« 「徳川家康 トクチョンカガン」下巻 影武者、最後の戦い | トップページ | 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第4巻 ついにあの男が登場! »

2009.10.16

「変身忍者嵐」 第08話「怪人! 狂い毒蛾!!」

 化身忍者・毒蛾くノ一の「狂い粉」の実験台とされる村人たち。運良く逃れた者と出会ったハヤテは、毒蛾くノ一に秘剣影写しを破られるも、相手の足に手裏剣を当て撃退する。後を追うハヤテは、足を怪我した娘・千恵と出会い、家まで送っていく。その晩は千恵の家に泊まったハヤテ一行だが、千恵の正体は毒蛾くノ一だった。毒蛾くノ一と対決した嵐は、影写し二段斬りで彼女の腕を斬る。止めをささない嵐の心に打たれた彼女が血車党の秘密を語ろうとした瞬間、彼女は魔神斎により処刑されてしまうのだった。

 「変身忍者嵐」紹介、今回は第8話。唯一の女性化身忍者が登場するエピソードであります。
 その化身忍者・毒蛾くノ一の人間体・千恵を演じるのは、菊容子さん。特撮ファンには「好き! すき!! 魔女先生」の月ひかる先生役で知られる方です(合掌)。

 お話の内容的には、いつもの「変身忍者嵐」というか――毎度のことながら実験台にした村人を逃がすことでは定評のある血車党と、そして毎度のことながらその村人に都合良くぶつかることでは定評のあるハヤテ一行の戦いなのですが、そこに千恵の存在が一捻りとして加わります。

 もっとも、登場した瞬間に千恵=毒蛾くノ一とわかってしまうという残念なストレートな演出や、戦いの中で「もし弟が生きていたら、血車党と戦う立派な忍者となっていたかもしれない」と全く無根拠に嵐に言い切られて動揺したり、「あなたは化身忍者にふさわしくない心の綺麗な人だからだ」とこれまた全く無根拠な言葉とともに命を助けられたりして、あっさりと血車党を裏切ってしまうあたり、同じ化身忍者の人間体が登場した第6話に比べると…
(というか何げにハヤテの心理攻撃がものすごい…いや、単に天然だと思いますが。真剣に千恵の正体に気付いてなかったみたいですし)

 それでも、血車党に攫われたという千恵の両親も、いや千恵という存在すらも偽りだった中で、彼女がふと口に上らせた亡くなった弟のみが真実だった、というのは、これはこれでなかなか味わいがある展開。
 そして何よりも、菊容子さんが本当に美しい! それだけで全て許せてしまう小生は、千恵の罠にあっさりかかること間違いなしですが、それでも良いと言い切れる美しさなのでありました。
 …この気持ち、イタチ小僧ならわかってくれる(ってそりゃ別人な上にだいぶ後のキャラだ)。

 ちなみに戦闘シーンではあまりパッとしない印象の毒蛾くノ一ですが、嵐との初戦では真剣白刃取りで嵐の刀を封じ、秘剣影写しを破るという意外な健闘ぶり。もっとも、二度目の戦いでは目の前で繰り出された影写しに全く反応できていなかったのですが…これは嵐の精神攻撃のダメージが残っていた、ということにしましょう。
 変身、いや化身シーンもきちんとあって、やはり一話で散らせるには惜しいような気もするキャラでありました(よく見ると、腰までの長い金髪があるのもラブリー)。


<今回の化身忍者>
毒蛾くノ一(狂い毒蛾)

 毒蛾の能力を持つ化身忍者。浴びた人間は苦しみもがきながら同士討ちを始める猛毒の「狂い粉」で、日本中を混乱させようとしていた。その他、天井裏からの催眠術で相手を操る「毒蛾呪い」を使う。
 嵐との戦いで足に傷を負い、逃れて千恵という娘に化けて近づくが、戦いの中で嵐の優しさに触れ、改心。しかし魔神斎の血の掟により、割れた大地に飲まれて消えた。

「変身忍者嵐」第1巻(東映ビデオ DVDソフト) Amazon
変身忍者 嵐 VOL.1 [DVD]


関連記事
 「変身忍者嵐」 放映リストほか

|

« 「徳川家康 トクチョンカガン」下巻 影武者、最後の戦い | トップページ | 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第4巻 ついにあの男が登場! »

コメント

はじめまして。
菊容子さんですね。
第38話以降でくノ一カゲリとしてレギュラー出演されていましたね。
役柄って違いました?

彼女は「好き!すき!!魔女先生」や「つぶやき岩の秘密」が有名ですね。
彼女はお綺麗でしたね。
24歳でまだこれからというときに亡くなられてしまうとは痛ましいことです。
彼女の死についてはいろいろな経緯が言われていますね…。
よろしくお願いします。

投稿: ゆうき | 2009.10.17 19:25

ゆうき様はじめまして。

菊容子さん、今見ても本当に綺麗ですね。
24歳で…というのは、全くもって残念でなりません。

仰るとおり、終盤近くなってカゲリ役で再登場ですので、そこまで先は長いですが頑張ります。

どうぞよろしくお願いします。

投稿: 三田主水 | 2009.10.18 21:12

菊容子さんは、かつては子役やモデルに始まり、でっかい青春、丸太と包丁、泣いてたまるか、忍者月光…などにも出演していたそうです。
あんな悲惨な最期がなければ…もしご健在だったらいい女優さんになっていたことでしょうに。

菊容子さんについて↓
http://www.moonlight-power.com/

投稿: ゆうき | 2009.10.19 22:36

今回のストーリーは「仮面の忍者赤影」の、怪獣ガガラを操る口無水乃のそれのリメイクです。

投稿: 特撮コメンテーター | 2010.04.10 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/46496655

この記事へのトラックバック一覧です: 「変身忍者嵐」 第08話「怪人! 狂い毒蛾!!」:

« 「徳川家康 トクチョンカガン」下巻 影武者、最後の戦い | トップページ | 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第4巻 ついにあの男が登場! »