« 「三万両五十三次」(再録) | トップページ | 「新時代劇アクション 羅刹の剣」(再録) »

2006.12.16

「幕末機関説 いろはにほへと」 第十一話「一座ふたたび仮櫓」

 剣の鍛錬に励む耀次郎に襲いかかる、幻影の兵士。刃も効かない敵に耀次郎も苦戦する。一方、蒼鉄の新作台本を上演するため、赫乃丈一座は、品川にやって来る。新門辰五郎の協力で仮設舞台を完成させた一座にも幻影兵士が襲いかかるが、敵の弱点が火であることに気付いた耀次郎に撃退されるのだった。そして品川沖に停泊する榎本艦隊を訪れた蒼鉄の前には、左京之介の、そして生きていた中居屋の姿が――

○いきなり耀次郎セミヌード爆発。GyaOのアニメトップページでも編集部のイチオシ!!に。と思ったら一座の男衆までもがセミヌードに! おっさんの裸や褌がやたら多い「妖奇士」への対抗策か!?<違います

○榎本武揚に敬語を使われる蒼鉄先生。「噂通りだ」ってどの界隈の噂ですか。

○平然と榎本の船でお茶飲んでる中居屋。それを見て蒼鉄が狼狽えたら笑えるのですが…って台本に生きてるって書いたんだからそれはないですね。

○そして相変わらず惜しげもなく半裸を晒す耀次郎の元には、以前登場した幻影の兵士たちが…

○本体は斬れないが、手にした得物は実体があるらしい幻影兵士。攻撃を避けて屋根の上に登る耀次郎ですが…一歩間違えたら半裸で屋根の上で刀を振り回す変な人です。

○ほんとに何者なんだ蒼鉄先生。新時代のゲームマスターたらんとしているのか――いずれにせよ、蒼鉄と中居屋がいることで、実質榎本が覇者の首と共にあることとなりましたが…

○今度は赫乃丈一座を狙う幻影兵士。一体誰が操っているのか…しかし実は火に弱かった幻影兵士。元が霧だから? しかし耀次郎、ここではちゃんと服着てて安心したよ。

○そして新しい仇討ち舞台に臨む赫乃丈一座――って先生も中居屋も船上にいるわけですが…

○蒼鉄先生、予告でさりげなくネタバレしないで下さい。左京之介、いよいよもってサムライガンみたくなってきました。しかし全十三話かと思ってハラハラしましたが、公式ブログ見たらちゃんと十四話以降もあって安心しましたよ。


「幕末機関説 いろはにほへと」第1巻(バンダイビジュアル DVDソフト) Amazon

関連記事
 今週のいろはにほへと

 公式
 公式ブログ

|

« 「三万両五十三次」(再録) | トップページ | 「新時代劇アクション 羅刹の剣」(再録) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/13090543

この記事へのトラックバック一覧です: 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十一話「一座ふたたび仮櫓」:

» 幕末機関説いろはにほへと#11「一座ふたたび仮櫓」 [Anochecerblog]
榎本武揚がこんなに出張るとは思いもせなんだ、な第11話。ついでにやっぱり生きてやがったか、中居屋。まあ序盤でおさらばするには惜しい濃いキャラですしね。長岡藩はまだ健在のようですが、二本松も陥落しているので、会津戦争はあんまり取り上げてくれないのかな・・...... [続きを読む]

受信: 2006.12.16 21:34

» 幕末機関説 いろはにほへと 11「一座ふたたび仮櫓」 [はざまの欠片]
榎本武揚 キタ――――(゜∀゜)――――!何と蒼鉄先生と合流です。先生ったら、あの榎本に「力を貸して頂きたい」言われてましたよ。大したもんですねぇ。 しかも赫乃丈一座を東京に招いて芝居をやらせる段取りを整えてから軍艦に乗り込んでるんですね。ぬかりなし!って...... [続きを読む]

受信: 2006.12.16 21:42

» 幕末機関説 いろはにほへと 主役は蒼鉄 [三十路のオタク日記]
覇者の首の手掛かりを失い仕方なく 独り稽古の秋月  などとやっている間に 蒼鉄先生はガンガン動きます  いつのまにか榎本艦隊と接触    中居屋も当然の如くいるし 脇には金髪ガンマン   中居屋と資金援助の話付け 貧乏艦隊 就航準備    榎本艦隊の裏で糸を引くのは 先生でしたか     これで 後々土方も合流決定かな?      土方さん辺りなら 覇者の首もご満足かも       なんたって闘神の如き人で�... [続きを読む]

受信: 2006.12.16 21:46

» 幕末機関説 いろはにほへと/11話 一座ふたたび仮櫓 [てけと〜な日記]
沖田総司の遺言と共に会津、又は函館に行くのかと思た耀次郎ですが、 とりあえずは江戸に留まり、赫乃丈一座と合流したようです。 [続きを読む]

受信: 2006.12.17 16:02

» 幕末機関説 いろはにほへと 第11話 [LUNE BLOG]
江戸が東京と名を変えて十日。 本は再び一座の復讐劇を書き語り始めました。 [続きを読む]

受信: 2006.12.17 21:22

» 幕末機関説いろはにほへと 11話「一座ふたたび仮櫓」感想 [月の砂漠のあしあと]
幕末機関説 いろはにほへと 1 恰幅の割には、大物感が漂ってこない、中居屋ですが悪者らしく、しぶとく生きてましたぞ!一座の仇で覇者の首関連でも重要なポジションなんですけども、イマイチなんかこう、憎々しさが駆り立てられないというか、暗躍はしてるんだけど、こうど...... [続きを読む]

受信: 2006.12.19 06:44

« 「三万両五十三次」(再録) | トップページ | 「新時代劇アクション 羅刹の剣」(再録) »