« 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第4巻 ついにあの男が登場! | トップページ | 十一月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

2009.10.18

「佐和山物語 結びの水と誓いの儀式」 想う心が呼ぶ悲劇

 相変わらず元の時に帰れないながらも、直継への想いを強めていくあこ。折しも佐和山には上洛途中の次代将軍・秀忠が逗留することとなり、秀忠の希望で、あこと直継は婚礼の儀を行うこととなる。しかし怨霊と化した大谷吉継の罠が、佐和山を混乱に陥れ、あこと直継は窮地に…

 戦国伝奇恋愛少女小説「佐和山物語」シリーズの第三弾は「結びの水と誓いの儀式」。以前から予告されていた徳川秀忠(糸目)が佐和山を訪れ、その応対に追われる中、男子も女子も、生者も死者も、それぞれの思惑を秘めて動き出すことになります。

 タイトルとなっている「誓いの儀式」とは、秀忠(いい人)の希望で、あこと直継が図らずも行うこととなった結婚の儀。そもそも本来許嫁同士であり、そして実際に惹かれ合う二人にとっては願ってもない出来事――
 のはずではありますが、しかし、あこはあくまでも本来の時間の流れを飛び越えて佐和山に現れてしまった迷い人。あこではないあこが、本来の時間軸での直継の婚約者が、別にいる(といってもそれも自分なのですが)状態でのセレモニーというのが、何とも切なくもややこしい状況であります。

 そしてそんなややこしい状況をさらにややこしくするのが、もちろん怨霊三成軍団の存在。今回も物語の背後で暗躍するに留まる彼らですが、今回は三成と言えばこの人(ということに最近なっているらしい)の大谷刑部吉継が登場。
 なんかこう、ちょっと驚くアレンジがほどこされたキャラですが、いかにも知将らしいイヤらしい搦め手で佐和山を攻略。ただでさえネガティブ感情渦巻く佐和山はひとたまりもなく――というところで次の巻に続く、ということに相成ります。

 正直なところ、「戦国初恋絵巻!! 武将も将軍も皆美形で出演中!!」という空恐ろしいキャッチと裏腹の、登場人物のほとんどが屈託を抱えている中での物語は、なかなか読んでいてつらいものもあるのですが、しかしその屈託の中で救済を求める人の心こそが、逆に彼ら自身を、そして彼らが愛する人々を縛る鎖となっていくというドラマは悪くありません。
(あこの「ここではないどこか」を求める想いが実は…という本作ならではのロジックにも思わず納得)

 無私に相手を想う気持ちが、少しでも幸せを願う気持ちが、全てすれ違っていく中で起きる悲劇…しかし、そんなもつれにもつれた人の心の糸を、一筋に貫くことができる想いもまたあるはず。

 主人公カップルの前途はまだまだ多難ですが、その想いが全てを解放する日は遠からず来るのではないかと思うのであります。

「佐和山物語 結びの水と誓いの儀式」(九月文 角川ビーンズ文庫) Amazon
佐和山物語  結びの水と誓いの儀式 (角川ビーンズ文庫)


関連記事
 「佐和山物語 あやかし屋敷で婚礼を」 因縁の地に挑むカップル
 「佐和山物語 あやしの文と恋嵐」 彼女の因縁、心の傷

|

« 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第4巻 ついにあの男が登場! | トップページ | 十一月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/46520260

この記事へのトラックバック一覧です: 「佐和山物語 結びの水と誓いの儀式」 想う心が呼ぶ悲劇:

« 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第4巻 ついにあの男が登場! | トップページ | 十一月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »