« 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十六話「同行四人」 | トップページ | 「白狐魔記 洛中の火」 混沌の中の忠義と復讐 »

2007.01.29

「天保異聞 妖奇士」 第十六話「機の民」

 何者かに狙撃された勘定奉行・跡部能登守。小笠原は妖夷の存在を疑い、奇士たちは調査にあたる。その頃、アビは町で機の民マスラオと再会するが、マスラオはアビを掟を破った者として殺そうとする。姿なき狙撃犯とマスラオの関係を疑う往壓たちは彼の元に向かうが、マスラオを追う中でアビの姉・ニナイがかつて妖夷に攫われ、アビはそれを追って奇士になったことを知る。マスラオは、薬種問屋の山崎屋でニナイを見たと告げるが、その寮には、奇しくも宰蔵たちが用心棒として張り込んでいた…

○音も火薬の匂いもしない鉄砲で狙撃される跡部能登守。犯人らしき男は銃を火にくべていますが…

○山崎屋で不思議な甲骨文字を見せられる小笠原様。往壓も読みとれないそれは今後の展開につながっていくのでしょうか…。しかし、往壓を門前の小僧扱いする小笠原様は結構見栄っ張り。そして主人は小笠原様に用心棒周旋の依頼を。

○新しい仕掛け扇子を手に入れて喜ぶ宰蔵。一方、宰蔵についてきたアビはどこかで見たようなファッションのメガネ青年に目を留めて…と思えばそれは宰蔵の扇子を作ってくれたマスラオさん。

○逃げ出したマスラオを追いかけたら、実は罠にはめられたのは自分、変な器具に緊縛されて吊されてしまうアビ。よくもこんなものを持ち歩いていたものだ…と思ったら、おお、絡繰り応用の器具のようです。地の神=妖夷を倒しているアビを、掟を背いた者だと罵り、殺そうとするマスラオ。大したテクノロジーを持っているのに意外と信心深いんだなあ。というよりアンタ後に思いっ切り掟に背きまくるくせに…

○と、さも当然な顔をして円盤馬七に乗ってアビを助けにくるアトル。便利すぎる。

○火器のスペシャリストのえどげんでもわからない狙撃者の正体を推理する奇士たち。相変わらず絵がへたくそな小笠原様は、狙撃者の正体を鳥居の手の者、しかも妖夷の力を使ってるかも…と、素人目にも見当違いとわかる推理を展開します。

○阿部老中のの護衛に回る小笠原様と往壓・アビ。一方、宰蔵とえどげんは山崎屋に用心棒に。相変わらず男前すぎるえどげんは、何故か襟巻き着用です。それにしてもこの男、ノリノリである。

○警護空しく狙撃事件発生。捜査に当たる一行の前に、何故かバーローこと狂斎登場。馬七とアトルまでやってきて、もう隠す気ないだろ小笠原様。

○池に捨てられた紙を見つけて、紙製の鉄砲ならば…と思いつく狂斎。空気鉄砲のこと知ってるのに今まで気付かなかった小笠原様って…

○やたらと行動力と推理力のあるバーローは芝居小屋で小道具を作っていたマスラオ様のところに。また主人公が誰だかわからない状態に…

○先を越されたくせに偉そうなアビはマスラオさんを追いかけるも、プロペラこけしで襲われて転落。しかし再び円盤馬七に救われるアビ。本気で便利だ馬七。

○走りながら拾った木材で何か細工して…と思ったらいきなり絡繰り人形ですよ! 先行者みたいな絡繰り人形に押し倒されて腰カクカクされるアビはカッコ悪過ぎる。主役エピソードなのに…

○アビをかばって飛び込む往壓に驚くマスラオさん。仲間だからとさらりと言っちゃう往壓にアビメロメロですよ(多分)。そこに追いついたアトルは、ニナイという名を呟きます。

○妖夷と身近に暮らしていたというアビ。…が、ある日超美形のニナイ姉さんは妖夷に攫われて、それ以来アビは山を捨てて妖夷を追う身となったのでした。

○山崎屋の寮にニナイがいると告げるマスラオさん。その頃、二人仲良く(?)床を並べていた用心棒のえどげんと宰蔵は、部屋の天井に張り付いた妖夷を発見して…

○それにしてもこの番組のすぐ後にカッパ映画のコマーシャルは勘弁していただきたい


 アビ篇スタートの今回は、早くも山の民であるアビが、何故江戸の町で妖夷退治に加わっているのか、その理由である過去の事件が語られました。

 しかしそれ以上に目立ったのはマスラオさんの活躍。走りながら木材拾って絡繰り人形を作ってしまうのにはひっくり返りました。真面目に色々推理した小笠原様たちがかわいそうになるほどのオーバーテクノロジーぶりです。さすが、幕末に変形巨大ロボを作る人は違うよな。
 ちなみにマスラオ役は浪川大輔氏。「いろはにほへと」の耀次郎役であります。氏は何だか最近時代劇アニメ常連になりつつある…ってのは言い過ぎか。

 しかし次回予告で国津神いう言葉が出てくるのが気になります。仮に妖夷が国津神――おそらくはマスラオの言う地の神――と呼ばれる古き神の眷族であるならば、この物語は、単なる妖怪退治ではなく、神殺しの物語であるということでしょうか。
 だとすると、江戸と明治という、古き時代と新しい時代の切り替わりが迫っている天保という時代にこの物語が展開されることにも、意味があるのかもしれません。

 一方で気になったのは、アトル・雲七・狂斎の三人(?)組が便利な存在として活躍しすぎていること。往壓たち奇士が、それぞれの形で、時代の制約に縛られた存在として設定されている一方で、こちらの三人は束縛から自由な形で――本来であれば一番不自由なはずのアトルも含めて――動かされている感があります。
 様々なキャラクターがいるのは良いのですが、あまりいきすぎると折角の奇士の設定が霞むのでは…と、余計な心配をしてしまった次第です。


「天保異聞 妖奇士」第一巻(アニプレックス DVDソフト) 通常版 限定版

関連記事
 今週の天保異聞 妖奇士

 公式サイト

|

« 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十六話「同行四人」 | トップページ | 「白狐魔記 洛中の火」 混沌の中の忠義と復讐 »

コメント

コメントでは初めまして、TBでいつもお世話になってる『月の砂漠のあしあと』の涼木です。

国津神>妖夷という分類があまりの幅広すぎるので、どう捉えていいか迷いますよね。

国津神という言葉が出てきましたけども、この言葉一つとっても色んな意味で非情に複雑なだけにこの作品がそれをどういう風に捉えてるのか解らないうちはウカツな事が書けないのでちょっと困惑気味です(笑)

前島聖天が祀っている神が解れば、ヒントになるかなぁと思うんですけども。

妖夷が自然に関りの深い存在が多いので、元閥が銃器を使っているのにも意味があるのかなぁと。

アトル達>2クールに入って、アトルを軸に持ってくる動きが活発なので、雲七や狂斎はその為に居るんじゃないかと考えています。

雲七はレーダー、足、何でも知ってる情報源として、主にアトルが関るキッカケとしてほぼ必ず関ってますし、狂斎の推理力はアトルが核心に近付く為に必要なんじゃないかと思っています。

この便利な二人(?)とオフタイムの自由っぷりがないと、フェードアウトしそうですし。

前回の遊女の話では特に簡単にホイホイ堀を越えちゃうアトルの存在が、一番の疵だったんではないかとヒソカに思っています(爆)

投稿: 涼木 | 2007.01.31 23:35

すいませんちょっとだけ付けたしです。

異界は取り合えず、『生命の原初の混沌』と考えています。

投稿: 涼木 | 2007.01.31 23:43

涼木様はじめまして。こちらこそいつもお世話になっております。

妖夷の起源については、正直なところ単一なものではなく(というのはこれまでの物語からも明らかですが)、その意味では国津神という言葉に妖夷の全てがあるように考えてしまうのは危険(というのは大げさですが)ですし、物語の幅をかえって狭めてしまうのではないかな、といまになってはちょっと反省しています(笑)
元閥にしても、神官という立場ですが特にその手の力を使ってくるわけでもなく、謎が多いですね。

アトルについては。あの二人がいなければ物語からフェードアウトしてしまう、というのは確かにおっしゃるとおりですね。改めて、難しいキャラだなあと思います。なまじほかの部分がきっちりと描写できているだけに、素顔でホイホイと出てきてしまうアトルの存在が浮いていると言えば浮いているのですが、そこを突っ込むのは野暮というものかもしれませんね。

何はともあれ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 三田主水 | 2007.02.01 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/13698511

この記事へのトラックバック一覧です: 「天保異聞 妖奇士」 第十六話「機の民」:

» 天保異聞 妖奇士 説十六「機の民」 [瞳にアル世界]
妖夷は地の神 [続きを読む]

受信: 2007.01.29 00:29

» 天保異聞・妖奇士「機の民」 [瑞原唯子のひとりごと]
一瞬喜んでしまった小笠原が可愛い。あと、小笠原と往壓のやりとりがいいなぁ。おっさんに向かって小僧とは(笑)。 マスラオがけっこう好みなんですが。絡繰り使いというのも良いです。アビとお知り合いなんですね。 アトル。あんな目立つあやしげなものに乗って空を飛んで大丈夫なんでしょうか…。雪輪…もとい雲七に自重を促しても無駄っぽいなぁ。誰が目の前にいても平気でしゃべるし飛ぶし。 狂斎はしつこく�... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 00:29

» 天保異聞妖奇士 説十六『機の民』私的ベスト3 [アホ理系青年の主張〜窓野マサミ☆アホージャーナル〜]
第16話である。話の詳細は他のブログで散々語られていると思うので省略。私はただ心に残った部分を書き綴るだけである。要するに本番組を見ていた人しかわからない仕様の文章だということである。 というわけで、続きをどうぞ。... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 00:30

» 天保異聞 妖奇士 第16話 雲七はきんと雲? [レベル999のマニアな講義]
内容跡部が何者かによって撃たれた。そのことを調査する小笠原たち。撃たれた痕跡などから、カラクリ師が絡んでいることを知る。だが、そのカラクリ師マスラオは、アビと因縁があった。。。今回から、アビの話ですね。山の民が、妖夷を『神として信仰する』ものたちであり...... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 00:36

» 説十六 機の民 [なめの気まぐれブログ]
今週からアビ編に入りますね。 [続きを読む]

受信: 2007.01.29 00:36

» マスラヲ [自己満足倉庫]
このタイトル観て分かる人、お友達になりましょう{/kirakira/} 今日の妖奇士。前回の予告で、あら、この男前誰かいな、と気になってたんやけど、登場したその時服を見てあら?これって・・・ えっ!ヒヲウ!!!? 誰!?まさかでっかくなったヒヲウ!!?とか思ってたら「マスラオ!!」と呼ばれる彼。ぎゃー!!!ま、マスラオパパーーー!!!{/3hearts/}{/3hearts/}{/3hea... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 00:39

» 天保異聞妖奇士 第16話「機の民」 [SERA@らくblog]
国の支配を受けず暮す、まつろわぬ民。 古き民とも呼ばれるかれらにとって妖夷は地の神であった。 アビは機の民のマスラオと再会するが… 機の民マスラオ登場です。 『機巧奇傅ヒヲウ戦記』の同名キャラとの関連が興味深いです。... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 01:38

» 天保異聞妖奇士#16コナンが謎解き [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
アビの過去が明らかに?アビが古き民達の掟を破ったという機の民マスラオ。妖夷にさらわれたというアビの姉ニナイ。跡部と山崎屋の狙撃事件とそれにどんな関係が?きっと最後は「頭脳は大人」な少年絵師が謎を解いてくれるのか?(笑)ねえ、狂斎くん(^o^)説...... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 03:23

» 天保異聞 妖奇士 第16話 [オヤジもハマる☆現代アニメ]
サブタイトル「機の民(きのたみ)」   跡部を襲った謎の襲撃事件の調査に乗り出す奇士たち。   火薬を必要としない銃の裏には、アビの知人の男の姿があった... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 05:53

» 天保異聞 妖奇士 説十六 「機の民」 感想 [日々の徒然言]
―― 山の民である俺たちにとって妖夷は身近な存在だった。 それは… ふとしたときに傍により、ときには死んだ妖夷を見つけて食った… それは、めったにない御馳走だ。 それだけのかかわりだった… あの日までは――... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 07:29

» 「天保異聞 妖奇士」16話「機の民」 [大吉。]
火薬の匂いも発射音もしないのに、妖奇士の上の人?(跡部さま)が狙撃されるという事件が起こった。 今回はアビ達と同じような古い民「機の民」が登場。カラクリを作ってる民って・・どうよ(笑)?と思うんですけど。機の民の眼鏡くんの名前は「マスラオ」・・その名前ってなあ。変な名前の人が多いですよね・・このアニメ。 狙撃に使われた鉄砲が彼の手による物だと狂斎のお蔭で気が付いたアビは、マスラオに逃げるように告げ�... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 10:43

» 天保異聞 妖奇士 第16話 [おくいのなんでもdiario]
「機の民」 “機の民”といえばヒヲウ戦記!メガネのカラクリ師がマスラオさん。まさ [続きを読む]

受信: 2007.01.29 15:08

» 天保異聞 妖奇士 第16話「機の民」 [のほほんホビー]
今回は新キャラが登場!! 名前はマスラオ。 “機の民”であると語る彼の奥義は、言わずと知れた絡繰り製作!! アビの身体を締め上げた小道具と言い、初めて目にする物がたくさん出てきて、とても面白かったです☆ ... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 18:07

» 浪川大輔ファンブログ [浪川大輔ファンブログ]
声優で大活躍中の浪川大輔さんのファンの中の一人が書いたブログです。ガンダムなどのアニメや数々のゲームやCMなどで活躍する彼ですが今後も幅を広げていくのは間違いありません。そんな彼を追っていきたいです。 [続きを読む]

受信: 2007.01.29 19:44

» 天保異聞 妖奇士第16話 [本を読みながら日記をつけるBlog]
「機の民(きのたみ)」 その人はニナイを探している [続きを読む]

受信: 2007.01.29 21:18

» TVアニメ 天保異聞 妖奇士 説十六「機の民(きのたみ)」 [サプリで萌えな彼女の秘密ノート]
にしても、アリスはいつも思うのですが、OP最初でのゆっきーの顔の事です。 あの困ったさんの様な表情は故意にしてるんだろうね。 きっと、言葉だけじゃ伝わらない重みを出すために。 私にはそうとしか思えない。... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 22:39

» 説十六 機の民 [埼玉の中心から毎日を語る]
説十六ケータイ待ちうけ 完全生産限定版DVD一ジャケット機の民キャプチャ 1月27日22時17分より公開開始あんまり目立たなく登場シーンも少なかったアビ、逆にヘタレだったかもしれない・・・・;;(アビファンの方ごめんなさい)そんなアビが活躍しそうなアビ編いよいよスタート!早速イケメンカットもあったしw 今回の事件はアビのお姉さんニナイが深く関連してそう。それに天井にいた妖夷とニナイをさらった妖夷との関係は・・・・・次回も目が放せませんね! ユキアツに『豆腐』と言われた小笠原の書... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 23:27

» 天保異聞 妖奇士 説十六 [朔夜の桜]
「機の民」 この時代にサイレント加工銃? ユキアツ君暇そう〜。小僧な歳ではないでしょ(笑) 最近小笠原様がかわいいんですよね。 すげ〜仕込み扇子?どうやったら出るのか仕組みがみたい。 拘束プレイ!!(ドキドキ) からくり得意な機の民。素敵ですね。 アビが小笠原様達の仲間って知らなかったんだ。 面識があるものとばかり。 豆腐はないでしょ。ユキアツ面白い(o^-')b 酒と女が大好きですねエ... [続きを読む]

受信: 2007.01.30 10:25

» 浪川大輔ファンブログ [浪川大輔ファンブログ]
声優で大活躍中の浪川大輔さんのファンの中の一人が書いたブログです。ガンダムなどのアニメや数々のゲームやCMなどで活躍する彼ですが今後も幅を広げていくのは間違いありません。そんな彼を追っていきたいです。 [続きを読む]

受信: 2007.01.30 19:52

» 天保異聞 妖奇士 説十六『機の民(きのたみ)』 [SUGO FACTORY別館]
勘定奉行跡部良弼が何者かに命を狙われた。同じように、山崎屋という薬種問屋では洋学 [続きを読む]

受信: 2007.01.30 20:41

» ちょっとだけ感想・天保異聞妖奇士第16話 [日々のたわごと]
 そんなこんなで、少しばかり体調不良かもしれません。  風邪を引いたと言うよりは、純粋な過労に近い感じがします。まだ目眩はしませんのでそのへんはマシですが。  今日はこれでラストになります。ちょっとだけ感想・天保異聞妖奇士第16話『機の民』です。 ... [続きを読む]

受信: 2007.01.31 00:15

» 【妖奇士】説十六 「機の民」 [彩賀の徒然なるままに…]
今週の『天保異聞 妖奇士』第十六話。 [続きを読む]

受信: 2007.01.31 23:43

« 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十六話「同行四人」 | トップページ | 「白狐魔記 洛中の火」 混沌の中の忠義と復讐 »