« 「無宿若様 剣風街道」 破調としての怪四郎 | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 剣鬼遂に散る »

2008.05.26

六月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 あああああ、いつもより短かったけど楽しかったゴールデンウィークが終わっちゃった…とのたうち回っていたのもつかの間、もう六月も目前。
 こりゃいつまでも過ぎたことを振り返っていないで、次の楽しみを目指して生きろということでしょうか。何しろ、今月は私の一番好きな時代漫画が…というわけで、六月の時代伝奇アイテム発売スケジュールです。

 というわけでまずは小説ですが、何たる偶然か、同日に「サラン・故郷忘じたく候」「処刑御使」と荒山作品が二点発売されます(前者はより真っ当らしく見える形に改題されてますな…)
 それはさておき、目を引くのは旧作の復刊。この春から柴錬作品を復刊させているランダムハウス講談社からは、「決闘者宮本武蔵」が刊行開始です。さらに角川文庫からは、突然旧作の刊行ラッシュ。「安吾捕物帖」「血みどろ砂絵」など懐かしい作品に混じって、ほんとに不死身だなの「髑髏検校」がまたも登場。ここしばらくの角川文庫の装丁ははっきりいっていまいちですが、今回くらい昔のままで出してくれないかしら…
 その他小説では、「玄庵検死帖」の第二巻が登場。また、「マーベラス・ツインズ」待望の第四巻も発売されます。

 そして今月も快調なのは漫画。初登場は、「赤鴉」も快調なかわのいちろう先生の「土竜の剣」くらいですが、続刊の方では「悪忍」「無限の住人」「×天」「乱飛乱外」そして「殿といっしょ」と、かなりの充実ぶりです。
 しかし個人的に最も注目の作品は――遂に復刊される「矢車剣之助」! 堀江卓先生によるスーパー時代アクション大活劇が! 長いこと単行本が復刊されていなかったあの快作が! とうとう復活です。
 何をこんなに興奮しているのか、と思う方も多いと思いますが、とにかくその突き抜けぶりが尋常ではないこの作品、かの菊地秀行先生も激賞しておられた…といえば、なんとなくわかっていただけるでしょうか。
 私自身は以前全十巻で刊行された版を持ってはいるのですが、これを期に大々的に取り上げたいなあ…

 最後にゲームでは(これは和物と言ってよいかわかりませんが)長いこと延期となっていた「風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫」が発売。また、3Dアクションから2D格闘にお色直しの「戦国BASARA X」も気になります。
 しかし最も注目すべきは、「読書シテンドーDS 半七&右門&安吾&顎十郎&旗本退屈男」でしょう。スタイル的には、最近DSで多い著作権切れ作品(要するに青空文庫的)を収録した名作全集ソフトですが、タイトルでわかるとおり、収録作がもろにこちらのツボにヒット。まあ、全部今でも苦労なく手に入るものばかりではありますが、ざっと百編以上収録というのは、またえらくコストパフォーマンスが良く感じます。
 また、同じDSでは「国盗り頭脳バトル 信長の野望」もちょっと気になるところ。最近任天堂ハードではロクなオリジナル作品を出さないコーエーですが、今回はちょっと期待できそう…かな?

|

« 「無宿若様 剣風街道」 破調としての怪四郎 | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 剣鬼遂に散る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/41321211

この記事へのトラックバック一覧です: 六月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 「無宿若様 剣風街道」 破調としての怪四郎 | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」 剣鬼遂に散る »