« 「あさひの鎧」 国枝+太平記=? | トップページ | 「柳生大作戦」第一回 今回の敵役は… »

2008.03.10

「鞍馬天狗」 第八回「角兵衛獅子 後編」そして雑感

 いよいよNHK時代劇の「鞍馬天狗」も最終回、トリに控えるのはあの「角兵衛獅子」…なのですが、前後編の前編のビデオを撮り損ねてしまい、後編しか見れなかったのが情けない。それでも大詰めはきっちり見ることができました。

 幕府が作成した「暗殺人別帳」を手に入れるため、新選組の使者に化けて大胆にも単身大坂城に乗り込んだ鞍馬天狗。首尾良く城代と面会して人別帳を手にしたまでは良かったものの、そこで正体がばれてしまい、城兵全てを相手にする羽目となった天狗は、手負いの身となって米倉に立て籠もることに…
 という今回。原作でもそうだったのですが、この辺りは外に残された者たちが、いかに天狗を救出するか、というのが話の眼目の一つとなります。原作ではこの辺り、杉作少年の活躍が色々あってそれなりに面白かったのですが、今回のドラマではそれがさほど描かれなかったのがちょっと残念ではあります。尤も、長州の刺客隊を単身全滅させた近藤に対して、涙ながらに天狗の窮状を訴えるシーンは、演じる森永悠希君の熱演があって、なかなか良いシーンだったのではないでしょうか。

 と、杉作と言えば、元々少年小説だった原作を、大人向きのドラマに仕立てた場合、どうもやはり彼の存在・活躍が浮いてしまうのですが、そこは存在感を薄めすぎない程度に出番をオミットしつつ、上記のようなシーンを用意することで、本作なりの杉作の描き方が出来ていたような印象はあります(というか、杉作以上に浮いている白菊の存在があったから…)。
 個人的には、主義主張とは無縁な、第三者としての杉作の視点から見る本作ならではの天狗像というものも見てみたかったのですが、それはまあ今回のところは、ということでしょうか。

 そしてラストは、原作通りの天狗と近藤の一騎打ち。個人的には、時代小説数ある中でも最も好きな決闘シーン(というよりその結末が好きなんですが)だったので期待しておりましたが、それなりにそつがない描写で、可もなく不可もなくといったところ。さすがにこの辺りを変に改変されたら…でしたが、まずはめでたしめでたし。
(個人的には、原作ラストの、二人が去っていく場面の爽やかすぎる幕切れも再現して欲しかったのですが…)


 さて、何だかんだ言いつつも、最後まで(一話見損ねましたが)観たこの「鞍馬天狗」。
 さすがに野村萬斎の鞍馬天狗は、飄々とした中にも颯爽とした佇まいがあって良かったですし、正直なところ最初は期待していなかったそれ以外のキャストも、全編通してみればなかなかハマっていたかと思います。特に、実は意外と演じにくそうな「鞍馬天狗」での近藤像を、さほど違和感なく緒形直人が演じていたのはちょっと感心しました。
(あと、ラストの緊迫した展開の中でもきっちり天気予報ネタをやった石原小五郎には別の意味で感心しました)

 しかし個人的には――これまで毎回のようにボヤいてきましたが――天狗の立ち位置が、原作のそれとはちょっと異なる形に描かれていたように見えたのがやはり大いに気になったところ。桂小五郎を、唯一天狗の正体を知る人物として描くことで、必然的に天狗がかなり長州べったりの人物となってしまったのは残念でありますし、ここはもう少し気を使って描写していただきたかった点であります。

 もっとも、振り返ってみれば、チャンバラ時代劇としては――そしてこれがいまや天然記念物的存在になってしまっているわけですが――水準に楽しめた本作。視聴率もなかなか良かったようですから、これは成功というべきなのでしょう。どうやら、これで完全にお別れ、ということでもないようですし…
 残念ながら金曜時代劇は本作で幕、今後はNHK時代劇は、土曜日にわずか三十分枠で、という嘆くべき状態になりますが、しかしその掉尾を飾る作品としての役割は、十二分に果たしたと言えるのかもしれません。


関連記事
 「鞍馬天狗」 第一回「天狗参上」
 「鞍馬天狗」 第二回「宿命の敵」
 「鞍馬天狗」 第三回「石礫の女」
 「鞍馬天狗」 第四回「山嶽党奇談 前編」
 「鞍馬天狗」 第五回「山嶽党奇談 後編」
 「鞍馬天狗」 第六回「天狗と子守歌」

関連サイト
 公式サイト

|

« 「あさひの鎧」 国枝+太平記=? | トップページ | 「柳生大作戦」第一回 今回の敵役は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/40446857

この記事へのトラックバック一覧です: 「鞍馬天狗」 第八回「角兵衛獅子 後編」そして雑感:

« 「あさひの鎧」 国枝+太平記=? | トップページ | 「柳生大作戦」第一回 今回の敵役は… »