くヒルコの船群。が、軍艦からの攻撃で船群はあっけなく全滅してしまう。一方、獣兵衛らは異国船に便乗して彼女を追うが、その前に裏柳生の柳生連夜らが現れ、宝玉の引き渡しを迫る。その時、船に潜り込んでいた少女が宝玉を奪って逃走。裏柳生の剣士たちが追うが、怪老婆・傀儡により次々と殺されていく。神出鬼没の傀儡に苦戦する一行だが、遂に連夜が傀儡を両断。傀儡の後頭部には少女の顔があった。が、一命を取り留めた少女は、なおも争う獣兵衛と連夜の間に割って入り、連夜の一刀に貫かれてしまう。争いは止んだものの、重い空気で一行は九州に上陸するのだった。

 残るはラスト三回、ここで第四勢力たる裏柳生が本格参戦。裏柳生を束ねる柳生連夜が登場します。痩身に隻眼、剣の腕は獣兵衛と互角で、任務においては冷徹(ラストで少女を斬ってしまって後悔の表情を見せているので非情というわけではないのでしょうが)という、絵に描いたようなライバルキャラです。
 基本的にえらい無愛想なので今ひとつキャラクターが掴みにくい点はありますが、ようやく普通の剣士が出てきた…! という妙な感動があります。
 この連夜の名前自体は、間違いなく実在の剣豪・柳生連也斎から取っているのでしょうが、隻眼の柳生と言えばやはり連想されるのは柳生十兵衛。そして主人公である牙神獣兵衛も「じゅうべえ」の名を持つ者(…というのはいささか強引のようにも思えますが、獣兵衛のキャラクター造形には、我々が柳生十兵衛に持つ内の、陽のイメージが投影されているように思えます)であって、これはある意味(陰と陽の)十兵衛同士の対決と言えるのではないかと思います。

 そして今回のゲスト忍者・傀儡は、老婆の後頭部に少女の顔がついているという、小技ながらなかなかビジュアル的にインパクトのある怪人。上のあらすじには書きませんでしたが、途中で獣兵衛が傀儡の「右腕」に斬りつけ、その後に現れた少女が「左腕」に怪我をしていたため獣兵衛が手当てするというシーンがありました。そしてクライマックスで傀儡を追いつめた獣兵衛が、その「右腕」に手当の後を見て驚く、という展開となっており、それが傀儡の正体につながってくることになります。
 唐突に出てきた少女がどうみても姿なき敵の正体というのは視聴者なら誰でも考えるところですが、そこに一ひねり加えてきたのは面白いと思います(どうも老婆と少女で別々の意志を持っているようで、それがラストの展開につながってくるわけですが)。まあ、完全に一発屋な能力ではありますが…

 また、鬼門の軍艦に真っ正面から近づいていくヒルコ船団の無策っぷりには驚かされましたが(案の定、砲撃をくらいまくってあっという間に全滅)、これはまあ、相手を油断させるための策、ってことだったんでしょう。


「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第4巻(アミューズソフトエンタテイメント DVDソフト) Amazon

関連記事
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第一話 「かくれ里無惨」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第二話 「旅立ち」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第三話 「邪恋慟哭」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第四話 「割れた宝玉」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第五話 「金剛童子」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第六話 「雨宿り」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第七話 「蕾」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第八話 「煉獄昇天」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第九話 「はらわたに龍」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第十話 「ヒルコの真心」

|

« 「浪漫's 見参!桜子姫」 美しきトラブルメーカー見参 | トップページ | 「陰陽師鬼一法眼 切千役之巻」 鬼一法眼、真の力を顕す? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/12249321

この記事へのトラックバック一覧です: 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第十一話 「柳生連夜」:

« 「浪漫's 見参!桜子姫」 美しきトラブルメーカー見参 | トップページ | 「陰陽師鬼一法眼 切千役之巻」 鬼一法眼、真の力を顕す? »