« 「平安陰陽奇譚 天狗変」 若き陰陽師、天狗の怪に挑む | トップページ | 「天保異聞 妖奇士」 説十七「幽世」 »

2007.02.03

「幕末機関説 いろはにほへと」 第十七話「議無用なり」

 耀次郎と別れて仙台に入った土方は、弱腰の諸藩の態度に業を煮やすが、その場に榎本の名代として参加していた蒼鉄の笑みが印象に残るのだった。一方、耀次郎は赫乃丈を巻き込まないために行動を別にしようとするが、赫乃丈は自分も耀次郎と同じ宿命があると一手指南を求める。その頃、土方の来訪を受けた蒼鉄は、土方が新たに仕えるべき主君、新たに戦うべき戦場を提示する…

○島田ごついよ島田。耀次郎や土方と同じ世界の住人とは思えません。土方はあっさりと耀次郎と別れて島田たちの方へ行ってしまうのが残念。

○荒事の似合う歌舞伎者を欲しいという榎本の言葉(蒼鉄談)に従い、土方たちを乗せようとする蒼鉄。榎本は引きこもりとのことですが、蒼鉄に「君の書いた台本を写しているのではあるまいな?」って鋭い言葉を投げかけたブリュネに対する蒼鉄先生の顔が悪すぎて愉快です。

○食道楽つながりの師匠の口利きでお寺に厄介になる耀次郎。と思いきや和尚は「しょくはしょくでも色の方じゃがの」と。耀次郎逃げて逃げてー(そっちか)と思っていたら、突然機嫌を悪くしたような顔で耀次郎はどこかに行ってしまいます。カップル扱いに腹を立てた?

○青葉城の軍議にいつの間にか加わっている蒼鉄先生。弱気過ぎる東北人たちに業を煮やして立ち上がる土方が脇を通った時に「さすがは土方様…」と呟いて土方の注意を引く蒼鉄先生がいやらしすぎます。それにしてもこのシーンの恭順派の重臣たち、妙にカリカチュアしてあって東北出身者としては見ていてあまり気分良くないシーンです

○一方、何だか久々感のあるチーム神無(と、公式サイトに書いてあった)。チェス部隊は榎本艦を自分たちだけで落としてみせると豪語していますが、それって失敗フラグだと思います

○やたら気の利く和尚さんに食べ物を持たされて耀次郎を追う座長ですが、耀次郎はものっそ不機嫌そうなツラ。「巻き込みたくない」「道が違う」「思いこみ」「帰ってくれ」とたたみ掛けるように座長に言い放ちますが、単に拗ねているようにしか見えないのは耀次郎の人徳。一方、説得が効かぬと見るや手鞠唄を歌い出す座長ですが、こちらも効果なし。端から見ていたら面白いカップルだな…

○一方、城から帰って稽古に汗を流しながらも蒼鉄先生のことが頭から離れない土方。そりゃあ蒼鉄先生は魔性の男だからな。思わせぶりな態度で人の気を引くことでは天下一品です。

○血相変えて刀を掴んで飛び出す座長に慌てる和尚。それはさすがに勘違いでしょう…と思ったら、一手御指南をと言いつつ耀次郎に白刃を向けたのでこっちも驚きました。一方、ついに蒼鉄のところにやってきた土方。主君のために死ぬと言い切る土方に、蒼鉄先生は「徳川は滅びますよ」と断言して土方を激昂させますが…。この辺り、二組のカップル(違 の対峙を交互に描く演出がちょっと面白いですね。

○土方の一撃をかわして文字通り懐に飛び込んだ蒼鉄先生は、なおも徳川は滅ぶと繰り返し、土方の心を揺さぶります。一方、滅茶苦茶に突っ込んできた座長をかわしたら勢い余って崖から落ちかかったので抱き留める耀次郎。この辺りの対比が蒼鉄と耀次郎の人物の違いを表しているようで愉快です。

○チェス部隊の攻撃が続く中、いきなり艦砲をブッ放す榎本。煙の中に傲然と立つ姿は、貫目が違います。

○白月涙刀を持ったストーカーに弱っていますという耀次郎の手紙に「まずいぞ…」と呟く聖天様。やはりOP映像のように、二人が対峙することになるのでしょうか。

○榎本が撃った大砲を、土方を迎えるための祝砲と言い、さらに榎本艦隊への参加者リストを見せた上に、「あなたには直にご署名を」と筆を差し出す蒼鉄先生の口説きテクニックにはもうなんと言ってよいのやら…このシーンの蒼鉄先生は、大げさに言えば、ファウスト博士を誘うメフィストフェレスのようでありました。


 さて、もう今回はひたすら蒼鉄先生のたらしっぷりが全てと言ってよいように思いました。思わせぶりな態度で引き寄せて、いきなり相手の信じていたものを完全否定した上で、動揺したところにその代わりとなるものをちらつかせて誘うというのは、実際に宗教の勧誘等であるテクニックですが、天下の土方相手にそれをしれっとした顔でやってしまうのが恐ろしい。覇者の首なんぞよりもよっぽどこちらを封印する必要があると思います。
 それに比べて、おぼこい座長一人の扱いに困ってわたわたする耀次郎ときたら…らしいと言えばらしいのですが、人間の格が違いすぎて可哀想にすらなってきます(まあ、部下からハブられて出番なくなるヤツの方がもっと可哀想ですが)。
 そして次回、何だかよくわかりませんが耀次郎はひどい目に遭うようですが…白月涙刀に斬られた?


「幕末機関説 いろはにほへと」第1巻(バンダイビジュアル DVDソフト) Amazon

関連記事
 今週のいろはにほへと

 公式
 公式ブログ

|

« 「平安陰陽奇譚 天狗変」 若き陰陽師、天狗の怪に挑む | トップページ | 「天保異聞 妖奇士」 説十七「幽世」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/13772820

この記事へのトラックバック一覧です: 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十七話「議無用なり」:

» 幕末機関説いろはにほへと 第17話 [本を読みながら日記をつけるBlog]
「議無用なり」 死に華を咲かせましょうか [続きを読む]

受信: 2007.02.03 18:40

» 幕末機関説 いろはにほへと#17 スカウト [三十路のオタク日記]
蒼鉄先生  久々に主役登場  荒事が得意な人が欲しいな〜と思ってました。   そして始まるは仙台での軍議  どいつもこいつも 腰抜けさ   鼻で笑っちゃう先生  しかし 一人   「武士が戦って死ぬ事に何の無駄があろうかっ!!」    格好良すぎです 土方さん あなたが後半の主役だ  気を吐く御仁がいるではないか   ビビッと感じた先生 早速スカウト開始  怒って出て行く土方に �... [続きを読む]

受信: 2007.02.03 18:52

» 「幕末機関説いろはにほへと」第17話 [日々“是”精進!]
第十七話「議無用なり」(2月16日正午まで配信)仙台・松島湾に榎本率いる旧幕府艦隊が入港する。仙台城では、奥羽越列藩同盟の諸藩の代表者が集まり軍議が開かれていた。しかし、新政府軍の猛攻の前に、彼らの戦意は阻喪明らかに及び腰だ。そんな態度に業を煮やした土...... [続きを読む]

受信: 2007.02.03 19:15

» いろはにほへと #17 議無用なり [ひねもす のたり のたり かな ver.2]
某国営放送の大河ですが、幕末モノは外れるという法則があるんだそう。 戦国モノは合... [続きを読む]

受信: 2007.02.03 19:28

» 『幕末機関説いとはにほへと』#17 [ジャスタウェイの日記]
== *第17話「議無用なり」 == ||#ffffff style= width:585;height:50;font:bold 20;color:red;text-align:center;font-family:MS明朝; ``土方さんが狙われた!?|| 「我が軍には、荒事の似合う歌舞伎者が欲しいのです…」 うわ〜蒼鉄の狙いはやっぱり土方さんしかいないでしょっ! === 「なぜだ――なぜここまで..... [続きを読む]

受信: 2007.02.03 20:22

» 幕末機関説 いろはにほへと 17「議無用なり」 [はざまの欠片]
「我が軍には、荒事の似合う歌舞伎者が欲しいのです…」 土方と耀次郎は松島で一旦お別れ…。しかーし!蒼鉄先生が熱いまなざしで鬼の副長ロックオンです。土方歳三=市川団十郎。…何やら素敵なヒビキ♪ 「なぜここまで気になる!」と印象付けておいて、口説きにかかる蒼....... [続きを読む]

受信: 2007.02.03 20:59

» 幕末機関説 いろはにほへと 第17話「義無用なり」 [WONDER TIME]
「さすがは土方様」 「貴公 ただの名代などでは無いな・・」 遂に蒼鉄さんが土方さんに接触―っ!!! そして久し振りに左京之介登場っ!!! ・・・今回は作画が微妙でしたね・・・(苦笑) 感想は続きからどうぞっ!! 幕末機関説 い... [続きを読む]

受信: 2007.02.03 22:11

» 幕末機関説いろはにほへと「議無用なり」 [Anochecerblog]
今週も引き続き土方さんが格好良かったです。そして神無が久々に登場したものの、セリフ・・・一言くらい?土方さんと茨木蒼鉄のやりとりは、重厚で見応えあった〜〜しかも目の保養♪ちらりと島田魁と相馬主計も登場したので、なんとなく嬉しかったりする。これで鉄くんも...... [続きを読む]

受信: 2007.02.03 22:26

» 幕末機関説 いろはにほへと #17 「議無用なり」 [マンガに恋する女の ゆるゆるライフ]
聖天様はいつも食べ物と一緒に登場し、言葉遊びするのですね^^ ・・・で今回は干し柿が未だ出来上がっておらず渋かった!? 「不味い・・・」 耀次郎の月涙刀と、赫乃丈の月涙刀が一緒にあると 何か『不味い』ことでもあ... [続きを読む]

受信: 2007.02.04 00:03

» いろはにほへと 第十七話 [ビヰドロ記]
    「議無用なり」感想。     副長に続いて、島田魁と相馬主計も登場。洋装 [続きを読む]

受信: 2007.02.04 00:40

» 幕末機関説 いろはにほへと 第17話 『議無用なり』 [ティンカーベルをください]
神無左京之介 おひさし! 赤服セーラーでお久しぶりの登場を果たした神無w 指揮官として認められてるのかいないのか、微妙なところがまた(・∀・)イイ!! ※ネタバレあり&赫乃丈好きさんには優しくないです、本当に。... [続きを読む]

受信: 2007.02.04 13:42

» 「幕末機関説 いろはにほへと」 第17話「議 無用なり」 [ムニ枕のブログ  黒ルルーシュ同盟活動中!]
土方さんが”荒事の似合う歌舞伎モノ”? 戯作者・茨木は人を舞台に上げるのが上手い! [続きを読む]

受信: 2007.02.05 09:09

» 幕末機関説 いろはにほへと 第17話 [孤狼Nachtwanderung]
第17話「議無用なり」 歳三&蒼鉄のニャンニャン!? 「我が軍には荒事の似合う歌舞伎者が欲しいのです」 仙台青葉城に土方登城! 榎本艦隊も松島湾に入港し、蒼鉄が船室でヒッキーしちゃってる榎本の名代として青葉城に登城! 軍議の中、ひたすら熱い視線を土方に... [続きを読む]

受信: 2007.02.05 22:57

» 幕末機関説いろはにほへと・第17話『議無用なり』 [そんなん、アカンやん。]
幕府と云う国の拠代が無くなる時。 そこに殉じようとする武士魂。 何とか逃れようともがく輩達。 そして その混乱に乗じて 国家に成り代わろうとする者達。 蒼鉄の企みか。 榎本の企みか。 彼等は大事の前に土方を欲する。 徳川を守るのではなく、新たな国家の礎として。 仙..... [続きを読む]

受信: 2007.02.07 02:53

« 「平安陰陽奇譚 天狗変」 若き陰陽師、天狗の怪に挑む | トップページ | 「天保異聞 妖奇士」 説十七「幽世」 »