« 「家光謀殺 東海道の攻防十五日」 暗殺団vs怪人の攻防戦 | トップページ | 「飛狐外伝 3 風に散る花」 快作の中の脆さ? »

2008.10.15

「忍びのモノグラム」 ネタは楽しいものの…

 「小説新潮」誌10月号の官能小説特集に掲載された荒山先生のこの短編。荒山先生+官能という時点で既に素晴らしく悪い予感がしていたのですが、見事的中と言うかなんというか、官能というよりは衆道満載の怪作となっておりました…

 舞台となるのは徳川幕府三代将軍家光(と言った段階で荒山ファンは顔がヒクつくと思いますが)の頃。衆道一直線で女色を顧みない家光に手を焼いた春日局に依頼された三人のくノ一が、家光に男色を厭わせ、女色の味を教えようというのが本作のあらすじであります。
 性にまつわる忍法の遣い手と、権力者からの珍妙な依頼、そして皮肉な結末と、明らかに山田風太郎先生の短編忍法帖の一つのパターンを意識した作品と言ってよいでしょう――というか、くノ一の一人の名前が「山田のお風」という時点で既にもう何というか。

 とはいえ、作品のクオリティ的に山風の域に達しているかと言えば、これはまことに申し訳ありませんがまだまだ及ばないという印象。
 誰が喜ぶのかわからない――しかし荒山作品にはもはや不可欠ともいえる――衆道ネタの連発はまあ置いておくとして、主人公格の忍法が基本的に無敵すぎて面白味に欠けるのが最大の理由。
 尤も、その無敵ぶりがラストの皮肉な展開に繋がるのではありますが、オチがかなり強引なこともあって結末の皮肉さと虚しさが薄味になってしまった…と申しましょうか。やはり山風先生の忍法対決のバランス感覚はもの凄いものがあったのだな、今さらながらに感心した次第です。
(更に言ってしまえば、女性描写に魅力がないから、こう、官能ものとしても今一つ…)

 とはいえ、最近では「シャクチ」のような新ジャンルや、伝奇抜きの朝鮮ものなど、比較的、いやかなり真面目な方向の作品が多く、これはこれでちょっと寂しい…と思ってはいたので、やっぱり何だかんだ言ってもこういうネタものも楽しいのですが…美遁ノ術など、術の内容とネーミングの組み合わせがうまいものだなあと真面目に(?)感心いたしました。


 ちなみにモノグラムとは、頭文字をデザイン的に組み合わせた記号のこと。よく使われているのは企業やブランドのマーク、つまりは自分を示すサインであり、その意味でオチで描かれたある史実とも絡んでくる…と思えばよいのかしらん。
 …まあ、お瑠衣美遁ノ術を使う作品であれこれ言うのも野暮なのですが。


 しかしまさか本作が「柳生大戦争」の後日談とは…


「忍びのモノグラム」(荒山徹 「小説新潮」2008年10月号掲載)


関連記事
 「シャクチ」 新たなる古代日本ファンタジー世界の誕生

|

« 「家光謀殺 東海道の攻防十五日」 暗殺団vs怪人の攻防戦 | トップページ | 「飛狐外伝 3 風に散る花」 快作の中の脆さ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/42791785

この記事へのトラックバック一覧です: 「忍びのモノグラム」 ネタは楽しいものの…:

« 「家光謀殺 東海道の攻防十五日」 暗殺団vs怪人の攻防戦 | トップページ | 「飛狐外伝 3 風に散る花」 快作の中の脆さ? »