« 「太王四神記」 第23話「面影を追って」 | トップページ | 「絵巻水滸伝」 第七十三回「天意」 納得の行方は―― »

2008.09.23

10月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 昼間は暑くても、夜になると虫の音が辺りに響いてすっかり秋めいてきましたが、秋といえば読書の秋、芸術の秋。つまりこのサイト的に言えば伝奇の秋です(全然違う)。
 というわけで、十月の時代伝奇アイテム発売スケジュールです。

 文庫小説の方では、まず楽しみなのが朝松健先生の「真田昌幸 家康狩り」第二巻。伝奇的真田昌幸一代記、待望の続刊です。
 また、文庫化では、久々登場の「御隠居忍法」シリーズから「亡者の鐘」、そして好調復刊中の柴錬作品からは「剣は知っていた」が登場します。

 そして思わぬ伏兵が、末國善己氏編集の「奇譚 銭形平次」。銭形平次といえばもちろん野村胡堂先生のあの平次ですが、その中から伝奇的作品を集めた作品集ということで、これは非常に気になるところです。

 その他、武侠小説では、金庸先生の「飛狐外伝」文庫版が第三巻で完結、そして古龍先生の「マーベラス・ツインズ契」も最新刊が発売されます。
 そして、長らく絶版となっていた杉田幸三先生の「日本剣客事典」が復活。文庫サイズのこの手の本の中では、最も大量のデータを収録しているのではないかと思われますので、未読の方はぜひ。


 一方、漫画の方はかなり少なめの印象…個人的に気になるのは、「カミヨミ」の第9巻と、堀江卓先生の「忍者シデン」の復刊くらいでしょうか。
 別の意味で気になるのは「幕末異聞録 コードギアス 反逆のルルーシュ」ですが、これはむしろSD戦国伝に近そうだしなあ…

 そしてゲームについては、何と言っても「天誅4」。本作について思うことは以前書きましたが、公式サイトで公開されているPVを見るに、想像以上にWiiにフィットした仕上がりのようで、大いに楽しみになってきました。これは必ず買います。

|

« 「太王四神記」 第23話「面影を追って」 | トップページ | 「絵巻水滸伝」 第七十三回「天意」 納得の行方は―― »

コメント

 おお、「日本剣客事典」が復刊するのですか。
これはナイス情報をば。ありがとうございます。
amazonとかで中古3000円とかですし喃…。
これ買ったら、次はいよいよ「史料 柳生新陰流」かな、と。

投稿: 神無月久音 | 2008.09.24 22:55

神無月様:
真っ先にお知らせしようと思いつつ、ちょっと遅れてしまいました。
柳生新陰流研究に資することを願っております。

投稿: 三田主水 | 2008.09.25 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/42566086

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 「太王四神記」 第23話「面影を追って」 | トップページ | 「絵巻水滸伝」 第七十三回「天意」 納得の行方は―― »