« 「修禅寺物語」(再録) | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 鋼の肉体絶好調? »

2006.11.26

12月の伝奇時代劇アイテム発売スケジュール

 本当に早いものでもう年の瀬、今年最後、12月の時代伝奇アイテム発売スケジュールを更新しました。右のサイドバーからも見ることができます。

 さて、11月に比べると少し刊行数も多いかと思われる小説。「闇を斬る」シリーズの新刊や牧秀彦祥伝社に初お目見えの「影侍」などが目に付きます。また、そろそろ関連商品等で動きが出てきた劇場版「どろろ」のノベライゼーションも刊行の予定。
 しかし、個人的に注目しているのは、竹書房から刊行の平山夢明先生の新作「江戸町怪談草紙(仮)」。下旬発売としかわからないためカレンダーには記載しておらず、また内容もまだわかりませんが、これは気になります。竹書房で怪談といえば、これは「「超」怖い話」江戸バージョンか!? という気もしますが、実はまだ単行本化されていないものの、時代ホラー小説も何作かものされている平山先生。その単行本化だとしたら非常に喜ばしいのですが…

 一方、漫画の方はシリーズものの新刊がほとんどな中で、「マガジンZ」誌で連載中の「危機之介御免」が初登場。ノリはイマ風(?)なのですが、どこか懐かしいバイタリティーも感じられる時代もので、要チェックです。

 また、アイテム数がけっこうな数に上る映像ソフトの方では、やはり「るろうに剣心」のDVD-BOXが一番の目玉でしょうか。
TVから劇場版、(問題の)OVA版まで、るろ剣のアニメ作品全作収録というのはやはり気になります。
 そしても一つ忘れちゃいけないのは遂にDVD化開始の「変身忍者嵐」。レトロ特撮ヒーロー番組が次々とDVD化される中、何故かこれまでソフト化されてこなかったあの作品が、遂に登場です。まあ、ぶっちゃけ前半の血車党篇はかなりもにょる出来ですが、これも味だと笑って見られる方向けです。
 あ、歌丸さんの「牡丹灯篭」も完全セットが発売されるのだった! これもまた楽しみです。

 最後に、なかなか発売されなかった(下手するとすぐに次のに変わるんじゃないかしら)「天保異聞 妖奇士」の第一期OPテーマ「流星ミラクル」もようやく発売。動きまくるOP映像と相まって印象的なこの曲もやはり気になります。

|

« 「修禅寺物語」(再録) | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 鋼の肉体絶好調? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/12838411

この記事へのトラックバック一覧です: 12月の伝奇時代劇アイテム発売スケジュール:

« 「修禅寺物語」(再録) | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 鋼の肉体絶好調? »