« 「蘆江怪談集」 男女の情念が生む怪談 | トップページ | 「カミヨミ」第11巻 大逆転のトリックに期待 »

2009.11.03

「変身忍者嵐」 第14話「血ぐるま怪人集団! 総攻撃!!」

 ドクロ館建設の労働力とするため、箱根に偽の関所を作って人々を攫う化身忍者人食いガラス。父を攫われた少女と出会ったハヤテらは、血車党から逃げ出してきた男を道案内に人々を救出に向かうが、行く手に復活した化身忍者十人衆が現れる。男に化けていた人食いガラスと共に襲いかかる化身忍者たちを嵐は一蹴。空に逃れた人食いガラスは、救出された人々によって乗っていた気球を地面に引きずり下ろされ、嵐の旋風斬りの前に倒されるのだった。

 「変身忍者嵐」第14話は、昔の東映特撮ヒーロー番組の一クール終了後の定番、再生怪人軍団登場の巻。新化身忍者・人食いガラスの指揮の下、前回までに登場した十三人の化身忍者のうち、十人が復活して登場します。(カマイタチ、ドクモリバチ、ゲジゲジ魔は何故か欠席。予告では十三人と言っていたような気もしますが)
 死人ふくろうはともかく、毒蛾くノ一は復活しないで欲しかった気もしますが、まあ一種のゾンビで意識はないものと思うことにしましょう。

 このように一挙に十一人もの化身忍者が登場する大サービス篇ですが、相変わらず人手不足の血車党、労働力確保に人さらい→逃げられてハヤテにバレるのコンボを今回も食らうことになります。
 とはいえ、今回の作戦は、箱根に偽の関所を作って人を誘導し、踏み込んだ者を捕まえてしまうという作戦はあまりに豪快でかえって愉快。敵の目をくちばしで突いてくり抜いてしまうという人食いガラスの攻撃も、プリミティブかつストレートでインパクトがあると言えなくもありません。
(…が、一番インパクトがあるのは、くり抜かれた目をはめ込んで元に戻してしまうタツマキですが。さすが牧冬吉、地味にすごい)

 もっとも「再生怪人は弱い」のセオリー通り、化身忍者十人衆の扱いはあまりに哀れであります。
 生前の(?)技を使えた毒うつぼとカマキリガランは本当に恵まれた部類。待ち伏せを見抜かれていきなり斬られたマシラ(あんた不死身だろ…)や得意の水中からの不意打ちも空しく敗れたオバケクラゲはまだマシな方で、よりにもよってツムジに騙された挙げ句、落とし穴に落とされて死亡扱いのオニビマムシとネコマンダラは悲惨の一言です(しかもツムジの焼いてる魚の匂いにフラフラ隠れ場所から出ていきそうになるというネコマンダラはマジダメ忍者)。

 しかしさらに悲惨なのは、いつの間にか殺された挙げ句にハヤテの変わり身に利用されたトゲナマズや、立ったままいつの間にか死んでいた(ほとんどホラー)吸血ムカデ、カマキリガラン、死人ふくろう。そして残る毒うつぼと毒蛾くノ一は、いきなり現れた嵐の
「一人残らず倒した!」
ってセリフで片づけられるという超展開で、ここまでくると逆にちょっと感心してしまいました。

 そして残る人食いガラスとの一対一の決闘では、人食いガラスの「め○らにしてやる!」と危険な台詞をものともせず、何となく新必殺技「嵐旋風斬り」を繰り出して嵐の完全勝利。
 手前に人食いガラスの生首、画面奥で刀を収める嵐…というのは、この番組にしては珍しく良い(ようにも見える)カットでありました。
 その直後、突然人食いガラスの生首に合掌した嵐は、さすがに消耗品同様の化身忍者たちに哀れを催したのか…


 と、今回も好き放題書きましたが、やはりズラッと化身忍者が並ぶシーンは、男の子なら誰でもワクワクするシーン。イベント回としてみれば、十分に楽しい回でありました。

 …にしても、誘い込まれた洞窟の中から外に出た途端、「まぶしい!」とか言ってるハヤテさんは忍者としてどうなんでしょうか。


<今回の化身忍者>
人食いガラス
 鴉の能力を持つ化身忍者。クチバシで相手の目を抉る「忍法にわかめくら」ほか、気球に乗って上空からカラス爆弾を投下する。
 新しいドクロ館建設のための労働力として、箱根に偽の関所を作って人々を攫い、さらにそこから逃れた男に化けて嵐を鴉岳の洞窟に誘い込み、化身忍者十人衆と共に襲いかかった。十人衆をことごとく倒され、自らも嵐の新必殺技「嵐旋風斬り」に首を落とされた。


「変身忍者嵐」第2巻(東映ビデオ DVDソフト) Amazon
変身忍者 嵐 VOL.2 [DVD]


関連記事
 「変身忍者嵐」 放映リストほか

|

« 「蘆江怪談集」 男女の情念が生む怪談 | トップページ | 「カミヨミ」第11巻 大逆転のトリックに期待 »

コメント

当時の東映作品の1クール終了時の定番、怪人軍団再生復活イベント。「ゴセイジャー」でも、モンスドレイクとの決着の前に同様のイベントをやって欲しかったな!何か残念、と言うか勿体ないと思います。
ところで、以前のレスでも申し上げましたが、嵐を迦楼羅(ガルーダ)とするなら、人食いガラスはヤタガラス(迦楼羅が仏教における鳥神なら、ヤタガラスは神教における鳥神)ですよね。
その設定を上手く活かせば「ライオン丸」におけるタイガージョーに相当するキャラクターに出来たかも知れませんね。

投稿: 特撮コメンテーター | 2010.05.30 17:35

最近(っていうかここしばらく)の特撮は、こういう節目節目の再生怪人がなくてちょっと寂しいですね…

しかし人食いガラスとヤタガラスという結び方は面白いですね。いま嵐を作ったら、そういう切り口になるような気がします。

投稿: 三田主水 | 2010.06.06 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/46660270

この記事へのトラックバック一覧です: 「変身忍者嵐」 第14話「血ぐるま怪人集団! 総攻撃!!」:

« 「蘆江怪談集」 男女の情念が生む怪談 | トップページ | 「カミヨミ」第11巻 大逆転のトリックに期待 »