« 「無限の住人」第25巻 裏返しの万次と凛 | トップページ | 作品集成更新 »

2009.10.03

「素浪人無惨帖」 一番インパクトがあるのは…

 将軍家斉の時代、老中水野出羽守、将軍寵妾・お美代ノ方の養父・中野碩翁らの一味は、権勢を欲しいままにしていた。その悪行の前に苦しむ人々の前に現れたのは、寛永寺の一品親王輪王寺宮と対等につきあう謎の浪人・じゃが太郎兵衛。じゃが太郎兵衛の南蛮刀法居合い斬りが、悪を断つ!

 ネタがないので昔のマイナー作品を。

 島田一男先生といえば、今では推理作家としてのみ知られている感がありますが、少なからぬ数の時代小説も発表しています。
 将軍家斉の頃を舞台とした本作もその一つ。現在でも悪名高き中野碩翁らの、幕政を私せんとする陰謀に挑むヒーローの活躍を描いた連作スタイルの活劇です。

 タイトルこそ「素浪人無惨帖」と、武士道残酷物語的なおどろおどろしさなのですが、内容的には、無惨はどこへ? といった印象の明朗時代劇。二昔ほど前の高橋英樹の時代劇的…とでもいいましょうか。

 じゃが太郎兵衛という、およそ時代劇ヒーローらしからぬ人を食った名の主人公が、悪人ばらの陰謀を次々と打ち砕く…
 「○○○○剣」で統一された各話には、毎回ゲストヒロインが登場するのですが、濡れ場お色気は一切なし(せいぜい悪女が帯を斬られるくらい)というのも、万人向けチャンバラエンターテイメント的であります。


 尤も、それだけに内容の深みや独自性というものは…で、一番インパクトがあるのは主人公のネーミング、という印象がなきにしもあらず。
 今では幻の作品となっているのも(しかし本作、私が知るだけでも四、五回は出版社を改めて刊行されているのがすごい)、まあ仕方ないという気はします。

 そういう意味では、今となっては一種のマニア向けといえる本作(今大量に出版されている文庫書き下ろし時代小説も、いつかそう言われるようになるのかしら…)ですが、それでも、最後まで楽しく読むことができたのは、これは作者の地力というものかな…と感じる次第です。

「素浪人無惨帖」(島田一男 春陽文庫) Amazon

|

« 「無限の住人」第25巻 裏返しの万次と凛 | トップページ | 作品集成更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/46384536

この記事へのトラックバック一覧です: 「素浪人無惨帖」 一番インパクトがあるのは…:

« 「無限の住人」第25巻 裏返しの万次と凛 | トップページ | 作品集成更新 »