« 「あんみつ姫」 全力投球の快作時代劇コメディ | トップページ | 「立華 白椿」 主客逆転の中の宇宙的恐怖 »

2008.01.09

今週の「Y十M 柳生忍法帖」 戻った櫛の意味

 さあ新年一回目の「Y十M 柳生忍法帖」は、雪地獄での絶対の窮地から、十兵衛まさかの大逆転の種明かしからであります。

 厳重に警戒されていた雪地獄の中に、どうやって刀が持ち込まれていたか、いやそもそもどうして外に使いに出されたはずのおとねがいたのか?
 その答えは、外に使いに出たのはおとねではなく、そして本物のおとねは刀とともに雪地獄に単身潜入していたから、でありました。

 この使いのシーンは、先日発売されたばかりの単行本第九巻に収録されていますが、わざわざ般若面をつけての使者がいかにも怪しいとは、大抵の読者が感じていたのではないかと思います。しかしそれに加えて、その直前に描かれた、沢庵の懊悩の末の狂乱までもが、この入れ替わり&潜入劇の呼び水であったとは、これはさすが山風先生ならではのミステリタッチの仕掛けだったと思います。

 さてそれでは外に出た般若面の正体は、と言えば、それはかつて十兵衛たちが助けた少女から託された櫛の持ち主、お菊さんでありました。
 実は彼女の設定――というかこの櫛のエピソード――は漫画版オリジナルであり、劇中で初登場した時から、どこかでうまく使われるのだろうな、と思っていましたが、ここで使われるとはナイス脚色。
 ここでごく平凡な、しかし彼女なりの人生を背負った血の通った女性が救われることは、この戦いが単なる復讐のための私闘ではなく、もはや会津の民を救うための大義ある戦いとなったことを示している、と言えるでしょう。
 そして彼女を救ったのが、同じく突然の暴力に襲われるまではごく平凡な女性だったおとねさんというのがまたうまい、と言うほかありません。
 この戦いが繰り広げられる背後で、表には出ないものの、無念の涙を呑んだ者が無数にいる一方で、決して十兵衛たちの死闘が無駄ではないことを、お菊さんの髪に戻った櫛は示しています。

 さて今回のMVPのおとねさんですが、獣心香の効き目で大変な状態に(素で焦る十兵衛がかわいいと思います)。そんな状態でよくぞここまで…と感心しつつも、さすがにそのまま放ってはおけず、ここで香が切れる三日三晩の後まで水入りという展開に。
 しかしここで空気の読めないバカ殿が抵抗を試みて、怒った十兵衛の一刀がスパッと――さてなにを斬ったか、というところで次回は再来週。

|

« 「あんみつ姫」 全力投球の快作時代劇コメディ | トップページ | 「立華 白椿」 主客逆転の中の宇宙的恐怖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/17627613

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 戻った櫛の意味:

« 「あんみつ姫」 全力投球の快作時代劇コメディ | トップページ | 「立華 白椿」 主客逆転の中の宇宙的恐怖 »