« 「太王四神記」 第10話「玄武の目覚め」 | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」最終回 雲とへだつ »

2008.06.02

「戦国ストレイズ」第1巻 少女戦国を駆ける

 実家が居合道場を営む女子高生・草薙かさねは、ある日交通事故に巻き込まれた次の瞬間、戦国時代に飛ばされてしまう。そこで若き日の信長と配下たちと出会ったかさねは、元の時代に帰るまで、信長の下で生き抜くことを誓う。

 時代小説はもちろんのこと、時代漫画においても――いや、ビジュアル映えの点から漫画の方がより一層――戦国時代は人気の舞台であり、今でも数多くの作品が現在進行形で展開されていますが、本作もその一つ。
 戦国時代にタイムスリップした女子高生の冒険を描く(であろう)「戦国ストレイズ」の第一巻です。

 おかしな話かもしれませんが、戦国時代に現代人がタイムスリップする物語はそんなに珍しいわけではありません。が、本作のように、女子高生がただ一人で、というのはなかなか珍しいようにも思います(…そうでもないか?)。
 まあ、女子高生が一人だけ戦国時代に放り出されても、生き残るのは難しいだろうし…と読む側が思ってしまうからではないかと思いますが、本作ではその点、主人公自身が剣道の達人という設定のため、戦国時代でもちょっとやそっとでは負けないという設定がなかなか愉快です(栄養状態のいい現代っ子の方が強い「夕ばえ作戦」みたいで)。

 もちろん、どれだけ彼女が強くても、ただ一人だけで、異世界に等しい戦国時代で生き延びることはできません。それができるのは、仲間が、知己が、友がいるからに他なりませんが、その最初のメンバーが、若き日の丹羽長秀・前田利家・佐々成政というのが面白い。
 いずれも後世にまで知られる戦国武将ですが、この物語の時点では、まだまだ少年とよってもよい年頃で、かさねと親交を結んでもさほど違和感はありませんし、また、今のところとっつきにくいキャラクターとして描かれている信長と、かさねを(つまりは読者を)つなぐ存在として、大事な位置を占めていると思えます。
(しかし登場人物の中に織田信行がいるのを見ると、ちょっと複雑な気持ちになりますが…当然この辺りはドラマとして狙ってくるでしょう)

 物語的にはまだまだ始まったばかりで、この先、かさねがどのような冒険を繰り広げることになるのかはまだまだ見えませんが、彼女の真っ直ぐな性格には好感が持てますし、絵柄的にも清潔感があって、正直なところぬるい面も色々とありますが、まあこういうものと思って読めば十分楽しめます(戦国武将のディフォルメの仕方とか)。
 もちろん、弱肉強食の戦国時代に、真っ直ぐさや明るさだけで生きていけるわけはなく、やがては辛い選択を強いられることも容易に想像できますが、しかし、彼女ならそれを乗り越えて生き抜いてくれると思いたいところです。


「戦国ストレイズ」第1巻(七海慎吾 スクウェア・エニックスガンガンWINGコミックス) Amazon

|

« 「太王四神記」 第10話「玄武の目覚め」 | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」最終回 雲とへだつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/41399034

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦国ストレイズ」第1巻 少女戦国を駆ける:

« 「太王四神記」 第10話「玄武の目覚め」 | トップページ | 今週の「Y十M 柳生忍法帖」最終回 雲とへだつ »