« 「異聞胸算用」 恐ろしき江戸伝説 | トップページ | 「幕末屍軍団」(短編) 屍者から見た幕末 »

2007.02.22

「幕末機関説 いろはにほへと」 第十九話「赫逆の五芒星」

 遂に箱館上陸を果たした榎本艦隊。耀次郎を斬ってしまったことで心に深い傷を負った赫乃丈は、艦隊に伴われ箱館病院で療養することになる。蒼鉄の言葉に、己の宿命を受け入れる決意をした赫乃丈は己を取り戻し、土方を狙って病院に乱入してきた松前藩士遊軍隊に立ち向かう。その彼女の前に、箱館に到着した一座の仲間たちも集結。遊山赫乃丈一座の新たな舞台の幕が上がる――

 いやはや、今回は面白かった! と素直に言える回でした。なんと言っても恩田作監のお陰で画のクオリティが高く(特にちび二人のちょこまかした動きがまたえらく可愛くて…そりゃあ蒼鉄先生も打算抜きで微笑むってもんです)、安心してみることができました。クライマックスの赫乃丈の踊るが如きステップで振るう剣さばきも実に美しかったですね。

 今回は、赫乃丈復活篇とも言うべき内容。精神的に復活したというのもありますが、物語後半に入って以来、視聴者にとって下がりっぱなしだった(そして前回でドン底になったであろう)座長株もまた復活したのではないかと思います。
 復活のきっかけの一つが蒼鉄先生の言葉ってのがナニですが、病院に乱入してきた松前藩士に対し単身立ち上がり、迎え撃つシーンは、一座の仲間たちの芝居懸かった乱入もあって、実に爽快でカタルシスの感じられる名場面だったかと思います。

 ちなみに今回(も)猛烈に面白かったのは蒼鉄先生。絶望に暮れた座長が断崖絶壁の上に立って、ふっと横を見るとキメキメの位置で立っていた蒼鉄先生のタイミングの良さには爆笑しました。
 しかも「あの男は、秋月耀次郎は生きている」と自信満々に座長に請け合った直後に心の中で「そうであってくれねば困る…この私としてもな」と続ける無責任っぷりには、視聴者全員が、ちょっと待てとツッコミを入れたのではないかと思います。

 ちなみに箱館に入ったということもあって、今回新たに何人か実在の人物も登場しました。その一人、箱館病院の医師・高松凌雲は見るからに好人物の青年医師で実に好感が持てます。持てるのですが、病院に集結した赫乃丈一座を見て、「医者や病院の他にも病人の治療法はある。それを見越して茨木殿は・・さすがだ」と感心してしまう辺り、妙におかしい。
 もう一人、新選組ファンにとってはお待ちかねだったのは、市村鉄之助の登場。京では逆恨みホモに付け狙われていて心配しましたが、無事のようで安心しました(それは別の作品だ)。座長の世話を土方に命じられて不満タラタラになる一方で、座長の横顔にどぎまぎしたり、上記の断崖絶壁シーンの後に、座長が身投げすると勘違いして「生きてる方が戦いだ!」とか利いた風なことぬかして(ぬかしてません)飛びついたりと、おいしいシーンが多かったかと思います。

 そんなこんなで虚実ともども盛り上がった今回ですが、台詞一つもないまま一人完全に出遅れた耀次郎m9(^Д^)プギャー
 まあ、前回あれだけ深く刺された上にずいぶん長い間水に浸かっていたようで、それでも生きてた不死身っぷりはさすがに主人公ですが、レギュラーキャラの誰と出会うでもなく、一人海岸に漂着するところがまたらしいというか何というか…


「幕末機関説 いろはにほへと」第1巻(バンダイビジュアル DVDソフト) Amazon

関連記事
 今週のいろはにほへと

 公式
 公式ブログ

|

« 「異聞胸算用」 恐ろしき江戸伝説 | トップページ | 「幕末屍軍団」(短編) 屍者から見た幕末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/14003276

この記事へのトラックバック一覧です: 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十九話「赫逆の五芒星」:

» 「幕末機関説 いろはにほへと」 第19話「赫逆の五芒星」 [ムニ枕のブログ  黒ルルーシュ同盟活動中!]
秋月と遊山の運命とは?そして、戯作者・茨木の真意とは?あ、始まり〜始まり〜 [続きを読む]

受信: 2007.02.22 07:13

» いろはにほへと #19「赫逆の五芒星」 [fluorite]
幕末機関説いろはにほへと 第十九話「赫逆の五芒星」 作画が久しぶりに綺麗。 [続きを読む]

受信: 2007.02.22 09:52

» 幕末機関説いろはにほへと#19 千両役者 [三十路のオタク日記]
秋月を切ってしまったことで   入水自殺でもしそうな赫乃丈   良かった いきなりどっかの南を守護する聖獣みたいには何事もなく復活はしてたらどうしようかと思ってた  だって予告だと凄い元気な声出してたんだもん 断崖絶壁の上に立ち 波間を見ていると    登場するは 蒼鉄先生       なんなんでしょうねこの人、絶対効果的な登場のタイミング狙ってるよ  泣き崩れる赫乃丈に 蒼鉄は秋月が生きてい�... [続きを読む]

受信: 2007.02.22 11:20

» 幕末機関説 いろはにほへと 第19話 [朔夜の桜]
「蒼逆の五芒星」 すごいむせながら泣いてますよ座長。大丈夫? ついに蝦夷地上陸。 おっ市村君もいるじゃん(喜) ピスメが見たい&読みたくなります。 鉄君てばかたくなでかわいい〜。脅迫されてるし。 赤くなるなんて一目ぼれ?でも土方さん大好きですからね。 久しぶりに出番がと思ったら来たんですか! そういえば太夫はどこにいったんだろう。 ヤバっ先生が素敵だ! まだ秋月君は利用価値があるとい�... [続きを読む]

受信: 2007.02.22 11:53

» 幕末機関説 いろはにほへと 第19話 [孤狼Nachtwanderung]
第19話「赫逆の五芒星」 生きて知らねばならぬのだ、己が宿命の真なるを 榎本艦隊は蝦夷に上陸、五芒星の函館五稜郭へ! 赫乃丈は負傷者と共に函館病院へ。 高松凌雲先生は良い先生ですね~♪ そして元新撰組市村鉄之助は土方と赫乃丈のお世話係♪ この鉄之助君、土... [続きを読む]

受信: 2007.02.22 12:40

» 幕末機関説いろはにほへと 第19話 [月の気球]
幕末機関説いろはにほへと 第19話「赫逆の五芒星」 19話!一座の皆も再び集結したり太夫も出て来たり…面白かったです!凄く面白かったんですけど…切ない(泣) 何がって…折角!折角今回は恩田さんの神作画なのになんで耀次郎も(ちょこっと出たけど)神無さんも出ないんですか…!(涙)あああああ楽しみにしてたのに…恩田さんの神無さんが心の底から見たかったです! そして主人公がキャストにいないという恐ろしい事態が発生!(笑) ... [続きを読む]

受信: 2007.02.22 19:22

» 幕末機関説 いろはにほへと 19「赫逆の五芒星」 [はざまの欠片]
舞台は箱館に! 雪の五稜郭…主をなくして寂れております。「主のいない城ほど哀れなものはない。俺たちと一緒だな」って土方さん!そこにいるのはもしや…。 鉄之助ぇぇぇ〜!! カッコいいなぁ、鉄之助。爽やかだなぁ、鉄之助。しかも進藤尚美さんの声じゃござんせんか。耀...... [続きを読む]

受信: 2007.02.22 20:35

» 幕末機関説 いろはにほへと 第19話「赫逆の五芒星」 [WONDER TIME]
『そうであってくれねば困る、この私としてもな――』 『生きてこの宿命の導く先を待つ、あの人と共に――』 遂に舞台は北の地、蝦夷へっ!! 今回は耀次郎の出番が・・・ほとんど無かった(涙) 左京之介の出番も無かった・・ ... [続きを読む]

受信: 2007.02.22 21:26

» 幕末機関説いろはにほへと第19話「赫逆の五芒星」 [こしょぞうさんの叫び]
耀次郎、最後の最後にちょっとだけ出番がありました。よくやった、陸奥の国のわんこ! [続きを読む]

受信: 2007.02.22 22:02

» 幕末機関説いろはにほへと 第19話 『赫逆の五芒星』 [ティンカーベルをください]
鉄ちゃん可愛い'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ やーっと登場してくれた市村鉄之助! 声は進藤さんでかっこ可愛いですvv そして挿入歌は石川さんだったー!!!!もう大好きです!!ヾ(*´∀`*)ノ ※ネタバレあり... [続きを読む]

受信: 2007.02.22 22:47

» 幕末機関説いろはにほへと 第十九話『赫逆の五芒星』 [でりら日記]
がんばれ、赫乃丈。 [続きを読む]

受信: 2007.02.23 00:46

« 「異聞胸算用」 恐ろしき江戸伝説 | トップページ | 「幕末屍軍団」(短編) 屍者から見た幕末 »