« 「白獅子仮面」 第06話「妖怪女狐参上」 | トップページ | 「己の信じる道を往け」 ユニークな意欲作ながら… »

2009.06.15

「柳生非情剣 SAMON」 新たなる隆慶作品の漫画化のありかた

 隆慶一郎先生の「柳枝の剣」を原作として、「コミックバンチ」誌に不定期掲載された「柳生非情剣 SAMON」が単行本化されました。
 原作ファン、柳生ファンから高い評価を得ていた作品であり、単行本化が待ち望まれていただけに、まことに喜ばしいことです。

 全五話中、第四話までは雑誌掲載時に紹介してきたのでここで詳細には述べませんが、本作の原作は、柳生左門友矩と徳川三代将軍・家光の愛とその終焉を、友矩の剣を通して描いた作品。
 本作は、その基本ラインは抑えつつも、一人友矩のみならず、家光の、そして宗矩、十兵衛らの柳生家の人々の視点からも描くことにより、単に「柳枝の剣」のみならず、隆慶柳生もの全体の空気をも漫画化してみせた、希有な作品と言えます。

 もちろんそれは、脚本の田畑由秋によるところも大きいのですが、しかしそれを受け止めて、我々が隆慶作品から受けるイメージそのままのビジュアライズを成し遂げてみせた余湖裕輝の力量も見事の一言。
 ことに本作の十兵衛は、隆慶作品での奔放不羈な十兵衛像を、これ以上はないと思えるほどに再現しており、ただただ感心させられました。

 さて、(単行本発売の四日前ということもあって)これまでこのブログで紹介していなかった第五話は、その十兵衛の最期を描いた物語。
 既に原作は第四話の時点で消化しており、主人公たる左門なき今、何を描くのか…と思いましたが、なるほど、左門の最期の剣を受けた十兵衛の死と、家光の復讐の成就とは、本作のエピローグとしてまことに相応しいでしょう。

 しかし隆慶ファン的に何よりも嬉しいのは、この十兵衛の死因と、その相手。
 隆慶作品で十兵衛の死を描いた作品と言えば、あの作品が思い浮かぶわけですが、まさかな…と思っていたところに現れた相手の手には、明らかに日本の刀とは異なる剣が!

 しかしこれが単に隆慶ワールドの連結という趣向を超えて見事なのは、そこにもう一つの「柳枝の剣」が描き出される点。
 なるほど、その手があったか! とこれには心中大いに唸らされた次第です。


 それにしても単行本として本作を読み返してみて感じるのは、本作の完成度の高さと同時に、この一作のみでは勿体なさすぎる、という想い。

 原作が収録された短編集「柳生非情剣」にはまだまだ多くの柳生ものが収められています。新たなる隆慶作品の漫画化のありかたとして…余湖&田畑版「柳生非情剣」との再会を、心待ちにしているところであります。

「柳生非情剣 SAMON」(余湖裕輝&田畑由秋&隆慶一郎 新潮社バンチコミックス) Amazon
柳生非情剣SAMON (BUNCH COMICS)


関連記事
 「SAMON 柳生非情剣」 美しき死人の生きざま
 「柳生非情剣 SAMON」中編 純粋すぎる二人の行方は――
 「柳生非情剣 SAMON」後編の1 二つの想いの間に
 「柳生非情剣 SAMON」後編の2 二人の死人、真の死人

|

« 「白獅子仮面」 第06話「妖怪女狐参上」 | トップページ | 「己の信じる道を往け」 ユニークな意欲作ながら… »

コメント

巷では「尻一つで十三万石だとぉっ!!」ですっかり話題になっちゃってますね。。。

原作を含め未読なんですが、絵柄もキレイだし、何より内容が面白そうなので、読みたい作品ですね。無闇に長くならずに完結してくれてるのも嬉しいです。

投稿: Zhi-Ze | 2009.06.15 11:29

うーん、ネタ部分に注目が集まってしまうのも何というか…
ただ、ネタ部分も良くできているのは間違いないのですが。

何はともあれ、一読をお勧めできる作品です。単独でももちろん面白いですし、原作と合わせてご覧になれば、さらに感心できる作品です。

投稿: 三田主水 | 2009.06.16 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/45343578

この記事へのトラックバック一覧です: 「柳生非情剣 SAMON」 新たなる隆慶作品の漫画化のありかた:

« 「白獅子仮面」 第06話「妖怪女狐参上」 | トップページ | 「己の信じる道を往け」 ユニークな意欲作ながら… »