« 「エクスカリバー武芸帖 小次郎破妖録」 時代伝奇の可能性を見よ! | トップページ | 「袈裟斬り怪四郎」 面白くてナンボの大活劇 »

2008.05.16

「マーベラス・ツインズ」ドラマCD 可もなく不可もなく…?

 買ってから何となく怖くて今まで聞いていなかった「マーベラス・ツインズ」のドラマCDをようやく聴いてみました。
 一言でいえば可もなく不可もなくというか――怒り出すほどひどいわけでもなく、かといって原作ファン必聴! というわけでもなく、といったところ…

 内容的には、邦訳第一巻をそのままドラマ化した形ですが、ただし慕容家のエピソードは丸ごとオミットされているので、慕容九妹は未登場ですし、また、碧蛇神君以外の十二星相も登場しない形となっています。
 とはいえ、あれだけ複雑な原作を一時間前後によく収めたな、というのが正直な印象。小魚児と花無缺(原作よりちょっとだけ出番増)、そして鉄心蘭を中心にしたドラマ構成は、限られた時間の中ではベストだったかと思います。

 とはいえ、古龍作品は、あの、個性的キャラ続々登場続々殺害の超展開が大きな魅力であって、それがなくなるとかなり寂しいなあ…という印象は強くあります。また――これはダイジェスト化とは無関係ですし、無茶な言いぐさですが――漢字文化圏の人間にとってはこれも大きな魅力だった、人名や漢字のタイポグラフィカルな格好良さが音だけでは伝わってこないのも残念ではあります。

 さて、キャストの方は、
小魚児:平川大輔
花無缺:鳥海浩輔
鉄心蘭:沢城みゆき
張菁:折笠富美子
碧蛇神君:飛田展男

と言ったところで、これはなかなか鉄板な印象。特に、鳥海浩輔氏の花無缺は、無機質な美形の気持ち悪さ(誉め言葉)が良く出ていました。
 また、平川大輔氏も、小魚児の良くも悪くもガキっぷりを楽しそうに演じていたかと思います。
(とはいえ、この時点では小魚児も花無缺も、まだまだ発展途上のキャラなので、そういう意味ではもったいないキャスティングかな…という気も)


 と、こうして考えてみると、今回のドラマCD化は、やはり原作ファンよりも演じている声優ファンをターゲットにしたものなのかな、という印象が強くあります。
(展開がマイルドなものになっているのも、古龍どころか武侠ものも初めての方には、刺激が強すぎるからかな…と)
 もちろん、こういう商品化には、特に原作ファンから色々と意見があるかと思いますが――私も原作ファンにはこれをあまり進めません――これはこれで一つのマーケティングとしてアリなのかな、とここはポジティブに考えておきたいと思います。
 声優目当てに聴いた方が原作に手を伸ばすというのも(可能性はどれだけかわかりませんが)、なかなか楽しいじゃありませんか。


「CDドラマコレクションズ マーベラス・ツインズ 」(コーエー CDソフト) Amazon

関連記事
 「マーベラス・ツインズ 1 謎の宝の地図」 驕児、世に出る
 「マーベラス・ツインズ 2 地下宮殿の秘密」 第二のライバル登場?
 「マーベラス・ツインズ 3 双子の運命」 久々にハードな古龍節
 「新絶代雙驕前傳」パッケージ内容 限定版は国を問わず?

|

« 「エクスカリバー武芸帖 小次郎破妖録」 時代伝奇の可能性を見よ! | トップページ | 「袈裟斬り怪四郎」 面白くてナンボの大活劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/41221214

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーベラス・ツインズ」ドラマCD 可もなく不可もなく…?:

« 「エクスカリバー武芸帖 小次郎破妖録」 時代伝奇の可能性を見よ! | トップページ | 「袈裟斬り怪四郎」 面白くてナンボの大活劇 »