« 「百鬼夜行絵巻の謎」 百鬼夜行の道筋を追って | トップページ | 「妻は、くノ一」 純愛カップルの行方や如何に!? »

2009.01.05

「虹の天忍 服部半蔵伝」第一回 とみ版忍者漫画の味わいや如何

 昨年末に発売された「コミック乱」最新号から、とみ新蔵先生の新作「虹の天忍」が連載開始。
 とみ先生といえば、同誌でこれまで連載していたのが「柳生連也武芸帖」「柳生兵庫助」ということもあって、剣豪作家というイメージがありますが、今度の作品はタイトルからもわかるように忍者ものであります。

 冒頭は慶長年間、家康と二代目服部半蔵の会話から…言うまでもなく水魚の交わりの主君と忠臣の二人ですが、しかし本作においてはいささかその雲行きが怪しげ。何しろ、秀忠を二代将軍に就けようとする家康を、半蔵が難詰し、家康は何と半蔵と同じ位置にまで降りて、手を突いて許しを請うのですから…!

 と、そこで舞台は弘治年間――冒頭から約五十年前に移ります。そこで描かれるのは、少年時代の二代目半蔵をはじめとして、厳しい修行に明け暮れる少年たちの姿。
 やあ、しっかり忍者漫画だなあ…などと暢気なことを考えていたら、次いで初代半蔵の立ち会いの下で、彼らを二つに分けて始められたのは、「選抜の儀」こと負ければ死、の真剣勝負。果たしてその意図は…

 というところで以下次号、ということと相成りますが、今回は第一回ということもあってまだまだ全体像は見えない状況。
 しかし、冒頭でいきなり二代目半蔵に手を突く家康といい、初代半蔵の下で繰り広げられる死の特訓といい、家康や半蔵たちが掲げる「天帝」の存在といい、一筋縄では行かない作品になることは間違いないでしょう。
 個人的には、淡々と少年たちが死に向かっていく様が、その「儀式」感も相まって、却って煽りが入ったりしない分残酷に感じられて印象的でありましたが、この先も、とみ先生ならではの忍者漫画を見せてくれることでしょう。


 残念ながら「赤鴉」が今回で最終回となってしまったのですが、「コミック乱」誌はまだまだ油断できない雑誌のようです。
(しかし冷静に考えると高見まことわたせせいぞうが連載している時代漫画誌ってすごいですね)

|

« 「百鬼夜行絵巻の謎」 百鬼夜行の道筋を追って | トップページ | 「妻は、くノ一」 純愛カップルの行方や如何に!? »

コメント

「虹の天忍」の全体構想は別として、孤児等を忍者として訓練する設定と、中でも「選抜の儀」のエピソードは、「あずみ」のはじめの部分と全く同じです。これはパクリなのか、両者が参考にした小説等が別にあるのか気になります。

投稿: キノコハンター | 2009.04.29 04:34

ご指摘ありがとうございます。言われてみれば…

とはいえ、シチュエーション自体はすごく珍しいものというわけではありませんので、何か別の原典があるのかもしれません。

今すぐには思いつけませんが、ちょっと調べてみたいと思います。

投稿: 三田主水 | 2009.04.29 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/43642559

この記事へのトラックバック一覧です: 「虹の天忍 服部半蔵伝」第一回 とみ版忍者漫画の味わいや如何:

« 「百鬼夜行絵巻の謎」 百鬼夜行の道筋を追って | トップページ | 「妻は、くノ一」 純愛カップルの行方や如何に!? »