« 「赤鴉 セキア」第3巻 皇帝の魔手、日本に迫る | トップページ | 「舫鬼九郎」第1巻 魅力的なるビジュアライズ »

2009.04.02

春の若さま二題

 ちょっと趣向を変えて、先月刊行された「若さま」を冠する作品を新旧二つご紹介しましょう。

 まずは新の方は、風野真知雄先生の「若さま同心徳川竜之助」シリーズの最新刊「飛燕十手」。
 前作「秘剣封印」で、柳生新陰流最強の刺客を破ったものの、自身も心に深い傷を負った竜之助は、次々と敵を呼ぶ己の葵新陰流・風鳴の太刀を封印することを決意します。

 しかし危険と隣り合わせの同心稼業、自分の剣を狙う刺客もまだ現れかねない状況で、戦いの手段を捨てるのも自殺行為。それならば、同心ならではの武器と言えば…ということで、新たなる必殺技を生み出そうとする竜之助の苦闘が、いつもの怪事件・珍事件捜査と並行して描かれることとなります。

 そして誕生した技はタイトルに示される通りですが、何となく堀江卓先生辺りの昔の時代劇漫画的イメージなのはご愛敬。最近の十手ものではちょっと珍しいノリの必殺技で、いかにも本シリーズらしい人を食ったものと思えます。

 ただしこの巻、個々の事件は解決しているものの、展開された伏線が幾つか回収されておらず、思い切り次の巻に引いているのがちょっとすっきりしない印象。それだけ楽しみが続くということではありますが、中継ぎ的印象は否めません。


 さて、一方旧の方はと言えば、もちろん城昌幸先生の「若さま侍捕物手帖」シリーズ。ランダムハウス講談社からの短編集の刊行は順調に進み、第三巻の登場であります。

 今回収録されているのは、「まんじ笠」「恋の闇路」「一文惜しみの百知らず」「威しぶみ」「猫の弁当」「濡れごと幽霊」「ビルゼン昇天」「罪つくり」の全八編。うち、巻頭の「まんじ笠」は中編というべきボリュームの作品です。

 「まんじ笠」では珍しく(まあ中長編では珍しくないのですがそれはさておき)江戸を離れてぶらりと旅に出た若さま、実は大名家の姫が行方知れずとなった事件の探索を依頼されて…という寸法なのですが、行ってみた先で巻き込まれたのは、博徒同士の争いというのがちょっと面白い。

 片一方の博徒は、言葉本来の意味通り二足の草鞋を穿いた親分で、これはまあ定石通り悪玉。もう一方は、悪玉に対するのですから、気っ風の良い善玉で…しかし、そんなステロタイプな舞台でも、若さまが絡んでくるだけでややこしく、そして面白くなるのはいつもの通りであります。
 推理ものとしてはずいぶん大雑把な内容ではありますが、しかしそれでも楽しめてしまうのは、この若さまのキャラクターと、城先生の巧みな文章あってのことでしょう。

 その他の短編も、お話のパターンとしては、推理もののお手本のような作品ばかりなのですが、しかし作品毎にシチュエーション、キャラクターに趣向が凝らされているのが楽しいところ。
 「濡れごと幽霊」の生々しくもおかしな人物関係、「一文惜しみの百知らず」の強烈な父親のキャラクター等々、決して平凡な作品ではありません。


 ちょいと強引ではありますが、まとめて紹介させていただいた新旧二人の「若さま」。この二作以外にも、「若さま」は時代小説界に幾人も存在しますが、昔から、そして今なおこうして「若さま」が描かれているというのは、やはりそれだけ魅力的な存在ということなのでしょう。いつか、「若さま」ものの研究をしてみたら面白いかもしれませんね。


「若さま同心徳川竜之助 飛燕十手」(風野真知雄 双葉文庫) Amazon
飛燕十手―若さま同心徳川竜之助 (双葉文庫)
「若さま侍捕物手帖」第3巻(城昌幸 ランダムハウス講談社文庫) Amazon
若さま侍捕物手帖三 (ランダムハウス講談社時代小説文庫)


関連記事
 「若さま同心徳川竜之助 消えた十手」 若さま、ヒーローになれるか?
 「若さま同心徳川竜之助 風鳴の剣」 敗者となるべき剣
 「若さま同心徳川竜之助 空飛ぶ岩」 柳生新陰流、意外なる刺客
 「若さま同心徳川竜之助 陽炎の刃」 時代ミステリと変格チャンバラの快作
 「若さま同心徳川竜之助 秘剣封印」 バランス感覚の妙味
 「若さま侍捕物手帖」第1巻 まだ触れたことのない若さま
 「若さま侍捕物手帖」第2巻 キャラものとして、推理ものとして

|

« 「赤鴉 セキア」第3巻 皇帝の魔手、日本に迫る | トップページ | 「舫鬼九郎」第1巻 魅力的なるビジュアライズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/44538715

この記事へのトラックバック一覧です: 春の若さま二題:

« 「赤鴉 セキア」第3巻 皇帝の魔手、日本に迫る | トップページ | 「舫鬼九郎」第1巻 魅力的なるビジュアライズ »