« 「決戦前後 陸小鳳伝奇」 決戦の地は紫禁城! | トップページ | 「takeru-SUSANOH~魔性の剣より-」第三巻 神剣めざめる »

2006.11.22

「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」 第十二話「王朝復活」

 しぐれを追ってきた獣兵衛は、闇泥と対決するが、そこに現れたヒルコ忍群の爆弾により闇泥は吹き飛ばされ、獣兵衛は宝玉の片割れを手にする。しぐれや獣兵衛らを財宝への扉である“龍の道祖岩”に案内するヒルコ忍群だが、密かに怪しい行動を見せるしぐれ。そして火口近くまで来た時、獣兵衛らにヒルコが襲いかかる。しぐれに化けていた鬼門衆・写絵により、ヒルコたちは操られていたのだ。写絵の命で次々に火口に飛び込んでいくヒルコたち。操られた濁庵により落とされかけた獣兵衛は、写絵を捕えて踏みとどまるが、闇泥は彼女を始末されてしまう。そして遂に獣兵衛までもが火口へ――

 さて久し振りに紹介。遂にラスト一話前で宝玉が一つになり、前回あまりにもあっけなく滅んだかに見えたヒルコ忍群も、リーダーの無風以下健在で(あれだけあっさり沈められたのは、鬼門衆を油断させるためだったのでしょう)、獣兵衛らと和解。話のわかりそうな無風がもっと早く前に出ていれば、こんなに揉めなかったんじゃないの、と思いつつもまあそれはいいとして。

 が、それもしぐれに化けた鬼門衆のくノ一・写絵によりあっさり集団身投げすることに。その名の如くしぐれの姿を写し、ヒルコたちの首筋に打ち込んだ針により彼らの意志を奪った写絵は、ある意味最強かもしれません(変身して敵の懐で攪乱を行う忍者は「甲賀忍法帖」の昔からいますが、これだけ大被害を与えたのは比較的珍しい)。もっとも、変身忍者の常で素顔を曝したあとは弱いのですが――

 それはともかく、無風もあっさり溶岩に飲まれ、これまたあっさり操られた濁庵にしがみつかれたまま、獣兵衛の命も風前の灯火。これこそまさしくクリフハンガー!
 そんなわけで逆転又逆転の末に、宝玉と巫女を手中に収めたのは闇公方と鬼門衆。が、柳生連夜率いる裏柳生が黙っているわけもなく、無風もおとなしく死んでいるとは思えない。そして何よりも主人公・獣兵衛がいる。
 というわけで次回三つ巴・四つ巴の混戦は必至。(ようやく)盛り上がって参りました!


「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第4巻(アミューズソフトエンタテイメント DVDソフト) Amazon

関連記事
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第一話 「かくれ里無惨」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第二話 「旅立ち」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第三話 「邪恋慟哭」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第四話 「割れた宝玉」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第五話 「金剛童子」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第六話 「雨宿り」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第七話 「蕾」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第八話 「煉獄昇天」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第九話 「はらわたに龍」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第十話 「ヒルコの真心」
 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」第十一話 「柳生連夜」

|

« 「決戦前後 陸小鳳伝奇」 決戦の地は紫禁城! | トップページ | 「takeru-SUSANOH~魔性の剣より-」第三巻 神剣めざめる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/12776334

この記事へのトラックバック一覧です: 「獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇」 第十二話「王朝復活」:

« 「決戦前後 陸小鳳伝奇」 決戦の地は紫禁城! | トップページ | 「takeru-SUSANOH~魔性の剣より-」第三巻 神剣めざめる »