« 「殺しはエレキテル 曇斎先生事件帳」 美しき幻の大坂 | トップページ | 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十八話「宿命哀れなり」 »

2007.02.10

「サムライスピリッツ」(内藤泰弘版)(再録)

 長らく探した末、ついに発見した「トライガン」の内藤泰弘版「サムライスピリッツ」。ネットオークションなどではプレミア付き(と言ってもだいぶ安めですが)なのですが、近所の古本屋で300円くらいで買えて非常にラッキー。

 さてこの作品、内容的には一作目を基にしていますが、登場する敵キャラクターは、ボスの天草四郎を除きほとんど全てオリジナル。ストーリー展開も(…って、ゲーム中のストーリーはあって無きがごとしなのですが)オリジナルで、覇王丸と共に旅を続ける少年・小綱(オリジナルキャラ)の視点から物語を描いていくのがなかなか面白いところでありました。

 が、敵のデザインやら敵の所業が非常にグロテスク、悪趣味で、ちょっと、いやかなりインパクトがありました(よく小学生も読むゲーム雑誌上でやったもので…)。さらに作中の死者も尋常ではなく、一言でいえば、「先生、殺しすぎです」。とても不殺のガンマンが主人公の漫画と同じ作者とは思えない。

 とはいえ、初連載作品(?)でありながら絵柄やキャラクター描写についてはかなりの完成度であり、特に主人公の覇王丸については、その豪快さをうまく描き出せていたのではないでしょうか。
 また、クライマックスの決戦でピンチに陥った覇王丸たちの前に、かつて覇王丸が闘った剣士たちが駆けつけるシーンも、お約束ではありながら(というか、作中では皆このシーンがほとんど初登場なのですが、それが逆にインパクト大)実に格好良く描けていたと思います。惜しむらくは単行本わずか一冊であったためか、ラストが盛り上がってきたところでプツン、となってしまっており、これがせめてもう一巻多ければ、と思わずにはいられません。

 …それにしても小綱、もしかしてシリーズ第3作の「斬紅郎無双剣」で初登場した緋雨閑丸の元ネタ(の一つ)になったのでは、と、いらん勘繰り。


「サムライスピリッツ」(内藤泰弘 トクマインターメディアコミックス) Amazon 

|

« 「殺しはエレキテル 曇斎先生事件帳」 美しき幻の大坂 | トップページ | 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十八話「宿命哀れなり」 »

コメント

始めまして。いつも楽しく拝見させております。
サムスピ漫画ですが、内藤先生は「不殺」のトライガンを
書いたりしてますが、基本的には某チャンピオンの山賢先生と同じく「モツいのち」な人なので、
まあ好きに書かせたらああなるのかなあという気がします。
とにもかくにも「覇王丸に惚れた!」という意気込みが感じられるところがポイント高いかと。
あと後表紙の鷹のカラー絵。

あの作品でキャプテンの連載が決まり、
「刀でモツモツな作品やったから、次はじゃあガンマンにしよう」てんで、トライガンを構想したとも仰っており、色々と重要なターニングポイントになった作品ではないかと思います。

投稿: ねこねこねこ | 2007.02.11 13:53

ねこねこねこ様、はじめまして。コメントをどうもありがとうございます。

そうですか、内藤先生もモツ好きだったのですか! しかも山賢先生並みというのは大変なことですね。
僕は「トライガンマキシマム」から読み始めた人間なので、それ以前の話は参考になります。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: 三田主水 | 2007.02.11 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/13854298

この記事へのトラックバック一覧です: 「サムライスピリッツ」(内藤泰弘版)(再録):

« 「殺しはエレキテル 曇斎先生事件帳」 美しき幻の大坂 | トップページ | 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十八話「宿命哀れなり」 »