« 「ぬばたま一休 -紅紫の契-」 原作の空気感を描き出した哉井一休 | トップページ | 「天保異聞 妖奇士」 第十六話「機の民」 »

2007.01.28

「幕末機関説 いろはにほへと」 第十六話「同行四人」

 北への旅を続ける耀次郎と赫乃丈は、会津で白虎隊の少年・惣之助と、土方歳三に出会い、米沢まで旅を共にする。既に官軍の勢力下にある城下に嫁いだ姉の身を案じて隊を脱してきた惣之助の想いを叶えるため、耀次郎と土方は偽決闘を演じて官軍の目を引きつける。そして会津に戻るという惣之助と別れ、松島までやって来た三人は、遂に覇者の首の憑いた榎本艦隊に追いつくのだった。

○いきなり変調をきたして倒れる赫乃丈。それでも耀次郎は「座長!?」なのが何とも。そして赫乃丈を宿屋に担ぎ込んで寝かしつけた耀次郎。そこで聞こえてくる微妙な、本当に微妙な感じの歌声は…耀次郎が歌う手鞠歌でした。そして意識を取り戻して一緒に歌い始めた赫乃丈を見る耀次郎の目が優しすぎる。

○白虎隊士の惣之助を追う官軍を叩っ斬る耀次郎。が、止め絵で見せるだけの手ェ抜いたチャンバラシーンにはがっかり…一方、赫乃丈は白い月涙刀を手に覚醒して官軍の隊長に刃を振るいます。斬った後に意識を取り戻して慌てるのはお約束。

○そしてその場に土方が。出会うなり沖田の最期の話を始める耀次郎が、らしくてオカシイ

○色々あって同行四人の旅に。この時、土方が、常にすぐに鯉口が切れるように手をやっているという描写がキャラを立てていて良いですね。

○姉の嫁ぎ先へ走った惣之助を見送った後、いきなり京での遺恨があったと言い出す耀次郎と、その真意を悟って応える土方。二人の呼吸の合いようが愉快です。

○隊士から官軍の目を逸らすために、いきなり城下で決闘を始める耀次郎と土方。芝居がかった大仰な口上が楽しい場面です。土方に芝居の心得が? と聞かれて、門前の小僧と答える耀次郎の茶目っ気が素敵。にしても耀一郎って…w

○姉を慕う惣之助に沖田総司の姿を重ねる土方は、自分と共に北に向かわないかと誘いますが…それを断って城に向かう惣之助を見つめる土方の目が優しくて良いです。


 土方登場編の今回は、直接本筋とは関わらないストーリーではありますが、白虎隊という史実を拾いつつ、これから本筋に大きく関わるであろう土方歳三という人物のキャラを立ててみせた、なかなか良くできたエピソードであったと思います。
 その土方役は檜山修之氏で、ちょっと声が若いかなあ…という印象がなきにしもあらずですが、静と動の演じ分けがくっきりしている声優さんなので、ドラマの展開に合わせて、土方の様々な側面を演じてくれるものと思います。

 アクション的には、上記の通り不満な部分もありましたが、何よりクライマックスの、シリーズ前半で芝居の世界を舞台としていた設定をうまく絡めた展開が実に面白かったので、満足しています。ラストの、妙に気合いの入った演出も良い感じでした。

 そして次回――蒼鉄先生の魔手が土方に!? 一体どれだけ周囲の男を振り回せば気が済むんですか、蒼鉄先生…まさに魔性の男だよまったく。


「幕末機関説 いろはにほへと」第1巻(バンダイビジュアル DVDソフト) Amazon

関連記事
 今週のいろはにほへと

 公式
 公式ブログ

|

« 「ぬばたま一休 -紅紫の契-」 原作の空気感を描き出した哉井一休 | トップページ | 「天保異聞 妖奇士」 第十六話「機の民」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/13697244

この記事へのトラックバック一覧です: 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十六話「同行四人」:

» 幕末機関説 いろはにほへと 16「同行四人」 [はざまの欠片]
「持ち場を離れる者は、たとえ味方といえど、この土方歳三が斬る!」 新選組副長、土方歳三が檜山ボイスで見参!です。先週からどんなお姿なのか楽しみにしておりました。 出で立ちはお馴染みの洋装に黒髪。でもその面差し、太刀筋からも尋常ならざる”気”がビシビシ伝わ....... [続きを読む]

受信: 2007.01.28 23:32

» 幕末機関説 いろはにほへと 第16話「同行四人」 [WONDER TIME]
本日より第16話「同行四人」配信開始です!! 2月9日(金)正午迄 「持ち場を離れる者は、たとえ味方といえど この土方歳三が斬る!」 遂に土方さん登場――っ!!!! ・・・今回も左京之介の出番が無かった・・・・・(涙... [続きを読む]

受信: 2007.01.28 23:42

» いろはにほへと #16 同行四人 [ひねもす のたり のたり かな ver.2]
思いっきり、同行二人と言いかけてしまいました。 勿論、私が考えたのはお遍路さんの... [続きを読む]

受信: 2007.01.28 23:48

» いろはにほへと 第十六話 [ビヰドロ記]
    「同行四人」感想。     新撰組副長・土方歳三、ついに登場! って、G [続きを読む]

受信: 2007.01.29 00:23

» 「幕末機関説いろはにほへと」第16話 [日々“是”精進!]
第十六話「同行四人」(2月9日正午まで配信)迫る新政府軍を迎え撃たんとする会津藩は、少年や老人、女性たちまでが城に立て篭もり、徹底抗戦の構えを見せる。会津から米沢へと抜けようとする耀次郎と赫乃丈は新政府軍に追われる白虎隊士の少年に出会う。彼らの窮地を救...... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 04:47

» 幕末機関説 いろはにほへと/16話 同行四人 [てけと〜な日記]
宇都宮、白川を攻略し、ついに会津に矛先を向けた新政府軍に対し、 迎え撃つ会津藩は少年や女性までを動員し、徹底抗戦の構えを見せる。 [続きを読む]

受信: 2007.01.29 07:23

» 幕末機関説いろはにほへと16話「同行四人」 [RAINEY TOON -The mature suite-]
先ほど、15話、次回予告を見終わったばかりです。 お待ちしておりました。檜山さん♪ んん、檜山さんにしてはゴツイキャラですね、ちょっと慣れない(笑) 土方さんと惣之介を加えて四人ということでした。 今回の一番の見せ場は月涙刀に操られているかのように ひとりでに戦う赫乃丈の姿でした。 斜めに切れ込んだ鞘は赤くて耀次郎のものより若干短く 装飾にも富んでいそう。 そんな言葉があるのかは知らねども 夫婦刀? この謎はきっと持ち越し、持ち越しですね。 それから、土方さんに耀次... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 09:26

» 沖田総司を知らない人はいないだろう、天才剣士、新撰組の一番隊長、美少年剣士、夭折の剣豪、と話題に事欠かない。 [沖田総司]
沖田総司を知らない人はいないだろう、天才剣士、新撰組の一番隊長、美少年剣士、夭折の剣豪、と話題に事欠かない。 悲しくも、明治という国家を彼も見ることなく、幕末を疾風のごとく駆け抜けた彼を検証してみたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2007.01.29 15:10

» 幕末機関説いろはにほへと「同行四人」 [Anochecerblog]
真打ち登場!!! 初めから終わりまで、土方歳三づくしの30分でしたよ〜〜っっ!ここまで焦らされ、待たされた甲斐あってか、これでもかという大サービス大盤振る舞いな出番の多さでした。・・・ほぼ出ずっぱり。とまあ、土方さんを堪能したのですが・・・正直な気持ちを...... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 17:46

» 「幕末機関説 いろはにほへと」 第16話「同行4人」 [ムニ枕のブログ  黒ルルーシュ同盟活動中!]
土方さん、登場ですね。戦い場は北へ・・・旅はまだ続く [続きを読む]

受信: 2007.01.30 00:12

» 幕末機関説いろはにほへと 第十六話『同行四人』 [でりら日記]
なんですかなんですかこの神展開。 [続きを読む]

受信: 2007.01.30 00:28

» 幕末機関説いろはにほへと 第16話 [本を読みながら日記をつけるBlog]
「同行四人」 武士ならば戦え [続きを読む]

受信: 2007.01.31 09:25

« 「ぬばたま一休 -紅紫の契-」 原作の空気感を描き出した哉井一休 | トップページ | 「天保異聞 妖奇士」 第十六話「機の民」 »