« 「若さま侍捕物手帖」第2巻 キャラものとして、推理ものとして | トップページ | 「完全版 本朝奇談 天狗童子」 帰ってきた物語 »

2009.02.27

「無限の住人」 第六幕「蟲の唄」

 ようやく折り返し地点の「無限の住人」第六幕は、万次と同じ体を持つ不死身の剣士・閑馬永空編の前編。しかしながらそれだけではなく、逸刀流と、ついに牙を剥いた謎の敵の暗闘も並行して描かれます。

 内容的には、初の前後編である今回ですが、エピソードの半分以上は、逸刀流vs謎の敵――無骸流という名は、まだ出ていなかったと思いますが――が描かれた印象。つまり、前話同様、原作初期の万次対逸刀流剣士編と、無骸流編のエピソードがミックスされた構成であります。

 後者のエピソードとして描かれるのは、原作での百淋姐さんと偽一のデビュー戦である、隅乃軒栄・八角蔦五戦。
 この辺りのエピソードを原作で読んでいた時には、変態じゃない逸刀流剣士(しかも副将)が、いきなり出た、死んだという展開で大いに面食らったものですが、アニメの方では百淋が冒頭から顔を見せていただけ、驚きは少ない…かな。

 それにしても、原作では登場シーンからの長い独白で妙な印象に残った隅乃さん(しかし原作では「すみの」だったのが、劇中ずっと「ふさの」と呼ばれていたのが気になる)は、アニメで見てもやっぱり妙…というより、万次と町ですれ違った直後にあの独白を始めるので(ほとんどギャグだよあれじゃ…)、塩味が原作以上で、これはこれで楽しめました。
 八角さんは、相変わらず本当にしょっぱかったので言うことなし。御免。


 一方、閑馬永空の方は、戦国時代の戦場を彷徨う閑馬の姿が、冒頭に描かれたほかは――この冒頭のオリジナル描写は、既にアニメ定番となった感があります――顔見せ的な印象が強し。
 今回のラストは、不死身のはずの万次が、閑馬に刺された後に、血を吐いてのたうち回る場面で終わりましたので、閑馬のドラマは次回で、ということなのでしょう。

 もともとアクションは少なめの回でしたが、それでも絵的にはちょっと微妙…だったかな。


関連サイト
 公式サイト


関連記事
 無限の住人

|

« 「若さま侍捕物手帖」第2巻 キャラものとして、推理ものとして | トップページ | 「完全版 本朝奇談 天狗童子」 帰ってきた物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/44186025

この記事へのトラックバック一覧です: 「無限の住人」 第六幕「蟲の唄」:

« 「若さま侍捕物手帖」第2巻 キャラものとして、推理ものとして | トップページ | 「完全版 本朝奇談 天狗童子」 帰ってきた物語 »