« 「柳生非情剣 SAMON」後編の1 二つの想いの間に | トップページ | 「鞍馬天狗」 第八回「角兵衛獅子 後編」そして雑感 »

2008.03.09

「あさひの鎧」 国枝+太平記=?

 色々な意味で混沌とした作品世界を展開させたら右に出るものがいない国枝史郎が、日本史上最も混沌とした時代の一つである鎌倉末期~南北朝期を描いたのが本作。
 題名となっている「あさひの鎧」とは、「太平記」で描かれた、村上義光が護良親王の身代わりとなった際にまとった鎧であり、皇朝への忠心の象徴ともいえるものですが、さてこれを国枝流にどう料理したかといえば…

 物語の始まりとなるのは、屋敷での無礼講の中で倒幕の密議を行っていた日野資朝らが、事露見して捕らえられた正中の変。この露見の原因は、土岐頼春による密告でありますが、この罰で盲目となった頼春と、彼と離ればなれとなったその妻の彷徨が、本作の軸の一つ。
 そしてもう一つの軸となるのが、頼春の弟・小次郎がふとしたことから踏み込むこととなった、飛天夜叉の桂子率いる皇朝方の怪人たちと、その宿敵・鬼火の姥率いる幕府方の怪人たちとの暗闘であります。
 本作は、この二つの軸でもって、時代の混沌というものを浮かび上がらせた作品、と言えるかもしれません…途中までは。

 日野邸での密議に参加した者の名を記した連判状の争奪戦や、美貌の小次郎を巡る恋の鞘当ては、時代ものの定番として楽しめますし、漂泊の殺人鬼に妖術使いの怪老人、それに生体解剖といったガジェットは、いかにも国枝節で楽しめるのですが…
 物語の後半1/3程度は、「太平記」での宮方の動向をほとんどそのままなぞったような展開なのが、何とも言い難い違和感というか、噛み合わせの悪さを感じさせるのです。

 それまで想像力の赴くまま、自由自在に物語を展開していたものが、急にきっちりと枠にはまったようなお行儀の良さになってしまうのは、これは題材的にも執筆時期的にも仕方のないお話なのかもしれませんが、ある種の奔放さが魅力の一つである国枝作品においては、やはり残念なことと私には思えます。

 赦しを求めて放浪する殺人鬼――上述の通り、国枝作品にはしばしば登場するモチーフですが――を救済するのがあの人物という結末は、本作オリジナルの世界と「太平記」の世界が見事に結びついたものであって、非常に好きなのですが…


 と、まことに不真面目な話で恐縮なのですが、本作の裏名場面は、小次郎を巡る桂子と妹の姉妹喧嘩のシーンではないかと思います。一部抜粋すると――
 「何をほざくぞ、貪瞋癡女郎! ……三毒を備えた我執の塊り!(中略)……それより汝の愛嬌顔、潰して醜婦にしてやろうわ! ……如意くらえ!」
 この台詞回しも国枝作品の魅力ではないかと思うのですが如何。


「あさひの鎧」(国枝史郎 国枝史郎伝奇全集第6巻所収) Amazon

|

« 「柳生非情剣 SAMON」後編の1 二つの想いの間に | トップページ | 「鞍馬天狗」 第八回「角兵衛獅子 後編」そして雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/40443511

この記事へのトラックバック一覧です: 「あさひの鎧」 国枝+太平記=?:

« 「柳生非情剣 SAMON」後編の1 二つの想いの間に | トップページ | 「鞍馬天狗」 第八回「角兵衛獅子 後編」そして雑感 »