« 「斬バラ!」第1巻 これからの独自性に期待 | トップページ | 「夢視師と紅い星」 夢が繋ぐ二人の運命 »

2008.12.08

年末年始のTV時代劇特集

 諸般の事情により久々にやる気になった小ネタ集。今回は年末年始のTV時代劇特集ですよっと。放送日順に書いていきましょう。(個人的な感想だらけですがご勘弁を)

12月13日
「母恋ひの記」
 原作は谷崎潤一郎先生の「少将滋幹の母」であります。高校の時に感想文書かされたなあ…
 川久保拓司さん(「リチャード三世」に出るのね!)目当てに見ようかと思いましたが、黛りんたろうさんのコメントを見ていたらちょっと気になってきました。

12月14日
「忠臣蔵・音無しの剣」
 さすがに昔ほどではないとはいえ、やはり毎年のようにこの日放映される忠臣蔵もの、今年は田村正和主演でちょっとひねった外伝的作品。江戸時代の「カサブランカ」っていかがなものかしら、と思いますが、こういう企画は大歓迎です。
 あとは正和さんがちゃんと動けるかだな…

12月20日
「花の誇り」
 藤沢先生原作であります。年末に海坂藩というのもしっとりというか何というか…ですが、女性主人公というのはなかなか面白いですね。エンケンと蓮司さんにも期待。

12月27日・28日
「徳川風雲録」再放送
 新年早々、何というか重たい気分にしてくれた「徳川風雲録」が二日に渡って再放送。さすがに10時間ぶっ続けはつらいよ、という人にはありがたい年末恒例行事であります。個人的には内田朝陽さんの天一坊オススメ。

1月2日
「寧々 おんな太閤記」
 うーん新年早々橋田壽賀子先生(は原作で今回の脚本は金子成人さんなのね。うーん)…しかし亀ちゃんの秀吉は大いに気になります。

1月3日
「陽炎の辻 居眠り磐音江戸双紙 スペシャル」
 最終回にヒロインが精神をアレして、主人公と共に江戸を離れて療養にというエルガイムみたいなオチで度肝を抜かれた(のはアンタだけだ)「陽炎の辻 居眠り磐音江戸双紙」が早くもスペシャルで登場。正月にこういった安心して見られる時代劇というのは良いですね。
 しかしキャストに第一シリーズで亡くなったはずの檀れいさんがまた出ているのかと思ったら生き写し設定でしたか。

1月4日
「天地人」スタート
 2009年のNHK大河ドラマは言うまでもなく火坂雅志先生原作の「天地人」。キャストが色々と紹介されていますが…あー、うん。個人的にはちょっと。
「必殺仕事人2009」スペシャル
 というわけで、個人的には4日はこっち。「2007」からずいぶん経ちましたが、9日からのシリーズスタートに先駆けて、東・松岡・大倉の必殺シリーズお目見えです(新レギュラーで女性キャラが増えるとな?)。
 スペシャルの方にはゲストで沢村一樹が出るというのも気になります。はっちゃけていただきたい。

1月10日
「浪花の華 緒方洪庵事件帳」スタート
 30分枠になってしまって色々と寂しいNHK土曜時代劇ですが、新年早々、何というか、こう希望の光が…千明様が男装の麗人&茶屋の看板娘役で時代劇初主演出演ですよ! 男装の麗人! 看板娘! 全話録画決定。
 それはともかく、原作は築山桂先生で、主人公は若き日の緒方洪庵先生というのが面白い。上のリンクでは千明様のことしか書かれていませんが(正直でよろしい)、主演は窪田正孝さんです。
 しかし、ヘタレの医者を助けるってあれですか、「我ェ、死んだれや」ですか古尾谷雅人。

1月11日
「あんみつ姫2」
 実をいうと2008年で一番面白かったTV時代劇は「あんみつ姫」だった、と(各所からお叱りを受けるのを承知で)既に結論を出しているのですが、絶対やると信じていた続編が放映決定! これは本当に嬉しいです。
 前作は新年早々に見るのにふさわしい、本当に楽しい作品だったのですが、今回も大いに期待します。個人的にはキャストに早乙女太一君がいないのが残念(…というか父上は!?)ですが、内田朝陽さんの野牛九兵衛っていいな。

3月29日
「暴れん坊将軍」スペシャル
 またずいぶんと先ですが(12月29日説もアリ)、徳田新之助さんがスペシャルドラマとして復活。スペシャルと言われると気になってしまうのが人情、スペシャルらしく派手な作品にしていただきたいですね。

おまけ
現在放送中のテレ東時代劇アワーは「江戸の鷹」
 先月から放映されているのは池田一朗(名前間違えてはいかんでしょ公式サイト)先生脚本、世界の三船主演の「江戸の鷹」! 月曜火曜のみのちょっと変わった放映日なので来年三月いっぱいまでの放映ですが、いや、サブタイトルを見てるだけでもテンションが上がりますね。ラスト三話は絶対見逃すまいぞ。

おまけ2
「隔週刊 東映時代劇 傑作DVDコレクション」 1月6日創刊
 こりゃーちょっと驚きました。あのディアゴスティーニから、今度は「東映時代劇」マガジンであります。ううん、今までこの種のものには手を出していなかったですが、これは気になる…


 というわけで、ぶっちゃけ1月10日を書きたくてネタを集め始めた年末年始のTV時代劇特集。抜けがありましたらご指摘等いただければ幸いです。


関連記事
 「徳川風雲録 八代将軍吉宗」 大作ではあったけれども…
 今ごろ「必殺仕事人2007」
 「あんみつ姫」 全力投球の快作時代劇コメディ
 

|

« 「斬バラ!」第1巻 これからの独自性に期待 | トップページ | 「夢視師と紅い星」 夢が繋ぐ二人の運命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/43353430

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始のTV時代劇特集:

« 「斬バラ!」第1巻 これからの独自性に期待 | トップページ | 「夢視師と紅い星」 夢が繋ぐ二人の運命 »