« 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 クライマックス目前 | トップページ | 「大江戸ロケット」 廿五発目「匠の仕事が月に哭いて……」 »

2007.09.25

「戦国無双KATANA」 リモコンでプレイする無双の味

 今月20日にWii用ゲームソフト「戦国無双KATANA」が発売されました。
 「戦国無双」といえばコーエーのドル箱シリーズの一つですが、そのタイトルがWiiリモコン用に大きくアレンジされて登場ということで大いに気になっていたので早速購入、しばしプレイしてみたのでその紹介を。

 この「戦国無双KATANA」ですが、一言でいえば、メインはガンシューティング。要するに、敵キャラに表示されたターゲットマーカーにリモコンのポインタを合わせて攻撃、というシステムです。通常攻撃はこのポインティングによる攻撃となりますが、近距離武器のチャージ攻撃と無双奥義については、リモコンを振っての操作となります。
 リモコンでとなると、面倒臭いイメージがありますが、これが意外と好感触。確かに通常攻撃までこれだったら腕が死にますが、使う機会は限られているわけで、それほど負担になりませんし、何よりもプレイ中の良いアクセントになっているように感じられました。
 刀の無双奥義の場合は縦横に、槍の無双奥義の場合は前後にリモコンを振ることになりますが、これもごっこ遊び的な楽しさもあったりして…(何、恥ずかしい? TVゲームなんて基本的に恥ずかしいものです)。リモコンの感度も悪くないのではないかと思います。
 ちなみに武装は近距離用と遠距離用の二つを装備しているので、まず遠くの敵に鉄砲を食らわせてから、生き残って近寄ってきたのを刀で斬る、あるいは刀で斬ってのけぞったところに鉛玉を叩き込む、という戦いもできるのは楽しいですね(これが戦国の戦い方に相応しいかは別として…)

 この辺りは無双のシステムをWiiにそのまま落とし込んだという感がありますが、ガンシューとなってこれまでとシステム的に大きく異なったのは、移動形式でしょう。従来の無双は、基本的に広いステージの中を自由に走り回って戦うスタイルでしたが、ガンシューである本作では、原則として移動は自動、つまり強制スクロールということになります。
 ゲームの性質上、これはこれで仕方ない面もあるのですが、やはり何だか違和感――というより「遊ばされている」感が強いのは事実。無双の豪快なゲーム感覚の中には、広い広いステージを縦横に走り回る、というのも重要な構成要素として含まれていたのだな…と今さらながらに気づかされました。
(ちなみに城内面など、ステージによっては強制移動ではなく、ヌンチャクのスティックを使っての、従来の無双スタイルで移動する場合もあります)
 しかしもちろん、それの辺りを補うように、ステージ構成についてはかなりバラエティに富んでいます。通常のステージの他、物陰から狙ってくる弓兵を狙撃するステージ、殿軍となって先に行った本隊を走って追いかけるステージ、お馴染みの城内ステージなど、ステージによってはかなり異なるプレイスタイルでチャレンジすることになるため、単調さという点からは、かなり脱却できているのではないかと思います。

 もう一点、大きく従来と異なるのは、プレイヤーキャラクターが実在の武将等ではなく、名もなき――これから功成り名遂げんとする――武士・剣士である点でしょうか。
 この辺りは、やはりゲームの基本システムに合わせてのことで、これもプレイしてみればそれなりに納得できる面はあるのですが、やはり従来のプレイヤーからするとだいぶ寂しい部分ではないかと思います。少なくとも、個々のキャラクターを成長させたり、固有武器を集めるという楽しみはないわけで(その代わり、近距離・遠距離でそれぞれ四種類の武器が用意されているので、それを集めていくことになりますが)、そこはやりこみ要素という点では少し残念ではあります。

 と、色々書いてきましたが、一言で評すれば、決してクソゲーの類ではないですが、ゲーム機本体をわざわざ買ってまでは…というところでしょうか。
 従来の無双に拘りすぎるとやはり違和感は大きいと思いますが、無双のシステムを、チャンバラアクションとしての元々の味わいは残しつつ、きちんとWiiの特性に合わせたガンシューティングの世界に落とし込んでいる点は評価できますし、時代ものアクションとしても、なかなか雰囲気を出している仕上がりかと思います。
 しかしその一方で演出などがかなり単調であったり、ステージ中のデモを飛ばせなかったりと、基本的な部分で?マークが付く部分もあり、もう少しその辺りは配慮して欲しかったな…というところもあります。

 とはいえ、個人的には買って損をしたとは全く思いませんし、最後までプレイするつもりですけれどもね(自慢じゃないがダメだと思ったゲームは速攻で積んでしまうので…)。ただこれが時代ものでなかったら手を出したかというと…ですが。


 にしてもやっぱりWiiとチャンバラの親和性は非常に高いわけで、時代ものゲームファンとしては、Wiiにはかなり期待をしているところです(何故か任天堂のゲーム機はここしばらく時代ものソフトが非常に少ないんですが…)


「戦国無双KATANA」(コーエー Wii用ソフト) Amazon

|

« 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 クライマックス目前 | トップページ | 「大江戸ロケット」 廿五発目「匠の仕事が月に哭いて……」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/16564881

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦国無双KATANA」 リモコンでプレイする無双の味:

« 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 クライマックス目前 | トップページ | 「大江戸ロケット」 廿五発目「匠の仕事が月に哭いて……」 »