« 「幸福を売る侍」「殿さま浪人」 幸福への第一歩 | トップページ | 「oguna takeru-SUSANOH~魔性の剣より-外伝」 その変化の重みは »

2007.06.08

この一週間ばかりの小ネタ 「シグルイ」二題ほか

この一週間ほどの小ネタですよ。マイミクさんからの情報も参考にしつつ。
アニメ「シグルイ」キャスト等発表
 気がついたらアニメ版「シグルイ」のキャスト・スタッフ等が発表となっていました。
 な、浪川さんが時代劇でまた主役…あの仏頂面侍っぷりが評価されたのかしら(いや、わずかな台詞で感情の動きを見せることができるのはすごいことです)。間違えてもGUN道の方じゃないと思いますが。
 そして対する伊良子は何と佐々木望。美形声ではありますが、あんまり伊良子タイプのキャラの印象ではなかっただけにちょっと意外ですが、色々あってシブくなったあのお声の伊良子はなかなかハマるかもしれません。

 そして虎眼先生の声は、実は漫画読んでいる時に脳内アテレコしていた方だったので個人的には滅茶苦茶うれしい。というより他にいないでしょう。
 その他、虎子の皆さんがあまりにも豪華キャストで…この面子であの名(ネタ)台詞の数々を言っていただけるかと思うとワクワクします。特に、ちゅぱ右衛門の島田敏がある意味最高、ある意味最悪。

そして今回のビックサプライズ、ある意味若先生の良心を象徴するというべき堀江美都子様が特別出演! 若先生はもうすっかり血の内臓と男の裸の人になってしまったのかと思いましたが(それは昔から)、堀江美都子様のことは忘れてなかったんですね!
 …しかしよりによって涼之介に。


若本規夫氏による「シグルイ朗読CD」!?
 06月05日の項参照。あの「チャンピオンRED」誌10月号の付録として、若本規夫氏による「シグルイ」原作の「無明逆流れ」朗読CDが! これが秋田書店のサイトに書かれたものでなければ、絶対ネタとしか思えなかったであろうお話ですが、いやはや、空気を読むにもほどがある。今から購入決定。


「ONI零 -戦国乱世百花繚乱-」情報公開開始
 先日の小ネタでも触れましたが、「ONI零」最新作の情報公開が開始されました。選択できる主人公キャラが最終的には十五人以上というのは、何だか格ゲーチックですね。今のところ「転身」のての字もありませんが…ストーリーやキャラクターを見ると、強烈な飯島テイストが感じられますね。


美しい!Gackt景虎が見参
 個人的に放送開始当初の期待を遙かに上回る面白さの「風林火山」ですが、ついに六月十七日放送回からお屋方様の宿命のライバル・長尾景虎が登場。演じるのはあのGackt様でありまして…水干にロングヘアという、一体どこの陰陽師? スタイルがあまりにも期待通り過ぎて感動を覚えます。
 ちなみに動く景虎様はこちら(超ネタバレ注意)

 …これは赤マフラー以来の逸材かもしれんですよ? 

 そして毎回毎回「勘助。」とお屋方様に呼びつけられては無理難題をふっかけられている可哀想な主人公を演じている内野聖陽さんは
>迎える内野は「なんと美しい景虎。
と既に役に入っちゃっているようですが、ただでさえ味方(うち五割はお屋方様、四割は姫様)から毎回虐められているところに、ここで最大の強敵が加わるというわけで、勘助の困りっぷりにも更に磨きがかかりそうです。

|

« 「幸福を売る侍」「殿さま浪人」 幸福への第一歩 | トップページ | 「oguna takeru-SUSANOH~魔性の剣より-外伝」 その変化の重みは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/15351333

この記事へのトラックバック一覧です: この一週間ばかりの小ネタ 「シグルイ」二題ほか:

« 「幸福を売る侍」「殿さま浪人」 幸福への第一歩 | トップページ | 「oguna takeru-SUSANOH~魔性の剣より-外伝」 その変化の重みは »