« 作品集成かなり更新 | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 三パーティ制導入? »

2007.05.08

今日の小ネタ 訃報から新帝都まで

 ゴールデンウィーク終了ですが/なので淡々と小ネタですよ。
池宮彰一郎先生死去
 池宮先生については、私はあまり良い読者ではないので、多くを語ることはできません。ただただご冥福をお祈りするのみです。
 しかし、これは今言っても詮無いことではありますが、先生がもう少し早く作家として活動を始められていれば…という思いは――隆慶一郎先生と同様――やはり強くあります。


「御庭番・明楽伊織」連載開始
 あの幕末バイオレンスアクションの名作「明楽と孫蔵」を思わせるタイトルの新作が、角川書店の「コミックチャージ」第5号(次号)から連載開始とのこと。もちろん、作者は森田信吾先生です。
 行田に行った時に「ゼリーフライ」の看板を見て興奮したくらい森田ファンの私にとっては実に嬉しいニュースですが、果たして続編なのかリメイクか、そしてタイトルにいない孫蔵爺さんはどうなったのか、大いに気になるところです。
 ちなみに、発刊当初から連載は予定されていたのですね。


今泉伸二先生、「悪忍 加藤段蔵無頼伝」を漫画化?
 6月15日発売の「週刊コミックバンチ」29号から、今泉伸二先生が海道龍一朗先生の「惡忍 加藤段蔵無頼伝」を漫画化とのこと。現在ネット上では葵屋様に情報が掲載されているだけのようですが、今泉先生のサイトにはそれらしきキャラクターたちの画像が公開されています。正直、意外な取り合わせだと思いましたが、意外といい感じの絵ですね。
 しかし、「惡忍」も「海道龍一朗」も大変に字を間違えやすいですね。


ほしのあきがお姫様役に!「仮面ライダーに守ってほしーの」
 RSSリーダーで「時代劇」キーワードにやたらほしのあきが引っかかっていたので、「またアクセス目当ての出鱈目キーワード設定か」と思ったら…大変失礼いたしました。「仮面ライダー電王」劇場版で、恐竜時代や江戸時代にタイムスリップする中で、ほしのあきはあの千姫役で出演とのこと。
 別の記事では「白倉伸一郎プロデューサー(41)は「全く違和感がない。時空を超えるテーマと、年齢を超えたほしのさんの可愛さがぴったり」」とか言ってますがさすが白倉P如才ないな! これで脚本が敏樹だったら言うことないのに…
 ほしのあきについてはノーコメント。そんなに胸出したかったらおゆらさん役でもやればいいのに(千姫との対比で挙げたので他意はありません)。


「新帝都物語」六月に発売?
 最後に新刊情報から。六月に角川書店から「新帝都物語」が遂に刊行されるとのことです。同時期に連載されながら、同様にいつまで経っても単行本化されなかった「帝都幻談」が先日登場したばかりですが、こちらもいよいよ刊行とはめでたい。予定では江戸時代末期から明治初頭の物語になるはずですが、さて。
 果たして予定通り六月に出るかだけが心配ではありますが…


和泉元彌が「陰陽師」を踊る
 おまけ。正雪が矢部野彦麿に…もはや何でもありですな。だがそれがいい。
 記事の方はドワンゴの話ばかりで悲しいです。

|

« 作品集成かなり更新 | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 三パーティ制導入? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/14993952

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の小ネタ 訃報から新帝都まで:

« 作品集成かなり更新 | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 三パーティ制導入? »