« 「白獅子仮面」 第02話「雨もないのにカラカサ小僧」 | トップページ | 「無縁塚 浪人左門あやかし指南」 怪異というベール »

2009.05.06

「大帝の剣」(漫画版)第3巻 天魔降臨編、無事完結

 「コミックビーム」誌連載中の漫画版「大帝の剣」ですが、ゆったりと、しかし順調に回を重ねて、この第三巻で原作小説第一巻の「天魔降臨編」完結の運びとなりました。

 何しろ夢枕獏作品の第一巻といえば、とにかく凄いキャラクターが後先考えずにガンガン飛び出してくるわけですが、それはこの巻でも同様。原作でも一、二を争う怪物であるところの権三が初登場し、画を担当する渡海氏一流のリアリズムでもって、その異形のお披露目をしてくれます(ちなみにその元になった熊の描写がまたえらく迫力あって…)

 そしてそんなこの巻のハイライトは、何と言っても謎の美剣士・牡丹と美貌の怪忍者・姫夜叉との対決。立っているだけで実に絵になる両者ですが、その両者(というより姫夜叉)が怪人バトルを繰り広げてくれるのですから楽しい。
 姫夜叉の無限に伸びる黒髪など、決して珍しい技ではないのですが、しかし超絶の存在・超絶の技であっても真っ正面から描くと渡海氏の画で見ると、これが実に艶やかに美しくも、悪夢めいた迫力があって実に良いのです。

 一方、主人公の源九郎さんは、夢枕獏的ワクワク感を申に語ったり、夢枕獏的腹のさぐり合いをおやかた様としたり、夢枕獏的小粋なトークを蘭(だよな? しかしさすがにあの髪型はいかがなものか…)としたりと、早くもちょっと地味な扱いでしたが、あのキラキラしたつぶらな瞳には勝てません。

 さて、次の巻からは「妖魔復活編」に突入。まだまだ役者は増えていく――それも怪物クラスが――ことになりますので、それを渡海氏が如何にビジュアライズしてみせるのか、楽しみなのです。


「大帝の剣」(渡海&夢枕獏 エンターブレインビームコミックス) Amazon
大帝の剣 3 (BEAM COMIX)


関連記事
 「大帝の剣」第一巻(漫画版) 描写は一流だけど…
 「大帝の剣」(漫画版)第2巻 一種のなんでもあり感?

|

« 「白獅子仮面」 第02話「雨もないのにカラカサ小僧」 | トップページ | 「無縁塚 浪人左門あやかし指南」 怪異というベール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/44922191

この記事へのトラックバック一覧です: 「大帝の剣」(漫画版)第3巻 天魔降臨編、無事完結:

« 「白獅子仮面」 第02話「雨もないのにカラカサ小僧」 | トップページ | 「無縁塚 浪人左門あやかし指南」 怪異というベール »