« 「老虎大難 吉宗影御用」 老虎、最後の戦い | トップページ | 「おぼろ秘剣帳」 ステップアップ期の王道作 »

2008.04.20

五月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 つい先日桜が咲いたばかりという気もするのに、もうすぐ五月。初夏であります。というわけで五月の時代伝奇アイテム発売スケジュールです。
 五月にはゴールデンウィークがありますので、発売アイテム数も若干ほかの月よりも少ないかな…という印象がありますが、しかしその内容はなかなかの充実ぶりであります。

 小説では、なんと言っても朝松健久しぶりの書き下ろし時代小説「真田昌幸激闘記 家康狩り」が一番の注目株。内容への期待はもちろんのことながら、表紙が…表紙が素晴らしいのです。これは近年稀に見るインパクトであります。その他、新作では上田秀人の「奥右筆秘帳」シリーズ第二弾「国禁」、風野真知雄の「若さま同心徳川竜之助」第三巻「空飛ぶ岩(仮)」が登場です。
 また、旧作では、文庫化なのに二度も延期になった(加筆修正でもされているのかしらん)小説版「髑髏城の七人」が登場。四月から刊行が開始されたランダムハウス講談社時代小説文庫の柴錬作品では、「運命峠」の第三四巻などが発売されます。
 もひとつ、アンソロジーではPHP文庫から「幻の剣鬼 七番勝負(仮)」が刊行されます。なにげにアンソロジーの良作が多いPHP文庫だけに、楽しみにしたいと思います。

 さて漫画の方は、珍しく小説よりも収穫が少ない印象。めぼしいところでは、いよいよ物語が盛り上がる「御庭番 明楽伊織」第二巻に、初登場の「戦国ゾンビ 百鬼の乱」、旧作では「原作愛蔵版 伊賀の影丸」第二巻(個人的には最高傑作と感じるところの由比正雪の巻であります)、あとはなかなか全貌のつかめない「カスミ伝(全)」の文庫化といったところでしょうか。
 また、ゲームの方では、ニンテンドーDSで「歴史群像presents ものしり幕末王」が登場。以前発売された「ものしり戦国王」は意外な佳品でしたが(でも「ものしり江戸名人」はいまひとつ…)、さてこちらはどうなるでしょうか。

 最後に映像作品では、まだソフト化されていなかった「必殺仕事人2007」がめでたくリリース。また、舞台を戦国時代まで広げる「劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!」は、ファイナル・カット版が発売されます。
 も一つ、個人的に(間違った方向で)大いに気になっている「太王四神記」のDVD-BOX第一巻も発売される模様です。


 そして時代伝奇にまったく関係ないおまけ。三月に刊行されるはずだったのがなぜか(またイラストのためかしら…)延期になっていた野田大元帥版キャプテン・フューチャー「風前の灯! 冥王星ドーム都市」が、たぶん今度こそ発売される模様で、スペオペファンとしては、胸躍らせて待っている次第です。

|

« 「老虎大難 吉宗影御用」 老虎、最後の戦い | トップページ | 「おぼろ秘剣帳」 ステップアップ期の王道作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/40938999

この記事へのトラックバック一覧です: 五月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 「老虎大難 吉宗影御用」 老虎、最後の戦い | トップページ | 「おぼろ秘剣帳」 ステップアップ期の王道作 »