« 「裏宗家四代目服部半蔵花録」第2巻/第3巻 激突、忍法vs剣技 | トップページ | 「ムヨン 影無し」第1巻 陰の部分を視て、負の側面を描く »

2008.11.26

「TV ANIMATION 無限の住人 BLADE OF THE IMMORTAL 公式読本」 むげにんの原点を再確認

 あまりこういうことを書きたくはないのですが、今まで何度も痛い目にあっているのが漫画単行本サイズのアニメムックの類です。
 それでも毎度毎度手を出してしまうのは悲しいマニアの性ですが、今回手にしたのは、アニメ版「無限の住人」の公式ガイドブック。さて内容の方はと言えば…

 一言で表せば、「まあこのくらいかなあ」というところ。
 内容としては、キャラクターガイドにエピソードガイド(ただし全十三話の十話までの掲載)、簡単な用語集に設定資料集、スタッフ・キャストインタビュー(対談)、イベントルポ…まずは、この手の本には定番の内容であります。
 正直なところ、設定関係の記事は、原作ファン的にはよく知っている情報ばかりでありますが、原作もののアニメ化なのだからそれはまあ当然のことでしょう。

 そんなわけで原作ファン的に本書の最大の価値は、原作者である沙村氏・監督の真下氏・脚本の川崎氏の三者の対談と、万次役の関智一氏と凛役の佐藤利奈嬢の対談でありましょう。
 どちらも格別に目新しい内容はありませんが(アニメ版の最終回を沙村先生が結構気に入っているらしいのは、色々な意味で気になりますが)、スタッフ・キャストそれぞれの立場から、本作との向き合い方を考えている――それは当たり前といえば当たり前ですが――様が見て取れるのは、やはり好感が持てますし、またその内容も、なるほどとうなづけるものあり、新鮮なものありと、なかなか楽しめました。

 十五年もファンをやっていると、段々作品を見る目がひねくれてきますが(いやこれは私だけかもしれませんが)、物語の最初期を再構成したこのアニメ版の構成・作劇について語ることは、「無限の住人」という物語の原点を再確認することかもしれない…というとこれはほめすぎかもしれませんが、個人的にはこう感じた次第です


 冒頭に述べたように、第十話までの内容しか掲載されていないのは(発売時期的に仕方ないとはいえ)いかがなものか、とは思いますし、必読と皆様に薦めるつもりもありませんが、少なくとも、読むんじゃなかったなどと思うことはなかったですよ、というところであります。

 しかし佐藤利奈さんが「むげにん」よりも前に読んでいた沙村先生の別の作品って…ゴクリ(いや、「おひっこし」だと思いますが)


「TV ANIMATION 無限の住人 BLADE OF THE IMMORTAL 公式読本」(沙村広明&OFFICIAL FANBOOK制作スタッフ 講談社DXKC) Amazon
TV ANIMATION無限の住人BLADE OF THE (KCデラックス)


関連記事
 無限の住人

|

« 「裏宗家四代目服部半蔵花録」第2巻/第3巻 激突、忍法vs剣技 | トップページ | 「ムヨン 影無し」第1巻 陰の部分を視て、負の側面を描く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/43227367

この記事へのトラックバック一覧です: 「TV ANIMATION 無限の住人 BLADE OF THE IMMORTAL 公式読本」 むげにんの原点を再確認:

« 「裏宗家四代目服部半蔵花録」第2巻/第3巻 激突、忍法vs剣技 | トップページ | 「ムヨン 影無し」第1巻 陰の部分を視て、負の側面を描く »