« 今日の小ネタ 復活二題 | トップページ | 「天保異聞 妖奇士」 説十八「漂泊者の楽園」 »

2007.02.13

「うそうそ」 いつまでも訪ね求める道程

 「しゃばけ」シリーズ第五弾は、久々の長編。湯治のために江戸を離れた若だんな・一太郎が、箱根の地で思わぬ事件に巻き込まれて大騒動となります。

 地震が頻発する中、湯治と避難をかねて箱根に出かけることになった若だんな。お供は仁吉と佐助の兄やんズに腹違いの兄・松之助、あと鳴家三匹で、賑やかながら平和な度になるかと思いきや、旅に出るなり兄やんズが行方不明という異常事態――二人の若だんなへの忠義と、その真の力から考えれば、これは紛れもない異常事態でしょう――が発生します。
 二人と三匹になってしまった道行きですが、そこにさらに襲いかかるピンチの数々。若だんなを狙う正体不明の武士たちに天狗の群。挙げ句の果ては箱根周辺の住人たちまでもが若だんなを追いかけ回すことに。若だんながモテモテなのは今に始まったことではないですが、ちょっと今回は度を超しております。
 が、その中で一人、若だんなを毛嫌いする謎の少女が登場。この少女こそは本作の真・ヒロイン、お比女ちゃんであります。なりは幼いけれども実は彼女、悲しい過去を持つ姫神さまで…

 あまりネタばらしすると興を削ぐので、あまり詳細には書きませんが、何故彼女が若だんなを毛嫌いするか、その理由こそが、一連の大騒動の原因であり、そして本作のテーマにつながってきます。
 中身を知ればその理由、なあんだと拍子抜けするかもしれませんが、当人にしてみれば大問題と言ってよいでしょう。どれほど恵まれた暮らしを送っても、どうしても見つからないもの。自分が恵まれていると自覚しているだけに、そんな悩みを持っていること自体に罪悪感を感じてしまって、さらに気は重く…一緒にするなと言われそうですが、個人的にそういう類の悩みを抱えたことがあるだけに、比女の悩み・辛さには十分共感できます。

 悩みというものは決して絶対的な尺度で量れるものではなく、人それぞれに軽重があるもの。他人からは贅沢な悩みのように思えても、当人にとってみれば本当に辛いものであるかもしれない。
 心優しいだけでなく、比女とはどこか似たもの同士である若だんなが、彼女のそんな悩みを理解して、その心を開き、力になろうとする姿が、なんとも微笑ましく、かつ頼もしく思えました。

 そしてまた、若だんなや比女に限らず、誰もが悩みや望みを持ち、それぞれの形でその想いの重さに惑う姿が、本作では時にユーモラスに、時に大まじめに描かれていくこととなります。そのそれぞれの想いが重なって、一つのクライマックスを迎えるわけですが…
 そこで比女が見せた行動は、全てを解決する唯一絶対の解答ではないものの、一生をかけて訪ね求めていく長い道のりへの、その第一歩として、大いに尊重されるべきものでしょう。

 久しぶりの長編、そして舞台が舞台ということで、これまでの作品に比べて違和感を抱く方もいるかもしれませんが、しかし、このシリーズらしい、賑やかで楽しい外見の中の苦い現実と、それに対する優しい眼差しは、本作でも健在と自信を持って言えます。

 まだまだ若だんながうそうそと訪ね求める道のりも長く険しいものかと思いますが、それでも若だんなが、そして登場人物・妖物みんなが、どんな風にこの先歩んでいくのか、これからも見つめていきたいと思います。

 それにしても…やっぱりお似合いだと思うんだがなあ。
 上で紹介しそびれましたが、おそらく本作での好感度ナンバーワンの大人キャラ・雲助の新龍さんともども、比女ちゃんにも再登場していただきたいものです。


「うそうそ」(畠中恵 新潮社) Amazon bk1


関連記事
 しゃばけ
 「ぬしさまへ」 妖の在りようと人の在りようの狭間で
 「みぃつけた」 愉しく、心和む一冊
 「ねこのばば」 間口が広くて奥も深い、理想的世界
 「おまけのこ」 しゃばけというジャンル

 公式サイト

|

« 今日の小ネタ 復活二題 | トップページ | 「天保異聞 妖奇士」 説十八「漂泊者の楽園」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/13888924

この記事へのトラックバック一覧です: 「うそうそ」 いつまでも訪ね求める道程:

» 「うそうそ」畠中恵 [AOCHAN-Blog]
タイトル:うそうそ 著者  :畠中恵 出版社 :新潮社 読書期間:2006/08/17 - 2006/08/20 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 日本橋の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいた。その上、病だけでは足りず頭に怪我まで負ったため、主に大甘の二人の手代、兄・松之助と箱根へ湯治に行くことに!初めての旅に張り切る若だんなだったが、誘拐事件、天狗の襲撃、謎の少女の出現と、旅の雲行きはどんどん怪... [続きを読む]

受信: 2007.02.13 13:25

» うそうそ 畠中恵 新潮社 [おいしい本箱Diary]
身体の弱い若旦那と、妖(あやかし)たちが繰り広げる 人気シリーズ、第五弾。今回は長編です。なんと湯治にでかけた 若旦那!でも、やはりドタバタに巻き込まれれてしまって・・・。 ちょっとハラハラしました。... [続きを読む]

受信: 2007.02.14 22:53

» 『うそうそ』畠中恵 [道草読書のススメ]
シェアブログ1152に投稿 ななななんと!!あの若だんなが箱根まで湯治へ行くことに。 初めてお江戸を離れる今回のお話に、私までもが興奮気味でございます。 そんな若だんなの、一筋縄ではいかない旅模様と、 明日を、己を... [続きを読む]

受信: 2007.02.15 00:16

» うそうそ 畠中恵 [粋な提案]
装画・挿画は柴田ゆう。 2001年「しゃばけ」で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞デビュー。しゃばけシリーズ「ぬしさまへ」「ねこのばば」「おまけのこ」。ほかに「ゆめつげ」「とっても不幸な幸運... [続きを読む]

受信: 2007.02.15 15:40

» 『うそうそ』畠中恵 [今夜、地球の裏側で]
うそうそ畠中 恵 新潮社 2006-05-30売り上げランキング : 673おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools  日本橋の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいた。その上、病だけでは足りず頭に怪我まで負ったため、主に大甘の二人の手代、兄・松之助と箱根へ湯治に行くことに!初めての旅に張り切る若だんなだったが、誘拐事件、天狗の襲撃、謎の少女の出現と、旅の雲行きはどんどん怪しくなっていき…。大好評「しゃばけ」シリーズ第五弾。(... [続きを読む]

受信: 2007.02.15 20:21

» 「うそうそ」 畠中恵 [コンパス・ローズ ]
うそうそ 畠中 恵 若だんな、旅に出る!「しゃばけ」シリーズ第五弾は久々の長編。 実はまだ四作目の『おまけのこ』を読んでいない。文庫じゃないから図書館で借りようと思っているうちに次が出てしまった。しまった!(こんなところで冗談を言ってもせんないことではあるが) 今度はあの病弱で外出もままならない若だんなが、旅に出るというではないか。そんな大それたこと、よくぞ妖の兄やふたりが許したものだと思ったら、湯治のためだとういう。病弱だけでは事足りず、頭に怪我まで負ったのだった。 一太郎、仁吉、佐... [続きを読む]

受信: 2007.02.15 20:35

« 今日の小ネタ 復活二題 | トップページ | 「天保異聞 妖奇士」 説十八「漂泊者の楽園」 »