« 「遊部」 変わらぬ秘宝と移ろう人と | トップページ | 「モノノ怪」 第十一話「化猫 二ノ幕」 »

2007.09.21

10月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 まだまだ暑い日が続きますが、気がつけばもう九月も残りわずかでそろそろ季節は秋。秋と言えば読書の秋、芸術の秋というわけで、十月の時代伝奇アイテム発売スケジュールです。

 十月の新刊文庫で目に付くのは、ようやく文庫化! の鈴木英治先生「血の城」でしょうか(ご祝儀かしら<何の?)。その他に気になるのは上下巻に分かれて新装版で登場の司馬遼「妖怪」あたりかと思います。十月もちょっと寂しいですね。
 漫画の方では、九月に元祖(?)が出たのでたぶん…と思っていた「新 変身忍者嵐」が登場。狙い所はわからんでもないが理不尽過ぎるオチはある意味必見です。また、「乱飛乱外」の最新第四巻漫画版「天保異聞 妖奇士」最終第二巻が発売されるほか、漫画版の「大江戸ロケット」第一巻が発売。大江戸からギャグを抜くとこうなるのか…と感心してしまったり。
 しかし個人的に一番の注目は、あの島崎譲先生が山風原作で贈る「花かんざし捕物帖」第一巻です。タイトルで何となく想像がつくかと思いますが、原作は「おんな牢秘抄」。山風と島崎先生というのは合うようで合わない気もしてきましたが、この作品だったらイメージに合いそうですね。

 …と、書籍はこんな感じですが、十月でもの凄いのは映像ソフトの充実ぶり。何せ、この夏に放映されていた時代劇アニメ三作――すなわち、「大江戸ロケット」「シグルイ」「モノノ怪」――がリリーススタートされるほか、「天保異聞 妖奇士」の真の最終話が収録された最終第八巻も登場という、嬉しいような困ったようなの発売ラッシュです。
(ちなみに「モノノ怪」の初回限定特典はブックレットとのことで要チェック。また、「妖奇士」にもブックレットが付くはずですが、以前付いたものが、思わずブログで記事にしてしまったほど出来が良かったので今回も期待です)
 また、旧作のDVD化では、「大魔神」三部作が一気に登場…するのも嬉しいですが、何と言っても絶対見逃せないのはあの「日本怪談劇場」のBOX化。以前バラでDVD化されていましたが、既にプレミアが付いていたものが一気に手に入れられるというのは、本当にお買い得だと思います。
 その他、中国ネタでは、私がこよなく愛する古龍原作の「大旗英雄伝」がソフト化。これに合わせて邦訳してくれないかしら…そしても一つ、何故か「片腕ドラゴン」が(しかも二バージョン)発売されるのも気になります(十月は「直撃地獄拳 大逆転」も発売されるので日中バカカラテ映画揃い踏みですな…)

|

« 「遊部」 変わらぬ秘宝と移ろう人と | トップページ | 「モノノ怪」 第十一話「化猫 二ノ幕」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/16524402

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 「遊部」 変わらぬ秘宝と移ろう人と | トップページ | 「モノノ怪」 第十一話「化猫 二ノ幕」 »