« 「蜻蛉切り 兵庫と伊織の捕物帖」 シリーズものゆえの功罪 | トップページ | 「豪談武蔵坊弁慶」 「ダイナミック」な豪傑伝 »

2008.05.21

「魔人ハンターミツルギ」 第09話「決死の空中戦 怪鳥ベラドン!」

 怪鳥ベラドンの空からの攻撃により次々と破壊される城。しかしベラドンの声を聞いた大人たちは気絶してしまい、その姿を目撃していなかった。さらに、声に惑わされることがなかった子供たちもサソリ軍団に次々と殺されてしまう。唯一難を逃れた少年と出会った三兄弟は、その案内でベラドンの住処に向かうが、空を飛べない巨大神は敗北してしまう。一族の長老・道半に空飛ぶ秘術を授けられた三兄弟は再び巨大神に変身、江戸城を襲うベラドンをかろうじて倒すのだった。

○突然城を持ち上げて飛び去るベラドン。何て大きさだ! しかも空から落とした城に、駄目押しで爆弾を投下する残虐ファイト。

○当然この有様は周囲に目撃…されているはずが、町の大人たちはベラドンの声に悶え苦しんでいて目に入らず。

○一方子供たちは苦しむこともなくベラドンを目撃したのですが…いきなり死ぬ! サソリ忍者の魔の手でした。

○事件の謎を追って町を訪れた三兄弟ですが、大人は当てにならず、ただ一人残った子供についていってみれば…それは罠!

○サソリ忍者(今回の隊長のマスクは…頭から血を出したハゲみたいなの」で見たことあるような)の待ち伏せにあった三兄弟。誘き出された先に子供の死体(実はサソリ忍者の変身)がゴロゴロしている様は今じゃちょっと放送できません。

○木の枝と枝の間にパッと棒を出現させて鉄棒の大回転よろしくぶら下がり、足からの手裏剣で敵を攻撃する銀河。ずいぶん回りくどいなあ。

○すっかり子供不信になってしまった三兄弟、新たに現れた少年も「また化けやがったなサソリめ」「とぼけやがってサソリめ」と決めつけ、全く信用しません。怖がってすがりついてきた子供をビシッと振り払う銀河兄さんマジ鬼畜。

○嫌がる子供を無理矢理先に歩かせて(ひどすぎる。「あの小僧、なかなか尻尾を出しませんね」とか言っちゃって)山を行く途中でまたも待ち伏せ。子供が人質になってようやく疑いを解いた銀河は、空中に投げたミツルギの剣から弾丸を放つ剣法の術でサソリ忍者を退治です。

○崖の上から転がってくる卵…もしやベラドンは繁殖するのか!? と思いきや、転がってきた卵から出てきたのはサソリ隊長でした(なんでよ)。割れた卵の殻を手榴弾で破壊すれば、その破片はサソリ忍者に。もう何が何だか…

○そして遂にベラドン出現! ベラドンの変な声に三兄弟は苦しみ気絶…そこで三兄弟を救ったのは件の子供、銀河の手榴弾をサソリ軍団にシュート、見事大爆発! …銀河兄さんより役に立ちます。

○窮地を脱して何とか変身する三兄弟。しかし空を飛べないミツルギでは全く歯が立たず…空から投げ落とされて初敗北!

○それでも変身が解けただけで済むのは凄いですが、このままではいかんと三兄弟は道半長老を呼び出します。画面の描写だけ見ているとミツルギの剣の中に棲んでそうです、道半。

○道半の秘術で飛行能力を与えられる三兄弟。三人に、鷹のシルエットが重なる演出がわかったようなわからないような。

○さらに新しい剣まで授けてくれる道半。「いよいよ危ないとなったらこの剣を使え」「この剣にはどのような力があるのですか?」「わしも知らん」ちょっ、それはないだろう…

○ちなみに銀河兄さんによればベラドンの声に子供は平気だったのは、心が綺麗だったからだと…三兄弟は思いっきり苦しんでましたが、子供を信用しない姿を見ると納得です。

○その間にも江戸城に迫るベラドン。相変わらず対応を一任されている服部半蔵が可哀想ですが、そこにミツルギ参上!

○一応空は飛べるようになったものの、何か不安定なミツルギ。それでもベラドンに問題の剣を刺した! が、ミツルギはそこで力尽きて落下!

○そういえばいつ倒したっけ? と思っていた今回のサソリ隊長は、ベラドンの爆弾の爆風に巻き込まれるという投げやりすぎる最後。

○空を飛ぶ代償に、力尽きて倒れる三兄弟。しかしまだベラドンは健在――あ、なんか剣が爆発した! どうも時限爆弾だったみたいです(爆発するまでのカットが無駄に長くてかったるい)

○倒れ伏した三兄弟を手当てした半蔵たち。いつもは半蔵のことをシカトしまくりの銀河兄さんもさすがに感謝して爽やかに握手して〆。


 まつしまとしあき脚本回の二回目ですが、うーん、どうにもまとまりが悪いエピソード。
・空からの強敵
・姿無き怪鳥のミステリー
・ミツルギのパワーアップ
・少年や半蔵との友情
と、題材としては面白いものばかりなのですが、ユルい演出のせいもあって、詰め込みすぎの感がありました(モデルアニメにベラドンみたいなキャラは結構似合っているんですが…)
 一番印象に残ったのが、心の綺麗な者は平気なベラドンの声に苦しみまくったのも納得の三兄弟の疑り深さなのは…


<今回の怪獣>
ベラドン
 プテラノドンをディフォルメしたような姿の巨大な怪鳥。城を持ち上げるほどの力を持ち、自在に空を飛ぶ。羽根から落とす爆弾と、口からの火炎が武器。その声の持つ魔力は、人間を悶え苦しませるが、心の綺麗な子供には効かないらしい。


関連記事
 「魔人ハンターミツルギ」 放映リストほか


「魔人ハンターミツルギ」(コロムビアミュージックエンタテインメント DVDソフト) Amazon

|

« 「蜻蛉切り 兵庫と伊織の捕物帖」 シリーズものゆえの功罪 | トップページ | 「豪談武蔵坊弁慶」 「ダイナミック」な豪傑伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/41272409

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔人ハンターミツルギ」 第09話「決死の空中戦 怪鳥ベラドン!」:

« 「蜻蛉切り 兵庫と伊織の捕物帖」 シリーズものゆえの功罪 | トップページ | 「豪談武蔵坊弁慶」 「ダイナミック」な豪傑伝 »