« 「大江戸ロケット」 拾五発目「突然! 正月に大空爆」 | トップページ | 「モノノ怪」 第二話「座敷童子 後編」 »

2007.07.22

八月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 梅雨なんだかそうでないのかすっきりしないうちに夏はやってきて、八月の時代伝奇アイテム発売スケジュール更新です。

 八月は文庫の小説よりも漫画の方が充実の印象。文庫で目に付くのは、版元とタイトルからして辻風弥十郎シリーズ第二部と思しき牧秀彦先生の「無頼剣の施風(仮)」と、八月も連続刊行と絶好調なんだけどタイトルのセンスは相変わらずの風野先生の「耳袋秘帖 谷中黒猫殺人事件」、そしてネット上で私くらいしか注目してないんじゃないかと心配になる城駿一郎先生の「神保鏡四郎事件控」の最新巻くらいでしょうか。おっと、中国もので既刊の文庫化ですが、田中芳樹先生の「岳飛伝」が刊行開始です。

 一方、漫画の方ではいよいよアニメ放送開始の「シグルイ」第九巻の登場。藤木vs伊良子の死闘と、牛股師範代の大暴走が描かれます。と、第九巻と同時に、「シグルイ奥義秘伝書」なる書籍が発売されるようですが、これはいわゆるムックや解説本と思われます。この手の本には、正直外れも多いのですが(「修○の刻」とか「バ○リスク」とか)、さてどうなることでありましょう。
 また、講談社からは、この冬に「シリウス」誌に掲載されたホラーコミック特集の単行本化と思われる「怪奇宴」が登場、朝松先生の「ぬばたま一休」シリーズの漫画化である「紅紫の契り」が掲載されるはずです。しすて、しばらく単行本が出ていなかった「九十九眠るしずめ」が、「明治17年編」と仕切直して続巻の刊行開始の模様。
 その他、「ガゴゼ」の第三巻や、雑誌もろともどこかに消え去ったかと思われた「東京事件」第一巻(この作品、ジャンルは何と言ったらよいのかしら…)に注目です。

 さて映像作品ですが、何と言っても注目は新作エピソード「奇士神曲」の獄一「嘆きの河」が収録される「天保異聞 妖奇士」第六巻が必見(ちなみに七月に第五巻が発売されるのを前回更新時に書き忘れておりました。何やってるんだ)。何だか本当にDVDが売れてないみたいで真剣に心配ですが、私はもちろん買ってます。新作のレビューも当然書くよ!
 と、その一方でえらい傾向が違って恐縮ですが、「まんが水戸黄門」がDVD-BOX化されるというのはちょっとしたニュースだと思います。
 また、香港の歴史アクション大作(って間違ってはいないんだけど似合わない表現だな…)「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのうち、ジェット・リー&ツイ・ハークの三部作が再DVD化。ド派手なアクションを展開しながらも、いかにもツイ・ハークらしいテーマ性が盛り込まれた傑作群であります。何と言っても第二作「天地大乱」が最高なので、万が一未見の方は是非。あと、ゲキレンジャーファンも! と、その陰で「迎春閣之風波」がDVDに! これはびっくり。

 最後にゲームですが、PS2用の「戦国無双2 猛将伝」が発売となります(それに合わせてか、「戦国無双2」がベスト化)。にしても毎度限定版がもの凄い無双シリーズですが、今回は通常版を含めて四バージョン発売というのは、さすがにどーなんでしょう。次回作がPS3で爆死確定なだけにここで稼いでおこうというのかしら…
 が、私にとっての大本命は、ニンテンドーDS用の「ONI零 戦国乱世百花繚乱」。いや、わかってる! 地雷なのはよくわかってるんだが、あえて飛び込む狂…いや侠気を買って下さい。

|

« 「大江戸ロケット」 拾五発目「突然! 正月に大空爆」 | トップページ | 「モノノ怪」 第二話「座敷童子 後編」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/15845514

この記事へのトラックバック一覧です: 八月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

» 戦国無双KATANA [戦国無双KATANA]
戦国無双KATANAについてのお得な情報です。 [続きを読む]

受信: 2007.07.23 23:40

« 「大江戸ロケット」 拾五発目「突然! 正月に大空爆」 | トップページ | 「モノノ怪」 第二話「座敷童子 後編」 »