« 「ネリヤカナヤ 水滸異聞」第3巻 正義が喪われる日 | トップページ | 「目付鷹垣隼人正裏録 神君の遺品」 上田伝奇新章開幕! »

2009.07.17

「白獅子仮面」 第09話「ワラのお化けが笑う時」

 江戸から離れた草壁村で子供の誘拐事件が続発、捜査に向かった田所と一平の前に、ワラのお化けの群れが出現する。越前の身を案じつつ江戸を離れた兵馬は、お化けのアジトを暴き、子供たちを救い出す。が、その隙にお化けたちは江戸の越前邸を襲撃。兵馬は白獅子仮面に変身、あわやのところに駆けつけ、お化けたちを一掃するのだった。

 今日も今日とて越前の命を狙う火焔大魔王。今回は稚児趣味子供の被害を見過ごしにできない越前の性格を利用して江戸の外で子供を誘拐し、兵馬をおびき寄せて(兵馬一人でパワーバランスを崩しまくっていますなあ)、その隙に越前を暗殺しようという計画であります。
 しかしこの計画を説明する火焔大魔王、「悪の華を咲かせる時ぞ!」って行動がせこい割りに格好イイですな。

 しかしその計画に当たるのがワラのお化けというのがシュールというか何というか…
(劇中で名前を呼ばれていない気もしますが、今までのパターンからすればサブタイトルに登場する「ワラのお化け」でいいのでしょう。)

 しかしこのワラのお化け、丑の刻参りのアレを巨大化させたような外見の割りには、体内に子供を隠したり武器を吸収したりとそれなりに強敵。
 が、その正体は…ワラ人形の中に隠れていた全身黒タイツ男というビジュアルショック。黒子ではなく黒タイツです。どう見ても。

 この頭の上から爪先まで黒タイツに包まれた「中の人」が、のどかな田園風景をバックに兵馬と追いかけっこする姿はシュールというか何というか…
(また、アップになると中の人の中の人の顔が見えそうで超ハラハラです)

 しかしそんなこんなで計画は順調に成功し、兵馬を引き離したワラのお化け改め黒タイツたちは越前邸を襲撃。このピンチに白獅子仮面は…普通に馬を飛ばして間に合いました。
 前回の反則ワープといい、今回の馬といい、白獅子仮面に変身する利点って、戦闘力より移動力にあるような気がもの凄くするのですが…

 が、ラストの殺陣は、初期のしょっぱさがうそのようなテンション。
 暗闇の中、ワラのお化け二人分が合体した干しワラの山に火を付けて、その炎をバックにしての大立ち回りはなかなか面白かったので、それなりに満足できました。

<今回の妖怪>
ワラのお化け

 巨大なワラ人形のような外観の妖怪。体の中に子供たちを隠して次々と攫い、兵馬をおびき寄せた。
 武器は槍や短剣、釘状の手裏剣。体をバラバラにして逃れたり、分断されても復活することができるが、実は中に黒子状の本体が隠れている。


「白獅子仮面」第2巻(角川映画 DVDソフト) Amazon
白獅子仮面 2巻~のっぺらぼう参上~ [DVD]


関連記事
 「白獅子仮面」放映リストほか

|

« 「ネリヤカナヤ 水滸異聞」第3巻 正義が喪われる日 | トップページ | 「目付鷹垣隼人正裏録 神君の遺品」 上田伝奇新章開幕! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/45654141

この記事へのトラックバック一覧です: 「白獅子仮面」 第09話「ワラのお化けが笑う時」:

« 「ネリヤカナヤ 水滸異聞」第3巻 正義が喪われる日 | トップページ | 「目付鷹垣隼人正裏録 神君の遺品」 上田伝奇新章開幕! »